椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

吉田 あけみ

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 人間関係学科

氏名

吉田 あけみ

職階

教授

学歴

上智大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程 単位取得後退学

学位

社会学修士

職歴
昭和57年 4月
上智大学大学院文学研究科社会学専攻研究生
(昭和58年3月まで)
昭和57年 4月
八王子高等学校非常勤講師(現代社会・倫理社会・世界史担当)
(昭和59年3月まで)
昭和59年 4月
八事看護専門学校非常勤講師(社会学担当)
(平成12年3月まで)
昭和60年 10月
南山短期大学非常勤講師(社会学・女性論担当)
(平成12年3月まで)
昭和63年 9月
名古屋聖霊短期大学非常勤講師(人間関係論・自己形成史など担当)
(平成12年3月まで)
平成 2年 4月
名古屋大学医療技術短期大学部非常勤講師(家族社会学担当)
(平成9年10月まで)
平成 2年 7月
名古屋商科大学非常勤講師(社会学担当)
(平成3年3月まで)
平成 3年 10月
豊田短期大学非常勤講師(社会学担当)
(平成6年3月まで)
平成 3年 10月
名古屋短期大学非常勤講師(社会学担当)
(平成9年3月まで)
平成 4年 1月
教員組織審査 豊田短期大学 講師(兼任) 社会学

平成 4年 4月
愛知淑徳短期大学非常勤講師(人間関係論・家族関係論など担当)
(平成12年3月まで)
平成 4年 4月
名古屋女子大学非常勤講師(社会学・社会政策論など担当)
(平成12年3月まで)
平成 5年 4月
愛生会看護専門学校非常勤講師(社会学担当)
(平成8年3月まで)
平成 6年 1月
教員組織審査 愛知女子短期大学 講師(兼任) 女性学・人間関係論

平成 6年 4月
愛知教育大学非常勤講師(家庭科教育法・生活科学概論など担当)
(平成12年3月まで)
平成 6年 4月
東邦学園短期大学非常勤講師(アサーショントレーニングなど担当)
(平成12年3月まで)
平成 6年 4月
愛知女子短期大学非常勤講師(人間関係論・社会心理学など担当)
(平成12年3月まで)
平成 7年 9月
金城学院大学非常勤講師(女性学担当)
(平成12年3月まで)
平成 8年 4月
中京大学非常勤講師(女性学・社会意識論など担当)
(平成12年3月まで)
平成 8年 4月
名城大学短期大学部非常勤講師(女性学担当)
(平成12年3月まで)
平成 8年 6月
教員組織審査 金城学院大学 講師(兼任) 女性学

平成 8年 4月
名城大学短期大学部非常勤講師(女性学担当)
(平成12年3月まで)
平成 8年 10月
岐阜女子大学非常勤講師(女性と社会など担当)
(平成12年3月まで)
平成11年 4月
(国立)名古屋病院付属看護専門学校非常勤講師(家族社会学のうちジェンダー領域のみ・人間関係論など担当)
(平成16年3月まで)
平成11年 11月
南山大学非常勤講師(モダンの系譜・社会の諸相担当)
(平成27年3月まで))
平成12年 4月
広島文教女子大学人間科学部人間福祉学科助教授
(平成19年3月まで)

(社会学・家族社会学・地域社会学・人間福祉特講・社会福祉援助技術演習2・現代社会論・人間と社会・人間関係・人間科学入門・家族援助論・人間福祉専門演習・人間福祉基礎演習・社会福祉援助技術現場実習巡回指導・保育士現場実習巡回指導など担当)

平成15年 4月
IGL健康福祉専門学校非常勤講師(社会学担当)
(平成19年3月まで)
平成16年 8月
愛知教育大学非常勤講師(集中講義 家族論担当)

平成18年10月
近畿大学豊岡短期大学非常勤講師(社会福祉担当)
(平成19年3月まで)
平成19年 2月
県立広島大学非常勤講師(家族社会学担当)
(平成20年3月まで)
平成19年 4月
椙山女学園大学人間関係学部人間関係学科教授
(現在に至る)

(ライフスタイル論 女性と社会など担当)

平成20年 9月
名古屋市立大学非常勤講師(ジェンダー論担当)
(平成22年3月まで)
平成21年 4月
愛知淑徳大学非常勤講師(ディベート入門など担当)
(平成27年3月まで)
平成25年 11月 放送大学非常勤講師(家族社会学担当) (平成25年12月まで)
専門分野

