椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

平井 眞理

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

看護学部 看護学科

氏名

平井 眞理

職階

教授

学歴

昭和52年 名古屋大学医学部医学科卒業

学位

医学博士

職歴
平成10年6月
名古屋大学医学部・内科学第一講座・講師
平成14年9月
平成14年10月
名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻・教授
平成28年3月
平成28年4月
名古屋大学名誉教授
現在に至る
平成28年4月 椙山女学園大学看護学部・教授 現在に至る
専門分野

循環器内科

研究テーマ

不整脈学、心電図学、長時間労働と心血管バイオマーカー

所属学会

日本内科学会、日本循環器学会、日本不整脈心電学会、日本公衆衛生学会、日本心臓病学会、日本ME学会、日本循環器看護学会、日本看護医療学会

研     究     業     績
科学研究費助成事業
採択状況

1.平井真理(研究代表者)、興奮伝播過程の変化が心筋細分極特性に及ぼす影響の研究、一般研究C、1994年
2.平井真理(研究代表者)、心筋焼灼術後の興奮伝播過程の変化が心筋活動電位持続時間に及ぼす影響の研究、一般研究C、1995年
3.平井真理(研究分担者)、マルチメディアコラボレーションシステムによる画像診断支援システムの開発、基盤研究B、1996-1998年
4.平井真理(研究代表者)、ミッドカインの動脈硬化発症への関与の解明、基盤研究C、1998-1999年
5.平井真理(研究分担者)、コラボレーションが可能な遠隔動画像診断支援システムの構築、基盤研究B、2000-2002年
6.平井真理(研究代表者)、冠動脈狭窄部位初期血栓形成に関する基礎的研究(血小板糖蛋白GPIb・von Willebrand因子相互作用の制御機構の解析)、基盤研究C、2000-2001年
7.平井真理(研究代表者)、高度先進医療における在宅医療支援システムに関する研究、基盤研究C、2003-2005年
8.平井真理(研究分担者)、中高齢者の筋力トレーニングの血管内皮機能への効果に関する介入研究、基盤研究C、2005-2006年
9.平井真理(研究分担者)、組織心理学的アプローチによる医療リスク発生要因の解明、萌芽研究、2006-2007年
10.平井真理(研究責任者)、認知症患者の介護が介護者の睡眠パターンと循環機能に及ぼす影響と健康支援の開発、基盤研究C、2007-2009年
11.平井真理(研究代表者)、心血管マルチバイオマーカーによる過重労働者の心血管リスク進展機序解明に関する研究、基盤研究C、2010-2012年
12.平井真理(研究分担者)、認知症高齢者の家族介護者のストレスが血圧に及ぼす影響と健康支援、基盤研究C、2010-2013年
13.平井真理(研究分担者)、心疾患患者における在宅運動療法を支援するための自律神経活動指標応用に基づいた研究、若手研究B、2011-2012年
14.平井真理(研究代表者)、過重労働に関わる新しい心血管マルチバイオマーカーの探索およびその検証的縦断研究、基盤研究C,2013-2018年
15.平井真理(研究分担者)、自宅でできる超簡単な運動療法とその有効性及び効果測定指標の研究、若手研究B、2014-2015年
16.平井真理(研究分担者)、認知症患者の家族介護者に対する睡眠支援を目的としたレスパイトケアの効果検証、基盤研究C、2014-2016年
17.平井真理(研究分担者)、循環器疾患患者の腎機能保護に向けた在宅運動療法確立のための基礎的および臨床的研究、基盤研究C,2016-2018年

教     育     業     績
授業科目

保健医療概論、統合看護論、原書講読・研究序論、看護研究(卒業論文)、解剖生理学B(適応系)、健康障害と看護A~D、老年支援論、健康とスポーツの理論、人間論

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.nurs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/