椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

村上 心

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

生活科学部 生活環境デザイン学科
生活科学研究科  生活環境学専攻 (修士課程)
生活科学研究科  人間生活科学専攻 (博士後期課程)

氏名

村上 心

職階

教授

学歴

東京大学大学院工学系研究科(博士課程)建築学専門課程 単位取得退学/満了

学位

博士(工学)

職歴
昭和61年4月
株式会社住環境研究所客員研究員
(昭和63年まで)
昭和63年4月
財団法人日本経済研究所客員研究員
(平成4年3月まで)
昭和63年10月
株式会社シーイーシー総合工学研究所嘱託研究員
(平成4年3月まで)
平成 2年 4月
株式会社総合開発研究所客員主任研究員
(平成4年3月まで)
平成 2年 4月
有限会社M&Mカンパニー代表
(平成4年まで)
平成 4年 4月
椙山女学園大学生活科学部講師
(平成11年3月まで)
平成 4年
有限会社心・総合計画研究所代表
(平成6年まで)
平成 9年 9月
デルフト工科大学OBOM研究所客員研究員
(平成9年11月まで)
平成10年 9月
愛知工業大学建築工学部非常勤講師
(平成16年3月まで)
平成11年4月
椙山女学園大学生活科学部助教授
(平成19年3月まで)
平成17年4月
椙山女学園大学准教授
(平成20年3月まで)
平成20年 4月
椙山女学園大学生活科学部/大学院生活科学研究科教授
(現在に至る)
平成22年4月
名古屋工業大学 非常勤講師
(平成25年7月まで)
平成23年4月
九州大学/大学院 非常勤講師
(現在に至る)
平成23年4月
遼寧工程技術大学客員教授
(現在に至る)
平成28年9月
芝浦工業大学大学院 非常勤講師
(現在に至る)
平成30年4月 椙山女学園大学大学院生活科学研究科長 (現在に至る)
専門分野

建築学(都市・地域・建築計画/構法計画/建築社会システム)

研究テーマ

都市・地域・建築の再生手法、人口減少時代の公共施設のマネージメント、アジア/オセアニアの団地/集合住宅の再生、タイの木造建築物/沿岸集落/スラムの再生、など

所属学会

日本建築学会、CIB(INTERNATIONAL COUNCIL FOR RESEARCH AND INNOVATION、IN BUILDING AND CONSTRUCTION)、日本マンション学会、都市住宅学会

研     究     業     績
著書

・ 貨幣・緑・壁(単著)(2014.3) 建築ジャーナル
・ 設計に活かす建築計画(共著)(2010.3) 学芸出版社
・ The Grand Tour ライカと巡る世界の建築風景(単著)(2009.3) 建築ジャーナル
・ 建築再生の進め方(共著)(2007.10) 市ヶ谷出版社:(社)都市住宅学会著作賞受賞
・ サステイナブル集合住宅(単訳書)(2006.3) 技報堂出版
・ 集合住宅のリノベーション(共著)(2004.3) 技報堂出版
・ 「ようこそ建築学科へ」、共著、学芸出版社、2014.3
 他

論文

・ 欧州と日本の近代建造物の改修における編成度と視覚的評価の関係(審査付)(共著)(2014.10)日本建築学会技術報告集46巻 pp.1085-1091
・ UR FREESTYLE HOUSE (Part 1) -Reactivation project by DIY renovation for existing rental dwelling units in Kozoji New Town, Japan- (審査付) / UR FREESTYLE HOUSE (Part 2) -Possibilities of rental units by means of DIY renovation in Japan-(審査付)(共著)(2014.8)CIB W104 Open Building Implementation Symposium to be held as part of UIA World Congress論文集、 pp.922-930, Durban, South Africa
・ 高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布からみた再生手法に関する考察(審査付)(共著)(2014.3)日本建築学会計画系論文集 no.697、pp.677-684
・ Educational Practices in A Workshop Program on Community Regeneration and Architecture-The Japan-Thailand Collaborative Project at Samut Chin 2013- (審査付)(共著)(2013.12)Sripatum University Conference 2013 論文集、pp.1346-1351
・ 近代建造物の改修における付加価値(審査付)(共著)(2013.9)日本建築学会計画系論文集 no.689、pp.1495-1504
(2009年以降)

