椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

西口 正文

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 人間関係学科
人間関係学研究科  人間関係学専攻 (修士課程)

氏名

西口 正文

職階

教授

学歴

東京大学大学院教育学研究科博士課程総合教育科学生涯教育計画コース 単位修得後退学

学位

教育学修士

職歴
昭和54年 4月
三重県青山町立青山中学校教諭(社会科・数学科の授業を担当)
(昭和58年3月まで)
昭和58年 4月
三重県名張市立北中学校教諭(社会科の授業を担当)
(昭和59年3月まで)
昭和59年 4月
三重県立神戸高等学校教諭(現代社会、倫理、政治・経済の授業を担当)
(昭和63年3月まで)
昭和63年 4月
三重県立菰野高等学校教諭(現代社会、政治・経済の授業を担当)
(平成3年3月まで)
平成 5年4月
社団法人飯能地区医師会飯能看護専門学校非常勤講師
(平成8年3月まで)
平成 5年4月
学校法人大塚学院専門学校非常勤講師
(平成8年3月まで)
平成 8年4月
株式会社鈴鹿英数学院準専任講師
(平成11年10月まで)
平成 10年4月
椙山女学園大学人間関係学部非常勤講師
(平成12年3月まで)
平成 11年4月
椙山女学園大学生活科学部非常勤講師
(平成12年3月まで)
平成 12年4月
椙山女学園大学人間関係学部講師
(平成15年3月まで)
平成 15年4月
椙山女学園大学人間関係学部助教授
(平成19年3月まで)
平成 19年4月
椙山女学園大学人間関係学部准教授
(平成22年3月まで)
平成22年4月 椙山女学園大学人間関係学部教授 (現在に至る)
専門分野

人間関係学

研究テーマ

教育的理性批判

所属学会

公教育研究会、日本教育学会、日本教育社会学会、教育哲学会

研     究     業     績
著書

・教育的理性という呪縛(単著)(2009.12) 近代文藝社
・教育の臨界―教育的理性批判(編著)(2005.3) 情況出版

論文

・平等主義的正義志向にとっての教育システム─システム構成論理の許容閾値に関する一考察─ (単著)(2014.3) 椙山女学園大学『人間関係学研究』第12号pp.51-pp.62
・「潜在能力」概念の射程─A.センとG.A.コーエンとの間の遣り取りを手がかりに─ (単著)(2014.3) 椙山女学園大学研究論集第45号(社会科学篇)pp.35-pp.48
・エリザベス・アンダーソンによる「運命の平等主義」批判-<平等>へのまなざしに照準して- (単著)(2015.3) 椙山女学園大学『人間関係学研究』第13号pp.27-pp.40
・自己の負うべき責任と<能力の共同性> (単著)(2015.3) 椙山女学園大学研究論集第46号(社会科学篇)pp.35-pp.49
・道徳上の観点から見て取れる恣意性をいかにして取り扱うか-「正義の原理」のかたちづくられる理路を再考する-椙山女学園大学『人間関係学研究』第14号pp.13-pp.24
・ジョン・ロールズによる格差原理に見出される<誘因>という要素-その正義思考の方向づけを問う-椙山女学園大学研究論集第47号(社会科学篇)pp.31-pp.43
・自己利益による行為と社会正義に基づく制度への関与とを調整する方途は探り出され得るか-フィリップ・ヴァン・パリースの論考を手がかりにして-(単著)(2017.3)『人間関係学研究』第15号  pp.37-48
・偶有性、恣意性、そしてパレート効率-分配的正義をめぐるひとつの陥穽-(単著)(2017.3)椙山女学園大学研究論集第48号(社会科学篇)pp.189-202

研究発表

・G・A・コーエンによる“自己所有権”の問題化構想-<存在の自由の平等>へと探索するひとつの理路として-(単独)(2009.8) 日本教育学会第68回大会(於 東京大学)
・<自由の平等>構案の孕む触発力-「能力をめぐる正義」考にとって-(単独)(2008.8) 日本教育学会第67回大会(於 佛教大学)
・<能力をめぐる正義>についての再考―能力主義批判にとっての隘路―(単独)(2006.10) 教育哲学会第49回大会(於 東京大学)

教     育     業     績
授業科目

教師の世界、教職論、ケースメソッド-障害と共に生きること-、演習-資本主義を正義をめぐる議論をふまえて問い直す-

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/