椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

中島 正夫

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

教育学部 子ども発達学科

氏名

中島 正夫

職階

客員教授

学歴

岐阜大学医学部医学科 卒業

学位

医学博士

職歴
昭和52年 5月
岐阜大学医学部附属病院医員研修医(小児科)
(昭和53年3月まで)
昭和53年4月
大垣市民病院技術吏員医師(小児科)
(昭和54年4月まで)
昭和54年 5月
鳥取大学医学部附属病院医員(脳神経小児科)
(昭和55年4月まで)
昭和55年4月
鳥取県非常勤職員(米子保健所)
(昭和56年3月まで)
昭和55年 4月
鳥取大学医学部附属病院助手(脳神経小児科)
(昭和56年3月まで)
昭和56年 4月
国立静岡病院小児科医師
(昭和56年12月まで)
昭和57年 1月
国立療養所豊橋東病院小児科医師
(昭和59年3月まで)
昭和59年 4月
国立療養所長良病院小児科医師
(昭和60年8月まで)
昭和60年 9月
厚生省保健医療局国立療養所課課長補佐
(昭和61年3月まで)
昭和61年 4月
防衛庁部員(教育訓練局衛生課)
(昭和62年11月まで)
昭和62年11月
厚生省薬務局生物製剤課血液事業対策室長兼経済課医薬品先端技術振興室長補佐
(平成元年6月まで)
平成元年 7月
京都府衛生部保健予防課長
(平成2年6月まで)
平成 2年 6月
京都府保健環境部健康対策室長
(平成3年7月まで)
平成 3年 7月
厚生省児童家庭局母子衛生課課長補佐兼企画課課長補佐兼障害福祉課課長補佐兼大臣官房厚生科学課科学技術調整官
(平成4年3月まで)
平成 4年 4月
岐阜県衛生環境部技術参事兼地域保健課長
(平成6年3月まで)
平成 6年 4月
岐阜県衛生環境部技術参事兼健康増進課長
(平成7年6月まで)
平成 7年 7月
国立がんセンター運営部企画室長兼図書館長
(平成8年7月まで)
平成 8年 7月
国立がんセンター運営部企画室長
(平成9年3月まで)
平成 9年 4月
岐阜県大垣保健所長
(平成10年3月まで)
平成 10年 4月
岐阜県大垣保健所長兼大野保健所長
(平成12年3月まで)
平成 12年 4月
岐阜県飛騨地域保健所長
(平成13年3月まで)
平成 13年 4月
岐阜県中濃地域保健所長兼関保健所長
(平成14年7月まで)
平成 14年 8月
岐阜県中濃地域保健所長
(平成15年3月まで)
平成 14年 10月
岐阜医療技術短期大学非常勤講師「母子保健特論」「保健医療福祉行政」「地域母子保健論」
(平成21年3月まで)
平成 15年 4月
岐阜県中濃地域保健所長兼関保健所長
(平成17年3月まで)
平成17年 4月
岐阜県飛騨地域保健所長
(平成18年3月まで)
平成18年4月
岐阜県岐阜保健所長
(平成19年3月まで)
平成18年8月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学教育学部子ども発達学科教授(専任)「小児保健A(発育・疾病等)」「小児保健B(公衆衛生)」「小児保健実習」「小児栄養演習」「精神保健」「いのちの教育」「ケースメソッドⅠ」「ケースメソッドⅡ」「卒業研究」の資格有りと判定

平成19年4月
椙山女学園大学教育学部子ども発達学科教授「小児保健A(発育・疾病等)」「小児保健B(公衆衛生)」「小児保健実習」「小児栄養演習」「精神保健」「いのちの教育」「ケースメソッドⅠ」「ケースメソッドⅡ」「卒業研究」
(平成23年3月まで)
平成19年4月
椙山女学園食育推進センター長
(平成21年3月まで)
平成19年4月
岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学非常勤講師「小児保健」
(現在に至る)
平成19年4月
岐阜大学医学部看護学科非常勤講師「保健医療福祉行政」
(現在に至る)
平成20年4月
東海学院大学短期大学部児童教育学科幼児教育専攻非常勤講師「小児保健」
(平成21年3月まで)
平成21年4月
椙山女学園食育推進センター主任
(平成27年3月まで)
平成21年7月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学看護学部看護学科教授「人間論」「ファーストイヤーゼミ」「疾病治療論Ⅳ(母性・小児)」「公衆衛生学」「保健統計学」「疫学」「保健福祉行政論」「統合看護論」「原書講読・研究序論」「看護研究(卒業論文)」の資格有りと判定

