椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

鈴木 仁子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

国際コミュニケーション学部 国際言語コミュニケーション学科

氏名

鈴木 仁子

職階

教授

学歴

名古屋大学文学部ドイツ文学科 卒業

学位

文学士

職歴
昭和62年4月
名城大学非常勤講師
(平成17年3月まで)
昭和62年4月
豊田工業高等専門学校非常勤講師
(平成6年3月まで)
平成 1年4月
名古屋工業大学非常勤講師
(平成6年3月まで)
平成 3年4月
愛知県立大学非常勤講師
(平成5年3月まで)
平成 5年4月
NHK文化センター講師
(平成7年3月まで)
平成 5年4月
名古屋大学非常勤講師
(平成15年3月まで)
平成 7年4月
愛知工業大学非常勤講師
(平成15年3月まで)
平成 9年4月
愛知学院大学非常勤講師
(平成15年3月まで)
平成 15年4月
名古屋市立大学非常勤講師
(平成17年3月まで)
平成 15年4月
椙山女学園大学国際コミュニケーション学部非常勤講師
(平成17年3月まで)
平成 17年4月
椙山女学園大学国際コミュニケーション学部助教授
(平成19年3月まで)
平成 19年4月
椙山女学園大学国際コミュニケーション学部准教授
(平成23年3月まで)
平成 23年4月 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部教授 (現在に至る)
専門分野

外国語・外国文学

研究テーマ

現代ドイツ文学

所属学会

日本独文学会、日本独文学会東海支部学会、ゲルマニスティネンの会

研     究     業     績
論文

・「ふたりっきり、誰も割りこませない」――父権的現実と母娘の密着をめぐって(単著)(1995.10) 日本独文学会東海支部発行「ドイツ文学研究27」1 p.9-31

研究発表

母娘のSymbioseとは?――母娘関係と父権制(1994.11)日本フランス語フランス文学会中部支部秋季大会(於 南山大学)
密着する母娘――JelinekとMitgutschの作品から(1994.12)日本独文学会東海支部冬季研究発表会 (於 金城学院大学)
「生きつづける」(ルート・クリューガー)(シンポジウム「過去への旅――最近のオーストリア文学」)(1996.5) 日本独文学会全国学会総会春季研究発表会(於 法政大学)
「”Die Ausgewanderten” von W.G.Sebald」(2004) ゲルマニスティネンの会東海支部研究会(於 椙山女学園大学)
「メルヒェンのはらむもの ―その前近代性と近代性―」(2007) 国際文化フォーラム「メルヒェン・フォークロア・ファンタジー」(於 椙山女学園大学)
「ドイツ語翻訳の立場から」(2009)国際文化フォーラム「“I love you”って〈愛してる〉」?-翻訳の現場-」(於 椙山女学園大学)
「”Ein Regenschirm fuer diesen Tag” von Wilhelm Genazino」ゲルマニスティネンの会東海支部研究会(於 椙山女学園大学)
「”Alina Bronsky:Die schärfsten Gerichte der tatarischen Küche” 」(2012) ゲルマニスティネンの会東海支部研究会(於 椙山女学園大学)
「"Jenny Erpenbeck:Heimsuchung」(2016) ゲルマニスティネンの会東海支部研究会(於 椙山女学園大学)

学術賞の受賞状況

ドイツ連邦共和国レッシング翻訳賞受賞(2003)
第51回産経児童出版文化賞受賞(2004)
第11回BABEL国際翻訳大賞新人賞受賞(2005)

その他の研究活動

・翻訳 ペーター・ハントケ「私たちがたがいをなにも知らなかった時」(2007)論創社
・翻訳 ヴィルヘイム・ゲナツィーノ「そんな日の雨傘に」(2010) 白水社
・翻訳 ペーター・ツムトア「建築を考える」(2012)みすず書房
・翻訳 W・G・ゼーバルト「アウステルリッツ」「移民たち」「空襲と文学」他、《ゼーバルト・コレクション》全7巻(2003~2014) 白水社
・翻訳 J・シャランスキー「奇妙な孤島の物語」(2016)河出書房新社 他

教     育     業     績
授業科目

ドイツ語、海外ドイツ語演習

そ        の        他
社会活動

オーストリア政府認定ドイツ語能力検定試験試験官資格取得(2007.7)
オーストリア政府認定ドイツ語能力検定試験試験官(2008.2より現在に至る)

学部教員紹介ページ

http://www.scs.sugiyama-u.ac.jp/about/teachers/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/