社会学

研究テーマ

育児休業にみるジェンダーバイアス

所属学会

日本社会学会、家族問題研究学会、関西社会学会、日本女性学研究会、日本家族社会学会、日本女性学会、全国教室ディベート連盟、日本教育社会学会、キャンパスセクシュアルハラスメント全国ネットワーク、日本家政学会家族関係学部会、日本社会福祉学会

研     究     業     績
著書

・『ライフスタイルからみたキャリアデザイン』編著2014年4月発行 ミネルヴァ書房
・『身体・性・生―個人の尊重とジェンダー』共編著2012年8月発行 尚学社
・『ネットワークとしての家族』共編著2005年12月発行 ミネルヴァ書房
・『人間福祉学入門』共著2002年6月発行 北大路書房
・『教育期の子育てと親子関係』共著2000年9月発行 ミネルヴァ書房

論文

・「アクティブ・ラーニングでアクティブ・ラーナーは育成できるか」単著 2017年3月広島文教女子大学「人間福祉研究」第15号 p12~p19
・「中小企業におけるワーク・ライフ・バランス施策ー質的調査からの一考察」単著 2015年3月椙山女学園大学「人間関係学研究」第13号 p41~p49
・「名古屋の女子教育の変遷」共著2015年3月「椙山女学園大学研究紀要」第46号社会科学篇p51-p61
・「椙山歴史文化館所蔵資料の可能性」共著2014年3月「椙山女学園大学研究紀要」第45号社会科学篇p27~p33
・「大学におけるアクティブラーニングとしてのディベート授業の可能性」単著 2014年3月椙山女学園大学「人間関係学研究」第12号 p119~p129
・「ワーク・ワーク・バランスからワーク・ライフ・バランスへー日本とフィンランドにおける調査からの一考察」単著 2014年3月 広島文教女子大学「人間福祉研究」第12号 p25~p30

研究発表

・ Considering Geological Disposal Program of High-level Radioactive Waste through Classroom Debate.2013年11月28日ポスター発表 International Symposium on Nuclear Back-end Issues and the Role of Nuclear Transmutation Technology after the accident of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Stations


学術賞の受賞状況

・平成18年8月 全国教室ディベート連盟ディベート教育功労賞受賞

その他の研究活動

・「『女性論』プロジェクト研究報告-女子の高等学校のキャリア教育に関する研究」(共著)2017年3月「椙山人間学研究」vol.12 p139~p152
・「これってジェンダー平等ですか」家庭編・学校編・職場編・地域メディア編 (共著) 2016年5月 イーブルなごや
・「『女性論』プロジェクト研究報告-女子大生のキャリアデザインと女子大学のキャリア教育に関する研究-専門職養成学部を中心に-」(共著)2016年3月「椙山人間学研究」vol.11 p134~p153
・「男女平等教育の充実並びに男女ともに仕事と子育ての両立ができる環境の整備を」(単著) 2015年7月「校長なごや」No.20 名古屋市教育委員会 P3
・「地域と企業規模に焦点を当てた地域分析」(単著) 2015年3月 科学研究費助成事業報告書「地域・企業規模の視点からの「仕事と家庭の生活の両立」施策の再検討」p55~P70
・「女性論」プロジェクト研究報告-女子大生のキャリアデザインと女子大学のキャリア教育に関する研究 (共著)2015年3月「椙山人間学研究」vol.10 p141~p163
・「女性論」プロジェクト研究報告-女子大学におけるキャリア教育の比較研究(共著)2014年3月 「椙山人間学研究」vol.9 p164~p182
・ロールモデル集「椙山発の女性たち」(共著)2013年11月 椙山人間学研究センター
・男女平等ーーー(共著)2013年5月名古屋市総務局総合調整部男女平等参画推進室
・「女性論」プロジェクト研究報告-女子大生のライフスタイルの将来展望に関する近年の動向分析-(共著)2013年3月「椙山人間学研究vol.8p150~p166
・「女性論」プロジェクト研究報告-女子大学卒業生のライフコースと女子大学の特性に関する研究-20代から80代の卒業生へのインタビュー調査を手掛かりに-(共著)2012年3月 「椙山人間学研究」vol.7 p110~p136
・たいせつなこと―学校と家庭で考える男女平等参画―(共著)2012年2月名古屋市総務局総合調整部男女平等参画推進室
・私のキャリアマップ(共著)2011年3月 椙山人間学研究センター

教     育     業     績
授業科目

ライフスタイル論、女性とライフステージ、女性と社会

そ        の        他
社会活動

東郷町男女共同参画推進審議会副会長、日進市男女平等推進審議会会長

学部教員紹介ページ

http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/