椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

室 雅子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

教育学部 子ども発達学科
教育学研究科  教育学専攻 (修士課程)

氏名

室 雅子

職階

教授

学歴

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士後期課程)人間発達学専攻 単位取得後退学

学位

修士(家政学)

職歴
平成6年4月
お茶の水女子大学生活科学部教務補佐員
(平成7年3月まで)
平成6年4月
桐朋女子高等学校音楽科非常勤講師「家庭科」
(平成7年3月まで)
平成8年4月
お茶の水女子大学生活科学部教務補佐員
(平成12年3月まで)
平成8年10月
自由の森学園高等学校非常勤講師「人間生活科」
(平成9年3月まで)
平成10年4月
埼玉福祉専門学校非常勤講師「家政学概論・家政学実習」
(平成12年3月まで)
平成10年9月
聖心女子大学文学部ティーチングアシスタント「卒業論文」
(平成12年3月まで)
平成12年4月
椙山女学園大学生活科学部専任講師「家庭科の指導法Ⅰ・Ⅱ」「家族関係」「生活経営論」「生活環境特別実習Ⅱ」「生活環境特別実習Ⅲ」「総合演習」「卒業研究」「教育実習A/B」「介護等体験」「事前・事後の指導」
(平成19年3月まで)
平成14年4月
名城大学法学部非常勤講師「総合科目Ⅱ」
(平成16年3月まで)
平成16年4月
名城大学法学部非常勤講師「教養特設科目Ⅱ(家族論)」
(現在に至る)
平成16年4月
金城学院大学生活環境学部非常勤講師「家族問題論」
(平成17年3月まで)
平成18年8月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学教育学部子ども発達学科准教授(専任)「家庭科」「家庭科の指導法」「総合演習」「卒業研究」の資格有りと判定

平成18年10月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学教育学部子ども発達学科准教授(専任)「模擬授業演習」の資格有りと判定

平成19年4月
椙山女学園大学教育学部准教授「家庭科」「家庭科の指導法」「総合演習」「卒業研究」、生活科学部兼担「家庭科の指導法Ⅰ・Ⅱ」「家族関係」「教育実習A/B」「介護等体験」「事前・事後の指導」
(平成23年3月まで)
平成23年4月
椙山女学園大学教育学部准教授「家庭科」「家庭科の指導法」「卒業研究」、生活科学部兼担「家庭科の指導法Ⅰ・Ⅱ」「家族関係」「教育実習A/B」「介護等体験」「事前・事後の指導」
(平成27年3月まで)
平成27年4月
椙山女学園大学教育学部准教授「家庭科」「家庭科の指導法」「卒業研究」「ライフデザイン」、生活科学部兼担「家庭科の指導法Ⅰ・Ⅱ」「家族関係」「教育実習A/B」「介護等体験」「事前・事後の指導」
 (平成28年3月まで)
平成28年4月 椙山女学園大学教育学部教授「家庭科」「家庭科の指導法」「卒業研究」「ライフデザイン」、生活科学部兼担「家庭科の指導法Ⅰ・Ⅱ」「家族関係」「教育実習A/B」「介護等体験」「事前・事後の指導」
専門分野

家庭経営・家族関係・家庭科教育

研究テーマ

家族および家庭における日常行動と学習意欲の形成
大学における家政教育・教員養成
生活実践力育成と家庭科教育

所属学会

日本家政学会、日本家政学会家族関係学部会、日本家政学会家政教育部会、日本家政学会生活経営学部会、日本家庭科教育学会、大学家庭科教育研究会、アジア家政学会(ASIAN REGIONAL ASSOCIATION for HOME ECONOMICS)、国際家政学会(International Federation for Home Economics)、日本家族社会学会、生活やものづくりの学びネットワーク、日本保育学会、日本教科内容学会

