椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

本山 昇

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

生活科学部 管理栄養学科
生活科学研究科  食品栄養科学専攻 (修士課程)
生活科学研究科  人間生活科学専攻 (博士後期課程)

氏名

本山 昇

職階

教授

学歴

名古屋市立大学大学院医学研究科博士課程修了

学位

博士(医学)

職歴
昭和62年4月
松下電器産業株式会社
昭和62年12月まで
昭和63年4月
名古屋市立大学医学部研究員
平成元年3月まで
平成4年4月
名古屋市立大学医学部研究員(日本学術振興会特別研究員)
平成5年3月まで
平成5年4月
Washington University School of Medicine,Research Associate(日本学術振興会海外特別研究員)
平成7年6月まで
平成7年7月
東京理科大学生命科学研究所生命情報科学研究部門助手
平成8年3月まで
平成8年4月
東京理科大学生命科学研究所生命情報科学研究部門講師
平成8年9月まで
平成8年10月
九州大学生体防御医学研究所附属発生工学実験施設助教授
平成9年3月まで
平成9年2月
北海道大学免疫科学研究所非常勤講師
平成9年3月まで
平成9年4月
九州大学生体防御医学研究所感染防御学部門助教授
平成11年1月まで
平成11年2月
国立療養所中部病院長寿医療研究センター老年病研究部室長
平成16年2月まで
平成11年4月
名古屋市立大学医学部非常勤講師
平成12年3月まで
平成16年3月
国立長寿医療研究センター研究所老年病研究部早期老化症研究室室長
平成22年3月まで
平成16年4月
神戸大学大学院医学系研究科非常勤講師
平成17年3月まで
平成17年4月
名古屋大学医学部招へい教員(非常勤講師)
平成26年3月まで
平成18年7月
名古屋大学大学院医学系研究科分子総合医学専攻老化基礎科学講座客員准教授
平成27年10月まで
平成22年4月
独立行政法人国立長寿医療センター研究所加齢健康脳科学研究部加齢病態研究室室長
平成27年3月まで
平成22年4月
長崎大学医学部非常勤講師
平成23年3月まで
平成24年4月
長岡技術科学大学非常勤講師
平成25年3月まで
平成26年4月
愛知学院大学心身科学部非常勤講師
平成28年3月まで
平成27年4月
国立研究開発機構長寿医療研究センター研究所加齢健康脳科学研究部加齢病態研究室室長
平成27年8月まで
平成27年4月
中部大学生命健康科学部非常勤講師
(現在に至る)
平成27年5月
椙山女学園大学生活科学部非常勤講師
平成27年8月まで
平成27年9月
国立研究開発機構長寿医療研究センター研究所客員研究員
(現在に至る)
平成27年9月
椙山女学園大学生活科学部教授
(現在に至る)
平成27年9月
椙山女学園大学大学院生活科学研究科教授
(現在に至る)
平成28年4月
愛知学院大学心身科学部客員研究員
(現在に至る)
平成30年4月 椙山女学園大学生活科学部管理栄養学科主任 (現在に至る)
専門分野

生化学、分子細胞生物学

研究テーマ

老化の制御メカニズムの解明
・細胞老化およびSASP(Senescence-Associated Secretory Phenotype)の制御メカニズムの解明
・SASPを抑制する食品・天然物由来制御因子の探索
・ストレス応答とFOXO転写因子の活性制御メカニズムの解明

所属学会

日本分子生物学会、日本癌学会、日本基礎老化学会、Society for Neuroscience、日本RNAi研究会

研     究     業     績
著書

老化の分子生物学、その分子メカニズムから寿命延長まで(共著)化学同人( 2014)
栄養科学ファウンデーションシリーズ「生化学・基礎栄養学」(共著)朝倉書店(2017)

論文

Necessary and sufficient role for a mitosis skip in senescence induction. Mol Cell 55: 73-84, 2014.
SIRT1 suppresses the senescence-associated secreatory phenotype through epigenetic gene regulation. PLOS ONE 10(1):e0116480, 2015.
Agonists of the TRAIL death receptor DR5 sensitize intestinal stem cells to chemotherapy-induced cell death and trigger gastrointestinal toxicity. Cancer Res 76: 700-712, 2015.
FoxO3 suppresses Myc-driven lymphomagenesis. Cell Death Dis 7, e2046; doi:10.1038/cddis.2015.396, 2016.
Targeting of Chk2 as a countermeasure to dose-limiting toxicity triggered by topoisomerase-II (TOP2) poisons. Oncotarget 7, 29520-29530, 2016.
Loss of Bmi1 causes anomalies in retinal development and degeneration of cone photoreceptors. Development 143: 1571- 1584, 2016.
CHK2 is involved in the p53-independent radiosensitizing effects of valproic acid. Oncol Lett 13: 2591-2598, 2017.
Differential role of Rad18 and Chk2 in genome maintenance and skin carcinogenesis following UV exposure. J Invest Dermatol, 2018 May 31. pii: S0022-202X(18)32036-0. doi: 10.1016/j.jid.2018.05.015.

研究発表

酸化ストレス応答におけるフォークヘッド転写因子FOXOの制御と機能.シンポジウム、2013年9月、横浜.
Impact of DNA damage response on cancer and aging.熊本大学リエゾンラボ研究会 /リーディングプログラム:HIGO最先端研究セミナー、2013年11月、熊本.
SIRT1 negatively regulates senescence-associated secretory phenotype. The 10th Symposium Mechanisms and Models of Cancer, Aug 6, 2015, La Jolla, CA, USA.
がん化と老化を制御する細胞老化とSASP.第40回日本基礎老化学会大会,アフタヌーンセミナー, 2017年6月,名古屋
p21 negatively regulates DNA damage-induced pro-inflammatory response during senescence. “Aging, Inflammation and Immunity”, Keystone Symposia, February 25-March 2, 2018, Austin, TX, USA.

科学研究費助成事業
採択状況

2012-2014年度文部科学省科学研究助成基金助成金基盤研究(C)、老化・代謝制御因子SIRT1による細胞老化制御メカニズムの解析(代表)
2016-2018年度文部科学省科学研究助成基金助成金基盤研究(C)、老化関連分泌表現型(SASP)メカニズム解明とSASP抑制性食品由来分子の同定(代表)
2016-2018年度長寿医療研究開発費、基礎老年学研究拠点の形成(分担)

その他の研究活動

国立研究開発機構国立長寿医療研究センター研究所客員研究員
愛知学院大学心身科学部客員研究員
椙山女学園大学実用化拠点の研究メンバー(2015〜2016年)

教     育     業     績
授業科目

生化学I、生化学II、生化学実験、専門演習、卒業研究、栄養総合演習、ファーストイヤーゼミ、生化学特論、生化学演習、生化学特別実験、展開生活科学特別演習、展開生活科学特別研究

その他の教育活動

中部大学生命健康科学部非常勤講師

そ        の        他
社会活動

日本基礎老化学会評議委員(2009年4月〜2016年3月)
日本RNAi研究会組織委員(2009年4月〜現在に至る)
日本基礎老化学会学会誌「基礎老化研究」編集委員会委員長(2014年7月〜2015年6月)

学部教員紹介ページ

http://nutr.food.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/