-審査付論文
・ 「A Study on Refurbishment of Multi-family Houses in Malaysia - Housing Developed by Kuala Lumpur City Government in the ’80s -」Shin Murakami, Kyoko Ikuta, Tomoaki Ichikawa, Kazuhisa Tsunekawa, Kyoko Kito, Yukie Maeda, Norie Kawano, Mohammad Abdul Mohit , 2009 Housing Researchers Conference, Sydney, web公開 , 審査・採択2010.5.(発表2009.8.)
・ 「集合住宅事例に基づくスケルトン/インフィルの適用手法」高間英里・村上心・川野紀江, (社)日本建築学会 住宅系研究報告会論文集5,pp.57-62, 2010.12.
・ 「小学校施設の防犯性能に関する研究 ― 境界・領域に着目した安全管理の取り組みと課題 ―」川野紀江・村上心, (社)こども環境学会 こども環境学研究第7巻第1号(通巻18号), pp.92-99, 2011.8.
・ 「韓国の集合住宅における法制度の変遷による居住環境の変化と居住者意識の関係」(社)日本建築学会 住宅系研究報告会論文集7、2012.12.、pp.23-28、高間英里・村上心・川野紀江
・ 「近代建造物の改修における付加価値」(社)日本建築学会計画系論文集 no.689、2013.9、pp.1495-1504、北川 啓介 / 中西 正明 / 村上 心 / 西川 裕紀 / 麓 和善 / 稲垣 圭亮
・ 「高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布からみた再生手法に関する考察」(社)日本建築学会計画系論文集 no.697、2014.3.、pp.677-684、納村信之・伊藤義浩・川野紀江・村上心他4名
・ 「Study on Appropriate Relocation based on Users’ Awareness and Utility Sphere of Public Facilities」Nobuyuki Nomura, Tomonori Minamisawa, Kazuhisa Tsunekawa, Eisuke Tabata, Shin Murakami、Proceedings of the 18th International Conference of CIB W104 Open building Implementation“Long Lasting Building in Urban Transformation”, pp.252-259, Nov. 2012, Beijing, China
・ 「Application Mehod of Support Infill Concept for Multi-Family Buildings」 Eri takama, Shin Murakami, Norie Kawano、Proceedings of the 18th International Conference of CIB W104 Open building Implementation“Long Lasting Building in Urban Transformation”, pp.99-104, Nov. 2012, Beijing, China
・ 「Educational Practices in A Workshop Program on Community Regeneration and Architecture-The Japan-Thailand Collaborative Project at Samut Chin 2013-」、Shin Murakami, Kennichiro Higuchi, Mayumi Nishio、Sripatum University Conference 2013、pp.1346-1351
・ 「欧州と日本の近代建造物の改修における編成度と視覚的評価の関係」(社)日本建築学会技術報告集 no.46、2014.10、pp.1085-、中西 正明 / 北川 啓介 / 村上 心 / 星子 絵里奈 / 麓 和善
・ 「高蔵寺ニュータウンにおける施設運営者・利用者・住民の意向を考慮した施設立地のあり方に関する研究」(社)日本建築学会計画系論文集 no.711、2015.5、pp.1009-、納村 信之 / 岩佐 育恵 / 太幡 英亮 / 恒川 和久 / 村上 心
・ 「公共施設におけるアクティビティの分析と考察 −アクティビティとキャパシティに着目した公共施設マネジメントに関する研究 その1−」(社)日本建築学会計画系論文集 no.717、2015.11、pp.2617-、恒川 和久 / 柴田 美里 / 太幡 英亮 / 村上 心 / 川野 紀江 / 納村 信之 / 松岡 利昌
・ 「UR FREESTYLE HOUSE (Part 1) -Reactivation project by DIY renovation for existing rental dwelling units in Kozoji New Town, Japan-」Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress, pp.922-930, Aug. 2014, Durban, South Africa(全文査読), Nobuyuki Nomura, Masanao Hattori, Eisuke Tabata, Norie Kawano, Kazuhisa Tsunekawa, Shin Murakami
・ 「UR FREESTYLE HOUSE (Part 2) -Possibilities of rental units by means of DIY renovation in Japan-」 Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress, pp.931-937, Aug. 2014, Durban, South Africa(全文査読), Shin Murakami, Norie Kawano, Masanao Hattori, Nobuyuki Nomura, Eisuke Tabata, Kazuhisa Tsunekawa
・ 「UR FREESTYLE HOUSE (Part 3) –Analysis and evaluation of DIY renovation of existing rental dwelling units in Kozoji Newtown, Japan-」 Proceedings of THE FUTURE OF OPEN BUILDING, 2015.9, Nobuyuki Nomura, Masanao Hattori, Eisuke Tabata, Kazuhisa Tsunekawa, Norie Kawano, Shin Murakami

