椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

早川 操

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

教育学部 子ども発達学科
教育学研究科  教育学専攻 (修士課程)

氏名

早川 操

職階

教授

学歴

コロンビア大学大学院Ph.D.課程教育哲学専攻 修了

学位

Ph.D.(哲学博士)

職歴
昭和57年4月
市邨学園短期大学保育科講師
昭和60年3月まで
昭和60年4月
同短大助教授
昭和62年3月まで
昭和62年4月
名古屋大学教育学部助教授
平成10年3月まで
平成2年4月
名古屋大学大学院国際開発研究科助教授(協力講座)
平成6年3月まで
平成10年4月
名古屋大学教育学部教授
平成27年3月まで
平成12年4月
名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授
平成27年3月まで
平成16年4月
名古屋大学総長補佐(国際連携)
平成20年3月まで
平成20年4月
名古屋大学大学院教育発達科学研究科副研究科長
平成22年3月まで
平成22年4月
名古屋大学大学院教育発達科学研究科研究科長
平成25年3月まで
平成27年3月
名古屋大学退職

平成27年4月
名古屋大学名誉教授

平成27年4月
椙山女学園大学教育学部教授
現在に至る
平成28年4月
椙山女学園大学大学院教育学研究科研究科長
平成28年3月まで
平成29年4月 椙山女学園中学校・高等学校校長 平成31年3月まで
専門分野

教育学

研究テーマ

ジョン・デューイの教育理論の研究
現代教育改革の動向についての研究
問題解決学習や児童中心主義教育の研究

所属学会

日本教育学会、日本デューイ学会、教育哲学会、日本高等教育学会

研     究     業     績
著書

『デューイの探究教育哲学—相互成長をめざす人間形成論再考』名古屋大学出版会、1994年。

『日本のデューイ研究と21世紀の課題』(共著)世界思想社、2010年10月、43-56頁。

『教育と学びの原理 変動する社会と向き合うために』(共著)名古屋大学出版会、2015年7月、1-23頁。

『プラグマティズムを学ぶ人のために』(共著)世界思想社、2017年4月、203-217頁。

論文

学術論文:“The Search for a New Role of Liberal Education in an Age of Globalization: The Challenge of Transferable Skills to Liberal Knowledge at Japanese Colleges and Universities,” Asia Pacific Education Review, Vol. 15, No.1, March, 2014, pp.89-97. DOI 10.1007/s12564-013-9302-9

学術論文:「「深い学習」とは―大学教育は「転移可能性」を教えられるのか」『教育哲学研究』第109号、2014年6月、93-98頁。

学術論文:「デューイ「実験室学校」における反省的美的経験による教育―オキュペーション・カリキュラムを通じての想像力の育成―」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)』第60巻第2号、2014年3月、1-18頁。

学術論文:「デューイの美的経験論における実験主義的特徴―「一つの経験」と「質的思考」の意義再考―」『日本デューイ学会紀要』第55号、2014年10月、65- 74頁。

学術論文:「デューイの『思考の方法』に見る実験主義的想像力の展開」『日本デューイ学会紀要』第55号、2015年10月、41-50頁。

「大学教育における汎用的知識技能の育成とその課題」『教育哲学研究』第113号、2016年5月、37-43頁。( “The Education of Transferable Skills at Japanese Universities,” English E-Journal of the Philosophy of Education, Vol.1, 2016, pp.33-40.同論文の英語訳)

「深い学習による汎用力育成のためのカリキュラム開発の課題—次期学習指導要領に見る「主体的・対話的で深い学び」の意義—」『椙山女学園大学教育学部紀要』Vol.10, 2017年3月、131-147頁。

研究発表

研究発表: “Japanese University Education in Transition: The Search for A New Paradigm in Teaching and Learning,” The Conference of Innovating Teaching for Transformative Learning, Center for Faculty Development, Fudan University, May 18,2013.

研究発表:「デューイの美的経験論における実験主義的特徴-ひとつの経験と質的思考の意義再考-」日本デューイ学会第57回研究大会,新潟青陵大学、2013年9月22日

研究発表:「反省的美的経験による想像力の育成―デューイ実験室学校の実践事例分析より―」日本教育方法学会第49回大会,埼玉大学,2013年10月6日

研究発表:「デューイの『思考の方法』に見る実験主義的想像力の展開」(日本デューイ学会第56回大会、同志社大学、2014年10月3日)

研究発表:「汎用的技能の育成とわが国の大学教育の行方―「学士力」育成の背後にある教育観とその課題―」教育哲学会第58回大会「課題研究 教育哲学の「現場」としての高等教育」奈良女子大学、2015年10月11日。

早川操「デューイの実験的探究と21世紀の教育」日本デューイ学会第60回研究大会シンポジウム「デューイ研究の現在・過去・未来 —学会60周年を記念して—」岐阜大学、2016年9月18日。

学術賞の受賞状況

日本デューイ学会研究奨励賞、1988年9月

科学研究費助成事業
採択状況

科研費:基盤研究(C)米国進歩主義教育期と現代における「公共性志向の学校改革」に関する研究( 1998年4月-2001年3月)
科研費:基盤研究(C)デューイ教育理論における公共的道徳的探究の意義とその現代的系譜に関する研究 (2002年4月-2006年3月)
科研費:基盤研究(C)デューイの国際的教育文化理論の現代的意義に関する研究( 2007年4月-2011年3月)
科研費:基盤研究(C)デューイの協働的探究教育理論に根ざした希望の教育学構築に関する研究( 2011年年4月-2014年3月)
科研費:基盤研究(C)デューイの反省的美的探究教育理論から見た実験室学校における教育実践の現代的意義(2014年4月-2017年3月)
科研費:基盤研究(C)デューイの反省的思考に根ざした道徳教育理論の現代的意義(2017年4月-2021年3月)

教     育     業     績
授業科目

教育本質論、カリキュラム論、ケース・メソッドI、ケース・メソッドII、教職実践演習

教育思想特論

そ        の        他
社会活動

日本デューイ学会 常任理事2016年10月-2019年9月
教育哲学会 常任理事2016年11月-2019年9月

学部教員紹介ページ

http://www.edu.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index2.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/