平成23年4月
椙山女学園大学看護学部看護学科教授
(平成27年3月まで)
平成26年4月
子ども・若者総合支援センター医師嘱託員
(現在に至る)
平成27年4月
椙山女学園大学看護学部看護学科客員教授(専任タイプ)
(平成28年3月まで)
平成27年4月
椙山女学園食育推進センターセンター員
(現在に至る)
平成28年4月 椙山女学園大学教育学部子ども発達学科客員教授(専任タイプ) (現在に至る)
専門分野

公衆衛生学、小児保健学、小児神経学

研究テーマ

発達障害がある子どもの早期の気づきと保護者を含めた支援、食育、母子健康手帳制度、若年女性の痩せ志向など

所属学会

日本小児神経学会、日本発達障害学会、日本小児保健協会、日本公衆衛生学会、東海公衆衛生学会、日本栄養改善学会

研     究     業     績
著書

・新時代の保育双書「図解 子どもの保健Ⅰ第2版」(共著)(2017.3)みらい社
・子どもの食と栄養[第2版](共著)(2015.2) 建帛社
・子どもの食と栄養演習[第3版](共著)(2016.9) 建帛社
・日本の母子健康手帳(共著)(1991.12) 保健同人社

論文

・母子保健法に関する一考察(単著)(2017.3)椙山女学園大学教育学部紀要10号pp.149~159
・椙山女学園大学における食環境整備 ─第5報:学生食堂における学生の昼食選択支援対策の改善に関する検討─(共同)(2017.3)椙山女学園大学研究論集第48号自然科学篇 pp. 79~88
・女子大学生の痩せ志向について―第1報:質的研究―(共同)(2016.3)椙山女学園大学研究論集第47号自然科学篇 pp. 1~10
・発達障害の特性がある幼児の早期の気づきと親・家族を含めた支援体制のあり方に関する検討(単著)(2015.3)椙山女学園大学看護学研究第7号 pp.1-10
・保育所と幼稚園における発達障害がある子ども・「気になる子」の状況について(単著)(2014.3)椙山女学園大学教育学部紀要第5号 pp.69-80
・椙山女学園大学における食環境整備-第1報:女子大学生の「昼食の選択」に関する意識などについて(質的調査)-(共同)(2012.3) 椙山女学園大学研究論集第43号自然科学篇 pp.89-96
・妊産婦と乳幼児の健康を支援する手帳制度の変遷と公衆衛生行政上の意義について(単著)(2011.7) 日本公衆衛生雑誌第58巻第7号 pp.515-525

研究発表

・女子大学生の「痩せ志向」に関する量的研究(共同)(2016.10) 第75回日本公衆衛生学会総会(於 大阪市)
・大学内飲食施設における学生の昼食選択支援対策の改善に関する質的研究(共同)(2015.11) 第74回日本公衆衛生学会総会(於 長崎市)
・女子大学生の「痩せ志向」に関する質的研究(共同)(2014.10) 第73回日本公衆衛生学会総会(於 宇都宮市)
・椙山女学園における食育に関する取組(単独)(2013.10) 第72回日本公衆衛生学会総会(於 津市)
・発達障害の特性がある子どもの早期の気づきと家族を含めた支援に係る体制のあり方に関する一考察(単独)(2013.9) 第60回日本小児保健協会学術集会(於 東京)
・保育所と幼稚園における発達障害のある子ども・「気になる子」の状況について(単独)(2012.10) 第59回日本小児保健協会学術集会(於 岡山市)

その他の研究活動

・母と子の健康を支援する手帳制度の変遷(単独)(2012.8) 小児科臨床第65巻第8号 pp.1767-1777
・母子健康手帳の歴史(単独)(2013.12) チャイルドヘルス第16巻第12号 pp.828-832 

教     育     業     績
授業科目

子どもの保健ⅠA(発育・疾病等)、子どもの保健ⅠB(公衆衛生)、子どもの保健Ⅱ、子どもの食と栄養、卒業研究
大学院教育研究科(発達障害学特論)
看護学部兼担(公衆衛生学、保健統計学、疫学、保健医療福祉行政論Ⅰ、健康障害(小児)、小児看護概論、保健医療福祉行政論Ⅱ、統合看護論、人間論(食育))

その他の教育活動

椙山女学園食育推進センターでの活動
教員免許状更新講習講師
食育・神経発達症(発達障害)などに関する講演

そ        の        他
社会活動

岐阜市子ども・若者総合支援センター事業推進委員会副委員長
岐阜市子ども・若者総合支援センター医師嘱託員
日本公衆衛生学会認定専門家
社会医学系専門医協会指導医・専門医

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/