研究発表


-学術論文
・ 「小学校のブロックプランと社会的背景の関係性についての考察(名古屋市小学校のプラン分析)」平手千裕・川野紀江・村上心・谷口元, (社)日本建築学会 東海支部研究報告集, PP.429-432, 2011.2.
・ 「韓国における集合住宅供給の変遷」村上心・趙美蘭・高間英里・川野紀江,椙山女学園大学研究論集 第42号(自然科学篇) , pp109-118, 2011.3.
・ 「日本国内におけるデザインセンターの活動に関する研究〜椙山デザインセンター設立に向けて〜」橋本雅好、村上心、冨田明美,椙山女学園大学研究論集 第42号(自然科学篇) , 2011.3.
-研究報告
・ 「色彩が及ぼす軽重感について」、笠岡愛・村上心、日本色彩学会第41回全国大会要旨集pp54-55、2010.5
・ 「公的住宅のマネジメント手法に関する国際比較」川野紀江・村上心・鬼頭香子, (社)日本建築学会大会学術講演梗概集,F-1 pp.1545-1546 ,2010.9.
・ 「集合住宅計画における「SI」の適用手法」高間英里・村上心, (社)日本建築学会大会学術講演梗概集,E-1 pp.1159-1160 ,2010.9.
・ 「欧州と日本の近代建造物の改修における操作と効果」坂雄一郎(名古屋工業大大学院)・北川啓介・村上心・松井絵里奈、(社)日本建築学会大会学術講演梗概集,E-1 pp.1185-1186 ,2010.9.
・ 「韓国の集合住宅の居住者意識に関する研究 その1.調査方法・調査結果の概要」村上心・川野紀江・高間英里, (社)日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1 pp.1419-1420, 2011.8.
・ 「韓国の集合住宅の居住者意識に関する研究 その2.建替え計画が与える影響」川野紀江・村上心・高間英里, (社)日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1 pp.1421-1422, 2011.8.
・ 「フランスの団地更新事例調査」木村智行(首都大大学院)・深尾精一・村上心・門脇耕三, (社)日本建築学会大会学術講演梗概集, E-2 pp.141-142, 2011.8.
・ 文部省科学研究費基盤研究(C)「組織と合意形成手法に着目した韓国・マレーシア・シンガポール戦後ニュータウンの再生報告書」村上心・川野紀江 他1名,2011.6.
・ トステム建材産業振興財団助成「住宅再生による価値向上の定量化に関する研究報告書」村上心・橋本雅好・川野紀江 他3名,2012.1.
・ 「住宅ストックの建物評価項目」川野紀江・村上心・橋本雅好,日本建築学会大会懇談会資料集・集合住宅の再生のための建築社会システム ~市場での適正評価を目指して~,pp63-64,2011.8.
・ 「建物評価項目の主体による重視度の比較」橋本雅好・村上心・川野紀江,日本建築学会大会懇談会資料集・集合住宅の再生のための建築社会システム ~市場での適正評価を目指して~, pp65-66,2011.8.
・ 「豪英における小学校施設の地域利用」川野紀江・村上心,日本建築学会大会PD資料集・「利用の時代」の建築とマネジメントを考える, pp29-31,2011.8.
・ 各部構法設計小委員会報告書、2012.2
・ 持続可能な住宅地特別委員会報告書、2012.2
   [論 説 等]
   [ワークショップ等]
・ タイ支援プロジェクト、2010.4-
・ タイ百年市場再生プロジェクト主催、2010.4-
・ みんなのまつり@金山(名古屋工業大学北川研究室と合同)、2011.5.28
・ タイ百年市場再生ワークショップ主催(国士舘大学南研究室、首都大学東京青木研究室、東北大学五十嵐研究室と合同)、2011.9.5-12
・ 沖縄のRC建物調査(琉球大学入江研究室と合同)、2012.3
   [設計・制作]
・ 高蔵寺NT映画「宝人」制作/プロデュース、2011.1
・ 同春日井ケーブルテレビ放映、2011.3
・ 佐久島祠再生プロジェクト、プロデュース/幹事、2011.04-2012.3
・ 「渡部邸」、新建築住宅特集2011年3月号pp.148-、2011.2
・ 「各都市事例調査を通じた施設評価指標の提案 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その1」(社)日本建築学会大会学術講演梗概集、2012.9.、F-1 pp.183-184、川野紀江・平手千裕・南澤智規・村上心 他3名
・ 「市民視点と行政視点による公共施設の評価 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その2」(社)日本建築学会大会学術講演梗概集、2012.9.、F-1 pp.185-186、平手千裕・川野紀江・南澤智規・村上心 他3名
・ 「施設総合評価と利用圏域・利用者意識からみた再配置計画 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その3」(社)日本建築学会大会学術講演梗概集 2012.9. "F-1 pp.187-188" 南澤智規・川野紀江・平手千裕・村上心 他3名
・ 「高蔵寺ニュータウンにおける施設分布の実態と可能性 立地の制約要因および外出行動の実態からの考察 その1」(社)日本建築学会大会学術講演梗概集、2013.9.、F-1 pp.361-362、納村信之・寺井孝至・恒川和久・村上心・川野紀江 他3名
・ 「高蔵寺ニュータウンにおける施設分布の実態と可能性 立地の制約要因および外出行動の実態からの考察 その2」(社)日本建築学会大会学術講演梗概集、2013.8.、F-1 pp.363-364、寺井孝至・恒川和久・村上心・納村信之・川野紀江 他3名
・ 「高蔵寺ニュータウンにおけるDIY賃貸住宅の課題と可能性」(社)日本建築学会大会学術講演梗概集、2013.8.、E-1 pp.1213-1214、服部昌直・太幡英亮・納村信之・川野紀江・村上心 他3名
・ 「居住空間における再生手法の国際比較 -日・韓・豪・米・蘭の比較研究-」 椙山女学園大学研究論集 第44号(自然科学篇)、2013.3.、pp.112-123、村上心・高間英里・川野紀江
・ 「UR フリースタイルハウス」(社)日本建築学会大会オーガナイズドセッション、2013.8.、G-1 pp.16-19、岩佐育恵・納村信之・川野紀江・村上心・服部昌直他2名
・ 「施設白書における構成方法と記載項目の比較 ―自治体が公開する施設白書に関する比較研究 その1―」(社)日本建築学会 東海支部研究報告集、2014.2.、pp.589-592、恒川和久・柴田美里・村上心・川野紀江他3名
・ 「施設白書における施設分類方法と記載指標の比較 ―自治体が公開する施設白書に関する比較研究 その2―」(社)日本建築学会 東海支部研究報告集 、2014.2.、pp.593-596、柴田美里・恒川和久・村上心・川野紀江他3名
・ 「戸建住宅ストックの非住宅としての活用に向けて ―高蔵寺ニュータウンを対象として―」(社)日本建築学会 東海支部研究報告集 、2014.2.、pp.597-600、岩佐育恵・恒川和久・村上心・川野紀江他2名
・ 「自主改修可能賃貸物件における評価と自主改修実験報告」(社)日本建築学会 東海支部研究報告集 2014.2. pp.497-500、服部昌直・恒川和久・村上心・川野紀江他2名
・ 「日本と欧州の近代建造物の改修における設計の操作と効果」(社)日本建築学会 関東支部研究報告集 2010.2、松井、北川啓介、村上心他
・ 「公共施設におけるアクティビティとキャパシティに着目した施設評価手法に関する」(社)日本建築学会 東海支部研究報告集、2015.2. pp.441-444、柴田 美里 / 恒川 和久 / 太幡 英亮 / 松岡 利昌 / 村上 心 / 川野 紀江 / 納村 信之
・ 「米国のランドバンク・システムに関する考察」(社) 日本建築学会大会オーガナ イズドセッション、2015.9.  pp.301-304、村上心/川野紀江/恒川和久/柴田美里