研     究     業     績
著書

・「家庭科教員の力量形成の課題」『市民社会をひらく家庭科』(共著) 第Ⅲ部第1章 ドメス出版(2015.6)
・「両性のマナー・エチケットとして気を付けたいこと」-日常生活から(単著)(2013.2) 『児童心理』  2013年3月号 金子書房 pp.102-106
・ 生活を科学し、実践する力を育てる授業づくり「子どもが生きる家庭科」(共著)(2010.5) 開隆堂
・「生活をつくる家庭科第1巻」第6章(共著)(2007.6) ドメス出版
・「家族・保育の授業に見る「生活スキル」の学び」(第2部6章・共著)
 『作る・営る・創る 生活をつくる家庭科 第1巻 個人・家族・社会をつなぐ生活スキル』(2009) ドメス出版
・青少年期の家族と教育-家庭科教育からの展望-(共著)(2006.3) 家政教育社
・家庭科ワークブック「人間の発達と保育」(共著)(2002.5) 東京書籍

論文

・私立大学における家庭科教員養成の現状と課題(単著)(2014.5) 年報・家庭科教育研究第32巻pp.51-57
・教員養成課程における大学生の家庭科観から見る家庭科教育の課題(単著)(2014.3)紀要第45号社会科学編 pp.239-249
・社会人の「生活力」調査からみた家庭科教育の課題(共著)(2012.8)日本家庭科教育学会誌第55巻第2号
・ライフコース選択へのキャリアモデルインタビューの有効性(単著)(2012.3)
 椙山女学園大学教育学部研究紀要第5号 pp.125-136
・日本とカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州における大学生の生活力に関する国際比較(共著)(2011.11)日本家庭科教育学会誌 vol.54,No.3 pp131-142
・学習指導要領の違いによる生活力―1989年告示版と1998・1999年告示版履修者の比較―(共著)(2011.3)年報・家庭科教育研究第32集 pp.1-23
・University Students Life Skill Comparison in Japan and Korea(共著)(2010.3)韓国家政科教育学会誌,pp.31-49
・大学生の持つ家族イメージ(単著)(2009.3) 椙山女学園大学研究論集第40号(社会科学篇) pp.207-217
・地方自治体における支援策(単著) 家族関係学(2009) pp.27-31
・未(非)婚成人と親との同居生活の実態と住要求--成人同居期の住まい像を探る(共著) 住宅総合研究財団研究論文集(2007) pp.421-432
・家庭科への評価からみる家庭科教育の課題--中学教員調査から(単著)(2005.3)
 椙山女学園大学研究論集第36号(社会科学篇) pp.53-61
・男女共修世代の教員志望状況と家庭科観調査にみる家政教育・家庭科教育の課題
 -教職課程(家庭科)履修者対象調査の自由記述分析から-(単著)(2004.3) 
 生活の科学第25号 pp.31-40

研究発表

・キャリア教育としての保育学習(共同・発表代表)日本保育学会第70回大会(2017.5)(川崎医療福祉大学)
・The Necessity of Career Education about Child Care Specialists by Home Economics in Japan(2016.8)accepted XXIII IFHE World Congress 2016(韓国)
・高校生の生活力認識と家庭科教育(共同・発表代表)日本家政学会第68回大会(2016.5)(金城学院大学)
・生活場面で実践できる力-衣生活-(共同・発表代表)(2015.6)日本家庭科教育学会第58回大会(鳴門教育大学)
・生活場面で実践できる力ー住生活ー(共同)(2015.6)日本家庭科教育学会第58回大会(鳴門教育大学)
・生活場面で実践できる力ー家族・家庭生活ー(共同)(2015.6)日本家庭科教育学会第58回大会(鳴門教育大学)
・生活場面で実践できる力の調査―食生活―(共同)(2014.11)日本家庭科教育学会2014年例会(東京学芸大学)
・生活場面で実践できる力の調査―消費生活・環境―(共同)(2014.6)日本家庭科教育学会第57回大会(岡山大学)
・生活場面で実践できる力の調査の設計(共同)(2013.12)日本家庭科教育学会2013年度例会(東京学芸大学)
・初等教育教員養成と中等教育教員養成における学生の家庭科の教科観と課題の違い(単独)(2013.6)日本家庭科教育学会第56回大会 (弘前大学)
・Influence of family activities on stimulating their children’s interest in school subjects(単独)(2012.7) IFHE World Congress 2012 in Australia(国際家政学会世界大会 メルボルン)
・私学における教員養成学部と教員養成学部以外での家庭科教員養成の問題と課題(単独)(2011.11)大学家庭科教育研究会例会(聖心女子大)
・教員養成学部におけるキャリア教育(単独)(2011.5)日本家政学会2011大会(和洋女子大)
・The educational effect by an image and the family relations of family(単独)(2009.12)アジア家政学会第15回大会(インド・プネー)
・大学生の生活力に関する意識(第1報)+(第2報)(共同)(2009) 日本家庭科教育学会2009年例会
・社会人の生活力、課題意識および家庭科への期待感(共同)(2009) 日本家庭科教育学会第52回大会
・現行学習指導要領で家庭科を学んだ高校生の生活力に関する意識(共同) 日本家庭科教育学会51回大会(静岡)(2008)
(以下割愛)

