椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

山本 昭和

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

文化情報学部 文化情報学科

氏名

山本 昭和

職階

教授

学歴

大阪教育大学大学院教育学研究科(修士課程)健康科学専攻 修了

学位

修士(学術)

職歴
昭和59年7月
神戸市立図書館勤務

平成12年4月
資料課相談係主査

平成16年4月
 管理課西図書館館長

平成18年4月
 資料課整理係長

平成20年4月
 市民サービス課調査相談係長

平成21年3月
神戸市立図書館退職(退職時の役職: 市民サービス課調査相談係長)
(平成13年3月まで)
平成 11年4月
神戸市外国語大学非常勤講師(図書館資料論)
(平成18年9月まで)
平成 12年4月
京都大学教育学部非常勤講師(図書館サービス論)
(平成19年9月まで)
平成 19年4月
大阪教育大学大学院教育学研究科(修士課程)非常勤講師(図書館情報サービス論)
(平成24年3月まで)
平成 21年 4月
椙山女学園大学文化情報学部准教授
(平成24年3月まで)
平成 23年 9月
愛知淑徳大学人間情報学部非常勤講師
(現在に至る)
平成 24年 4月 椙山女学園大学文化情報学部教授
専門分野

図書館・情報学

研究テーマ

図書選択理論、図書館の自由

所属学会

日本図書館研究会、日本図書館情報学会、中部図書館情報学会

研     究     業     績
著書

・『図書館情報資源概論』(共著)(2012)日本図書館協会
・『図書館ハンドブック』第6版・補改訂版(共著)(2010) 日本図書館協会
・『新図書館法と現代の図書館』(共著)(2009) 日本図書館協会
・『図書館年鑑』(共著)(2005年版~2014年版) 日本図書館協会

論文

・指定管理者制度の問題点と「ツタヤ図書館」(単著)(2016),みんなの図書館,pp.2-11.
・子どもの自由な読書を保障するのは誰か(単著)(2014),子どもと読書,403,pp.2-5.
・La grand écart des bibliothèques municipals. Situation et enjeux.(単著)(2012.3) Bibliothèque(s) : revue de l'association des bibliothècaires de France. 61, Mars, 2012, pp.21-22.(仏訳 Tony Sanchez)
・田原市民の読書と図書館への期待-子育て世代へのアンケート調査から-(共著)(2012.3)椙山女学園大学文化情報学部司書課程研究室

研究発表

研究発表「韓国の公共図書館事情」平成25年11月,日本図書館研究会愛知研究例会,会場:名古屋市都市センター

その他の研究活動

・JLA(日本図書館協会)中堅職員STEP-UP研修(1)(2011.10.9)講師
・愛知県公立図書館長協議会研修会(2012.6.1)講師
・愛知県学校図書館研究会高等学校部定期総会(2013.6.7)講師
・[滋賀県]図書館員専門講座(2015.2.18~19)講師
・[滋賀県]図書館員専門講座(館長研修)(2015.5.22)講師

教     育     業     績
授業科目

図書館情報資源概論、図書館サービス概論、学校経営と学校図書館

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.ci.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index_c.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/