学術賞の受賞状況

平成20年 5月 都市住宅学会賞・著作賞
・ 平成26年度の国土交通大臣賞「手づくり郷土賞」、一般社団法人中川運河キャナルアート(副理事長)、2015
・ 公益社団法人日本港湾協会企画賞、一般社団法人中川運河キャナルアート(副理事長)、2013
・ マレーシアの自治体からの表彰、2008
平成14年 2月 「記憶を刻む家」(設計作品)、愛知県安城市、「我が家のリフォームコンクール」すまいる愛知賞・都市基盤整備公団中部支社長賞
平成16年 1月 「時を刻む家」、愛知県安城市、2003.9、「我が家のリフォームコンクール」佳作
平成17年 1月 稲垣邸の基本設計・実施設計/「リノベーション宙sora」(設計作品)、愛知県豊田市、「我が家のリフォームコンクール」入賞
平成17年12月 村上心・村上研究室、「仮設劇場コンペ」、大阪市・最終選考候補入選(2004.3毎日ホールにて公開プレゼンテーション) 劇の宇宙no.16.2004.pp.2-9、財団法人大阪都市協会 、雑誌掲載:劇の宇宙no.17.2004.pp.2-9、財団法人大阪都市協会:「劇場へ!!-大阪現代演劇際<仮説劇場>全記録-」、2005.12
平成19年 5月 村上心・椙山女学園大学She’d・村上研究室、ラシックT-shirts Campaign ディスプレイ、日本ディスプレイ大賞入選

