椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

佐原 弘子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

看護学部 看護学科

氏名

佐原 弘子

職階

教授

学歴

名古屋大学大学院医学系研究科博士後期課程 健康障害看護学専攻 修了

学位

博士(看護学)

職歴
平成元年4月
名古屋大学医学部附属病院文部技官(第2外科・胸部外科/2B病棟)
(平成7年8月まで)
平成14年4月
名古屋大学医学部保健学科看護学専攻助手(臨床講座/急性期)

平成17年4月
中部大学生命健康科学研究所 助教授
(平成17年3月まで)
平成18年4月
中部大学生命健康科学部保健看護学科 准教授
(平成25年3月まで)
平成25年4月 椙山女学園大学看護学部看護学科教授 (現在に至る)
専門分野

看護学,基礎看護学,急性期成人看護学,看護情報学

研究テーマ

ストーマQOL,異文化看護,情報プライバシー,情報倫理,情報共有

所属学会

日本医療情報学会、日本看護科学学会、 日本看護研究学会、

研     究     業     績
著書

成人看護学シリーズ:急性期看護論(共著)ヌーベルヒロカワ
エッセンシャル看護情報学(共著)医歯薬出版株式会社
基礎がわかる!実践できる!フィジカルアセスメント(別冊)(共著)昭林社
看護情報学(共著)医学書院

論文

縦断調査による長期生存ストーマ保有者の人生の満足度(共著),日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌8巻2号
Development of an Instrument to Measure Patient Perception of Information Privacy :Patients’Information Privacy Scale (PIPS) and Convenient Privacy checklist (CPC)(共著), 医療情報学 第26巻 第6号
入院患者がとらえる情報プライバシー測定尺度開発の試み-患者情報共有の内容と範囲に着目して-(博士論文) 名古屋大学

研究発表

「健心友の会」縦断調査による人生の満足度(共同),日本ストーマリハビリテーション学会誌 第19号 第3号.
Conflict between Information Sharing And Privacy Protection(共同), SINI 2005(Summer Institute in Nursing Informatics).
Comparison of Perceptions of Patients’Information Privacy in Dealing with Nurses in Japan(共同),MEDINFO 2007.

教     育     業     績
授業科目

ファーストイヤーゼミ,
成人看護学概論,
健康障害概論,
健康障害と看護AおよびB
急性期成人看護学演習,
成人看護技術演習,
成人老年ベーシック実習,
急性期成人老年看護学実習,
統合看護論,
看護研究(卒業論文)

その他の教育活動

名古屋市看護職員研修臨地実習指導者講習会 講師
小牧市民病院における臨床指導者研修

そ        の        他
社会活動

日本看護医療学会 査読委員
岐阜県厚生農業協同組合連合会 東濃厚生病院における研究指導

学部教員紹介ページ

http://www.nurs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/