椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

川野 紀江

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

生活科学部 生活環境デザイン学科

氏名

川野 紀江

職階

講師

学歴

横浜国立大学工学部建設学科建築学専攻課程 卒業

学位

博士(工学)

職歴
平成 1年 4月
(株)INAX
(平成 3年12月まで)
平成 4年 4月
椙山女学園大学生活科学部助手
(平成22年3月まで)
平成22年4月
椙山女学園大学生活科学部助教
(平成29年3月まで)
平成29年4月 椙山女学園大学生活科学部講師 (現在に至る)
専門分野

建築学(建築計画・建築社会システム)

研究テーマ

児童の安全に着目した小学校施設の再生に関する研究、公共施設のFMに関する研究、集合住宅・団地の再生に関する研究、住宅の価値評価に関する研究

所属学会

日本建築学会、都市住宅学会、こども環境学会

研     究     業     績
論文

・「市民集会施設機能の小学校施設での受入れに関する研究 -西尾市を事例とした小学校施設ストックの地域との複合利用条件の設定-」(査読付)(共著)(2016.8)(社)日本建築学会計画系論文集No726 pp.1755-1763
・「市民集会施設における利用者アクティビティと団体属性や室特性に関する研究-愛知県西尾市を対象として その1-」(査読付)(共著)(2015.11)(社)日本建築学会計画系論文集No717 pp.2617-2624 
・「UR FREESTYLE HOUSE (Part 2) - Possibilities of rental units by means of D.I.Y. renovation in Japan -」(査読付)(共著)(2014.8)UIA 2014 DURBAN CONGRESS PROCEEDINGS,
ISBN 978-0-86970-783-8, pp.931-937
・「高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布からみた再生手法に関する考察 」(査読付)(共著)(2014.3)(社)日本建築学会計画系論文集No697 pp.677-684
・「小学校施設の防犯性能に関する研究 ― 境界・領域に着目した安全管理の取り組みと課題」(査読付)(共著) (2011.8)(社)こども環境学会 こども環境学研究第7巻第1号(通巻18号) pp.92-99
・周辺住宅地の住環境に着目した小学校施設の地域利用に関する研究-シドニー・ロンドン事例校の利用実態と安全性の評価-(査読付)(共著)(2009.11) 都市住宅学会 都市住宅学67号 pp.32-37

研究発表

・「米国のランドバンク・システムに関する考察」村上心・川野紀江他2名 (2015.9)日本建築学会大会オーガナイズドセッション pp.301-304
・「公共施設キャパシティの分析と愛知県西尾市におけるケーススタディ アクティビティとキャパシティの視点による公共施設マネジメントの提案 その2」柴田美里・恒川和久・太幡英亮・村上心・川野紀江他2名(2015.9)日本建築学会大会学術講演梗概集F-1 pp.7-8
・「市民集会施設における利用者アクティビティと団体属性や室特性に関する研究 愛知県西尾市を対象として その1」柴田美里・恒川和久・太幡英亮・村上心・川野紀江他2名(2014.9)日本建築学会大会学術講演梗概集F-1 pp.161-162
・「各都市事例調査を通じた施設評価指標の提案 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その1」川野紀江・平手千裕・南澤智規・村上心 他3名(2012.9) 日本建築学会大会学術講演梗概F-1 pp.183-184

学術賞の受賞状況

・人間-生活系環境学会 論文賞(大野秀夫・川野紀江 他2名) 2007.12
(「The Preferred Shower Temperatures with Post-shower Pyhsiological and Subjective Responses for Young Females in Summer and Winter Experiments」Journal of the Human-Environmental System Vol4 No.1 pp.61-68)

科学研究費助成事業
採択状況

・科学研究費 基盤研究(C) 「韓国・マレーシア・シンガポール戦後ニュータウンの各国固有文化を踏まえた再生手法」平成18-19年度 代表者 村上心・分担者 川野紀江他2名
・科学研究費 基盤研究(B)海外 「安全に着目した英・豪の小学校空間の計画手法」平成19-21年度 代表者 村上心・分担者 川野紀江 他1名
・科学研究費 基盤研究(C)「組織と合意形成手法に着目した韓国・マレーシア・シンガポール戦後ニュータウンの再生」平成20-22年度 代表者 村上心・分担者 川野紀江 他1名
・科学研究費・基盤研究(C)「人口減少時代における公共施設ストックのファシリティマネジメント手法」平成24-26年度 代表者 村上心・分担者 川野紀江 他4名
・科学研究費・基盤研究(B)「施設キャパシティと利用者アクテビティの適合による広域横断型の地域施設再編」平成27-29年度 代表者 恒川和久(名古屋大学)・分担者 太幡英亮・小松尚・村上心・川野紀江他5名
・科学研究費・基盤研究(C)「主体の権利種別と役割分担に着目した公的団地再生のプロジェクトマネジメント手法」平成29-31年度 代表者 村上心・分担者 青木茂・川野紀江・清水秀丸

その他の研究活動

・(社)日本建築学会大会 研究懇談会「集合住宅の再生のための建築社会システム ~市場での適正評価を目指して~」2011.8.24.記録 日本建築学会 建築雑誌 2012.2. pp51
・(社)都市住宅学会全国大会 ワークショップ「縮小時代を迎えたニュータウンの展望」2011.12.11.記録 都市住宅学会 都市住宅学77号 2012.5. pp75-80
・組織と合意形成手法に着目した韓国・マレーシア・シンガポール戦後ニュータウンの再生報告書(共著)(2011.6) 文部省科学研究費基盤研究(C)報告書
・住宅再生による価値向上の定量化に関する研究報告書(共著)(2012.1) トステム建材産業振興財団助成報告書
・安全に着目した英・豪小学校空間の計画手法(共著)(2010.3) 文部省科学研究費基盤研究(B)海外報告書

教     育     業     績
授業科目

基礎製図 生活環境デザイン 生活環境デザイン演習 建築・インテリア企画・設計論Ⅰ 建築企画・設計論Ⅲ 建築・企画設計論Ⅳ 建築・インテリア実習Ⅰ 建築設計実習Ⅱ デザイン企画演習B 空間CAD・CG演習Ⅰ 生活環境ゼミナール 卒業研究

その他の教育活動

・「持続可能なUR賃貸団地構築活動」(学生指導) 2014年度~継続中
・「カラーリノベーションハウス」(UR)プロジェクト参加(学生指導) 2013年度
・「URフリースタイルハウス」プロジェクト参加(学生指導) 2012年度

そ        の        他
社会活動

・椙山女学園大学生活科学部持続可能なUR団地構築ユニット・ユニット員としてURとの包括協定に関する一連の企画に参加 2014年度~
・あいちゆとりある住まい推進協議会 平成26年度総会記念講演会 講師「集合住宅のリノベーション~高蔵寺ニュータウンでのプロジェクト」於:名古屋ガーデンパレス、2014.6.6.
・(社)都市住宅学会中部支部講演会 講師「小学校施設の地域利用と防犯計画 ~イギリス・オーストラリアの事例から~」於:名城大学、
2011.12.3.

学部教員紹介ページ

http://www.he.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/