科学研究費助成事業
採択状況

・「生活場面で実践できる力の実態と課題」(分担)(課題番号15K04424)
・「キャリア・サバイバルの視点からみた保育者のキャリアアップについての研究」(分担)(課題番号26350051)
・「家族および家庭における日常行動が学習意欲の形成に及ぼす影響」(代表)(課題番号20700571)
・「生活力育成における家庭科学習効果についての履修形態による追跡」(分担)(課題番号19500629)
・「ひとり親家庭のウェルビーイングと自立支援の実証的研究」(分担)(課題番号19500651)

その他の研究活動

・「家庭科指導内容に対する教員の意識と家政教育の課題」平成28年度椙山女学園大学研究費助成金(B)(2016)
・「高校生における生活力と家庭科・家庭教育との関連」平成26年度椙山女学園大学研究費助成金(B)(2014)
・「大学における家政教育の現状と課題」平成25年度椙山女学園大学研究費助成金(B)(2013)
・「子どもの学習意欲に影響する家族員の日常行動」平成24年度椙山女学園大学研究費助成金(B)(2012)
・「キャリア教育における『基礎的・汎用的能力』の育成に関する実践的研究―助成リーダー育成のためのDUELプログラムの活用」平成23年度椙山女学園研究費助成金(A)(2011)
・「家庭科既習者における家庭科学習内容の認知」平成23年度椙山女学園研究費助成金(C)(2011)
・「女性リーダー育成のためのDUELプログラムを用いたキャリア教育の実践に関する研究」(2012)
平成22年度椙山女学園研究費助成金(A)(2011)
・「ひとり親家庭等に関する都道府県および政令指定都市調査・支援策」日本家政学会家族関係学部会研究活動委員会(2008)
・「家政学における社会的活動」に関する調査(家政学者の社会貢献に関する調査研究プロジェクト・日本家政学会家政教育部会)(2003)
・「学校教育とジェンダー形成」(お茶の水女子大学)(1999)
・「地域社会におけるマナー意識とマナー行動研究」(お茶の水女子大学マナー研究会)(1998)

教     育     業     績
授業科目

【教育学部】家庭科、家庭科の指導法、ライフデザイン、卒業研究
【生活科学部】家族関係、家庭科の指導法Ⅰ、家庭科の指導法Ⅱ、教職実践演習、事前及び事後の指導、介護等体験、教育実習A/B、人間論(食育)

その他の教育活動

教員採用試験・面接対策・願書添削相談(生活科学部・家庭科受験者対象,その他希望者)

そ        の        他
社会活動

・公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 生涯学習テレビ放送事業 企画運営委員 委員長
 (委員は平成23年4月~平成27年3月、そのうち委員長は平成24年4月~26年3月)
・名古屋市子ども青少年局家庭観等育成講演会、(主催:椙山女学園大学、名古屋市子ども青少年局)講師
 講演「若者の持つ家族観」(2009.12)

学部教員紹介ページ

http://www.edu.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index2.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/