椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

大木 龍之介

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 人間共生学科

氏名

大木 龍之介

職階

講師

学歴

名古屋大学大学院 国際言語文化研究科 国際多元文化専攻 博士後期課程 修了

学位

博士(学術)

職歴
2020年3月
中京大学 グローバル教育センター 嘱託講師
2023年3月
2023年4月 椙山女学園大学 人間関係学部 人間関係学科 講師 現在に至る
専門分野

英語圏文化・文学、ジェンダー

研究テーマ

身体表象、ボディ・イメージの歪み、ボディ・ポジティヴィティ、ポストフェミニズム、ポピュラー・フェミニズム、精神分析、批評理論

所属学会

日本アメリカ文学会、日本ジェンダー学会、ジェンダー史学会

研     究     業     績
著書

なし

論文

・「「あなたみたいになりたかった」—―金原ひとみ作品における同一化の欲望」令和5年10月『ユリイカ 2023年11月号 特集=金原ひとみ』pp. 97-103
・「「拒食症のドラマ」の精神分析——スティーヴン・レヴェンクロン『鏡の中の少女』における身体イメージの歪み、眼差し、欲望」令和5年7月『ジェンダー研究』26号、pp. 111-126
・「スキニーな身体を読み直す――西洋視覚文化における痩せに対する受容の変化」令和3年3月、『中京英文学』41号、pp. 25-56
・「美容整形と「正常」な身体の枠組み ――『エクストリーム・メイクオーバー』、『ザ・スワン』、『Botched』」平成30年3月、『中京英文学』38号、pp. 1-29
・「越境する『花とゆめ』 ――羅川真里茂と椿いづみの少女漫画によるジェンダー・トラブル」平成29年3月、『Juncture: 超域的日本文化研究』8号、pp.194-208
・「屋根裏の狂女はどこへ消えた? :――Susan Warner, The Wide, Wide Worldにおける「家庭の天使」の矛盾」平成29年3月、『中京英文学』37号、pp.1-21
・「異性同士の絆――金原ひとみ『星へ落ちる』のバイセクシュアルな三角形とヘテロソーシャルな絆」平成29年3月、『ICU = ジェンダー&セクシュアリティ : 国際基督教大学ジェンダー研究センタージャーナル』12号、pp.131-156

研究発表

・「「あの可愛い、小さな太った女の子が美の女王だ」――Julie Murphy, Dumplin' とポピュラー・フェミニズムの一形式としてのボディ・ポジティヴィティの難点」第62回日本アメリカ文学会全国大会、2023年10月

科学研究費助成事業
採択状況

日本学術振興会科学研究費助成事業費基盤研究(若手研究)「現代メディアのボディ・ポジティヴィティ:身体の規範化/周縁化のメカニズム解明」令和5年4月~令和8年3月、研究代表者

教     育     業     績
授業科目

「国際社会とジェンダー」、「外国語(英語)A/B/C/D」、「演習Ⅰ」、「ケースⅠ」、「卒論事前指導ゼミ」、「卒業論文」、「海外演習A/B」

そ        の        他
学部教員紹介ページ

https://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/