科学研究費助成事業
採択状況

(主要なもの)
・ 文部省科学研究費基盤研究(C)「組織と合意形成手法に着目した韓国・マレーシア・シンガポール戦後ニュータウンの再生」平成20-22年度(直接研究費 計350万円) 村上心・川野紀江 他1名
・ 文部省科学研究費基盤研究(B)「日・仏・蘭における公共集合住宅の大規模改修に関する研究」平成21-23年度(計866万円) 深尾精一・村上心・門脇耕三
・ 文部省科学研究費基盤研究(C)「人口減少時代における公共施設ストックのファシリティマネジメント手法」平成24-26年度(直接研究費 計350万円) 村上心・川野紀江 他1名
・ 公益財団法人LIXIL 住生活財団研究助成「中国の集合住宅ストックの再生技術に関する研究-北京・上海・瀋陽・大連を対象として-」平成24~25年度(100万円)代表者 村上心、分担者 川野紀江
・ 文部省科学研究費基盤研究(C) 「人口減少時代における公共施設ストックのファシリティマネジメント手法」平成24~26年度(直接経費合計420万円)代表者 村上心、分担者 川野紀江 他4名
・ 公益財団法人LIXIL 住生活財団研究助成「中国の集合住宅ストックの再生技術に関する研究-北京・上海・瀋陽・大連を対象として-」平成24~25年度(100万円)代表者 村上心、分担者 川野紀江
・ 公益財団法人LIXIL 住生活財団研究助成「高蔵寺ニュータウンの再生に関する研究」平成24~25年度(100万円)代表者 納村、分担者村上心、川野紀江、他
・ 文部省科学研究費基盤研究(B) 「施設キャパシティと利用者アクティビティの適合 による広域横断型の地域施設再編」平成27~29年度 代表者 恒川和久、分担者 村上 心・太幡英亮・川野紀江他


その他の研究活動

・ 総プロ「中古住宅流通促進・ストック再生に向けた既存住宅等の性能評価技術の開発」材料構法調査WG(H23~26)
・ タイ/スパンブリ百年市場ワークショップ主宰、2012.9.17-23
・ タイ/サムチュック村ワークショップ主宰、2013.9
・ みんなのまつり無礼講@松阪屋南館(橋本雅研と合同)、2012.5、2013.5
・ 高蔵寺ユニット再生計画展示会、2012
・ 高蔵寺SHOP PEP Home プロデュース、2013.11-2014.2
・ nagoyaみらい市、団地再生研究会出展、2013.6.28-29
など

教     育     業     績
授業科目

生活環境デザイン、生活環境デザイン演習、建築一般架構、構法計画、建築設計論Ⅰ、建築設計論Ⅱ、建築設計実習Ⅰ、建築設計実習Ⅱ、生活環境特別実習Ⅲ(シドニー/バンコク研修)、生活環境ゼミナール、卒業研究、(以下、大学院)地域・建築・住居計画特論、地域・建築・住居計画演習、地域・建築・住居計画実習

そ        の        他
社会活動

・ 椙山女学園大学持続可能な団地構築ユニット ユニット長
・ 遼寧工程技術大学客員教授 
・ 知多市長アドバイザー
・ JOINT COORDINATOR, CIB W104 Open Building Implementation   http://open-building.org
・ 一般社団法人中川運河キャナルアート 副理事長   http://www.canal-art.org
・ みんなのファッションショー EXECUTIVE ORGANIZER   http://minna-fashion.com
・ デザイン女子No.1決定戦 実行委員長   http://design-girls-1.com
・ 「東海の建築アーカイブ」 統括プロデューサー   http://tokai.aij.or.jp/archive.html
・ (社)団地再生支援協会理事/中部地区代表   http://www.danchisaisei.org
・ (社)NDMA 理事
・ GCDS CORPORATION Advisor
・ RF TRADING Co. LTD Advisor
・ ソンクラーンNAGOYA 実行委員長

学部教員紹介ページ

http://www.he.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/