椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

広瀬 正浩

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

国際コミュニケーション学部 表現文化学科

氏名

広瀬 正浩

職階

准教授

学歴

名古屋大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程後期課程 単位取得後退学

学位

博士(文学)

職歴
平成12年4月
東海高等学校非常勤講師
(平成15年3月まで)
平成13年4月
岐阜工業高等専門学校非常勤講師
(平成15年3月まで)
平成15年4月
東海高等学校教諭
(平成23年3月まで)
平成17年4月
愛知淑徳大学文化創造学部(メディアプロデュース学部に改組)非常勤講師
(現在に至る)
平成21年4月
甲南女子大学文学部非常勤講師
(平成22年8月まで)
平成23年4月
椙山女学園大学国際コミュニケーション学部専任講師
(平成26年3月まで)
平成23年4月
愛知教育大学教育学部非常勤講師
(現在に至る)
平成26年4月 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部准教授 (現在に至る)
専門分野

日本近現代文学、聴覚文化論

研究テーマ

・人工的(文化的/機械的)に構築される聴覚的想像力 (テクノミュージック、ボーカロイド、声優、など)
・文学、アニメなどにおける社会問題の描き方
・現実とフィクションの関係性

所属学会

日本文学協会、日本近代文学会、昭和文学会、日本ポピュラー音楽学会、名古屋大学国語国文学会、日本近代文学東海支部、日本映像学会

研     究     業     績
著書

・『戦後日本の聴覚文化 音楽・物語・身体』 単著 平成25年9月発行 青弓社
・『ライトノベル・フロントライン3』 共著 平成28年12月発行 青弓社
・『〈東海〉を読む-近代空間と文学』 共著 平成21年6月発行 風媒社
・『中京大学文化科学叢書10 メディアの中の子ども』 共著 平成21年3月 勁草書房
・『ナイトメア叢書3 妖怪は繁殖する』 共著 平成18年12月発行 青弓社
・『ロボットの文化史 機械をめぐる想像力』 共著 平成16年12月発行 森話社

論文

・「二〇一五年の松本隆の発見と喪失―一九七〇年代「ニューミュージック」の歌詞の成立(1)」 単著 平成28年3月 『言語と表現 研究論集』13 pp.5〜17
・「声優が朗読する「女生徒」を聴く―声と実在性の捉え方」 単著 平成27年9月 『昭和文学研究』71 pp.15〜27
・「現実逃避する少女たち-『中二病でも恋がしたい!』『魔法少女まどか☆マギカ』論」 単著 平成27年3月 『椙山女学園大学研究論集 人文科学篇』46 pp.51〜62
・「「エア友達」と話すという現実-平坂読『僕は友達が少ない』論」 単著 平成27年3月 『言語と表現 研究論集』12 pp.39〜50
・「虚構的な「日系人」の戦略-一九七〇年代の細野晴臣のアメリカについての思考」 単著 平成25年3月 『椙山女学園大学研究論集 人文科学篇』44

研究発表

・研究発表:「声優が朗読する「女生徒」を聴く 声と実在性の捉え方」 単独 平成27年5月9日 昭和文学会第65回研究集会(於 横浜国立大学)

科学研究費助成事業
採択状況

・科研費:基盤研究(C) 1970年代以降の日本の大衆音楽における「ニューミュージック」に関する総合的研究 共同研究(研究代表者:広瀬正浩) 平成27年4月〜平成30年3月

教     育     業     績
授業科目

表現・コミュニケーション研究IA・IB・ⅡA・ⅡB、日本文学史(近代)、日本文学史(現代)、国語科の指導法Ⅲ・Ⅳ、アニメ・マンガ文化論

その他の教育活動

「アニメ・マンガ研究支援プロジェクト」の運営

そ        の        他
社会活動

・イベント「イケボの聞こえる風景 あなたの知らない声優史」 Theater Cafe・梶川瑛里との共催 平成28年6月19日 Theater Cafe(名古屋市中区)

学部教員紹介ページ

http://www.scs.sugiyama-u.ac.jp/about/teachers/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/