椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

株本 千鶴

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 人間関係学科
人間関係学研究科  人間関係学専攻 (修士課程)

氏名

株本 千鶴

職階

教授

学歴

京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻(博士後期課程) 修了

学位

博士(人間・環境学)

職歴
平成 8年8月
財団法人日韓文化交流基金入所(職員)
(平成11年3月まで)
平成 9年4月
東海大学外国語教育センター非常勤講師「コリア語」
(平成12年3月まで)
平成 11年4月
東京都立大学人文学部社会福祉学科助手
(平成14年3月まで)
平成 12年4月
白梅学園短期大学福祉援助学科非常勤講師「ホスピスケア概論」
(平成14年3月まで)
平成 12年9月
立教大学社会学部非常勤講師「基礎演習」
(平成14年3月まで)
平成 14年4月
椙山女学園大学人間関係学部講師
(平成17年3月まで)
平成 15年9月
金城学院大学現代文化学部非常勤講師「アジアの社会福祉」
(平成18年3月まで)
平成 17年4月
椙山女学園大学人間関係学部助教授
(平成19年3月まで)
平成 19年4月
椙山女学園大学人間関係学部准教授                       
(平成25年3月まで)
平成 25年4月 椙山女学園大学人間関係学部教授                              (現在に至る)
専門分野

社会学

研究テーマ

韓国の福祉国家化に関する歴史社会学的研究、日韓のホスピスケア、ターミナルケア、終末期医療、緩和医療・ケア

所属学会

日本社会学会、福祉社会学会、日本社会福祉学会、仏教看護・ビハーラ学会、「宗教と社会」学会、現代韓国朝鮮学会、韓国朝鮮文化研究会、日本死の臨床研究会

研     究     業     績
著書

・株本千鶴『ホスピスで死にゆくということ――日韓比較からみる医療化現象』(2017.3)東京大学出版会
・副田義也編『シリーズ福祉社会学② 闘争性の福祉社会学』(分担執筆)(2013.3)東京大学出版会
・藤村正之遍『いのちとライフコースの社会学』(分担執筆)(2011.11)弘文堂
・副田義也編『内務省の歴史社会学』(分担執筆)(2010.8) 東京大学出版会
・金成垣編『現代の比較福祉国家論―東アジア発の新しい理論構築に向けてー』(分担執筆)(2010.2)ミネルヴァ書房
・末廣昭編『東アジア福祉システムの展望-7カ国・地域の企業福祉と社会保障制度』(分担執筆)(2010.3) ミネルヴァ書房

論文

・<研究ノート> 欧米社会における「ホスピスの医療化」研究の動向と展望」(単著)(2016.1)『いのちの未来』創刊号、pp.75-99
・「韓国における協同組合の法制化―経済と社会の構想に関する一考察」(単著)(2014.3)末廣昭編『東アジアの雇用・生活保障と新たな社会リスクへの対応』(東京大学社会科学研究所リサーチシリーズNo.56)pp.99~114
・「テーマ別研究動向:死の社会学」(単著)(2012.9)『社会学評論』63(2)pp.302-311
・「韓国における高齢者の所得保障」(単著)(2012.3)『社会科学研究』第63巻5・6号、pp.55-81
・「内務省衛生局技術官僚の特性―官僚制における専門性についての一考察」(単著)(2010.3)『参加と批評』第6号、pp.253―307
・「金大中・盧武鉉政権の社会保障政策」(単著)(2009.6)『海外社会保障研究』第167号、pp.18-28

研究発表

・研究発表「일본의 호스피스 완화케어:정책・제도의 현황과 과제」(日本のホスピス緩和ケア:政策・制度の現状と課題、韓国語)(単独)(2014.11)韓国保健行政学会(於麗水MVLホテル)
・研究発表「国民基礎生活保障制度の成果と残された課題―施行後11年を振り返って―」(単独)(2011.12)第74回社会政策学会関西部会(於大阪経済大学)
・研究発表「韓国におけるホスピス制度化の現状―医療・宗教・行政―」(単独)(2010.8)仏教看護・ビハーラ学会第6回年次大会(於上越教育大学)

科学研究費助成事業
採択状況

・科研費・基盤研究(C)「死にゆく行為における連帯と脱医療化―韓国ホスピスでの官民協働の役割と課題―」2017年~2019年度(研究代表者)
・科研費・基盤研究(C)「現代韓国社会における「死の医療化」―医療化と脱医療化の相克―」2014年~2016年度(研究代表者)
・科研費:基盤研究(C)「ホスピス・緩和ケアの制度化にかんする社会学的研究-日韓の比較によるアプローチ-」2011年~2013年度(研究代表者)
・科研費:基盤研究(C)「死に方をめぐる社会的行為の研究-韓国ホスピスの動態的分析-」2008年~2010年度(研究代表者)
・科研費:若手研究(B)「韓国における「社会保障」をめぐる知識体系の社会学的研究」2005年~2007年度(研究代表者)
・科研費:若手研究(B)「韓国における福祉国家化についての歴史社会学的研究」2002年~2003年度(研究代表者)


その他の研究活動

・「社会保険制度」等(分担執筆)(2014.10)石坂浩一・福島みのり編『現代韓国を知るための60章』(明石書店)
・「韓国の健康増進対策の現状と課題」(単著)(2014.6)『健保連海外医療保障』No.102、pp.23~30
・「韓国における医療費対策の動向」(単著)(2013.9)『健保連海外医療保障』No.99、pp.21~29
・「韓国の医療保障と自己負担」(単著)(2012.12)『健保連海外医療保障』No.96、pp.17~25
・「建設官僚の生態と戦後建設行政」(単著)(2012.3)研究代表:副田義也『戦後日本における内政体制の研究』(平成21年度~23年度科学研究費補助金 基盤研究A 研究成果報告書)pp.103~110
・「第5章韓国:高齢者対策と生命保険業」(単著)(2010.2)研究代表:末廣昭『東アジアの生活保障システム:高齢者対策と生命保険業』(平成20年度~22年度科学研究費補助金 基礎研究B 研究成果中間報告書)pp.115~147
・(書評)金成垣著「後発福祉国家論」(単著)(2009.9)『社会学評論』第238号、pp.312~313

教     育     業     績
授業科目

高齢者福祉論、社会福祉論A、社会福祉論B、社会福祉論Ⅰ、社会福祉論Ⅱ、人間関係の諸相A、ファーストイヤーゼミ、基礎演習、ケースメソッドⅠ、ケースメソッドⅡ、社会調査実習Ⅰ、社会調査実習Ⅱ、卒業論文、高齢福祉社会論特講、事例研究Ⅱ

そ        の        他
社会活動

・日本死の臨床研究会第24回関東甲信越支部大会講演「ホスピスの理念の再興」(於大宮ソニックシティ)(2017.6)
・2014年12月 平成27年度科学研究費審査委員 奨励研究部会人文・社会系小委員会委員(2015年11月まで)
・2013年12月 平成26年度科学研究費審査委員 奨励研究部会人文・社会系小委員会委員(2014年11月まで)
・東京保険医協会講演「韓国の医療保険制度の概要と医療改革」(於住友ビル)(2007.7)   

学部教員紹介ページ

http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/