椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

藤原 直子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 人間関係学科
人間関係学研究科  人間関係学専攻 (修士課程)

氏名

藤原 直子

職階

教授

学歴

名古屋大学大学院教育学研究科博士課程(後期課程)教育学専攻  単位取得満期退学

学位

教育学修士

職歴
平成 7年9月
近畿大学豊岡女子短期大学ユニチカ学園教室非常勤講師「道徳教育」
(平成8年3月まで)
平成 8年4月
名古屋大学情報文化学部基礎セミナー・差別論ゼミチューター
(平成9年3月まで)
平成 8年4月
名古屋大学教育学部留学生チューター
(平成9年3月まで)
平成 9年4月
掖済会名古屋看護専門学校非常勤講師「教育学・家族社会学」
(平成12年3月まで)
平成 10年4月
名古屋大学大学院教育学研究科教育原論TA
(平成11年3月まで)
平成 10年11月
東京アカデミー(名古屋校)非常勤講師教員採用試験コース「教育原理」
(平成12年3月まで)
平成 11年4月
愛知県立総合看護専門学校非常勤講師「家族社会学」
(平成12年3月まで)
平成 11年4月
名古屋柳城短期大学非常勤講師保育内容指導法「環境Ⅰ」
(平成21年3月まで)
平成 12年4月
椙山女学園大学人間関係学部講師
(平成15年3月まで)
平成 15年4月
椙山女学園大学人間関係学部助教授
(平成19年3月まで)
平成 19年4月
椙山女学園大学人間関係学部准教授
(平成23年3月まで)
平成 24 年 4 月 椙山女学園大学人間関係学部教授 (現在に至る)
専門分野

教育学、ジェンダー論

研究テーマ

フェミニスト・ペダゴジー研究、教育とセクシュアル・マイノリティ研究

所属学会

日本教育社会学会、教育思想史学会、日本デューイ学会、教育哲学会、中部教育学会、日本スポーツとジェンダー学会

研     究     業     績
著書

・『教育と学びの原理』(共著)(2015.6) 名古屋大学出版会
・『ライフスタイルからみたキャリア・デザイン』(共著)(2014.4) ミネルヴァ書房
・『希望をつむぎだす幼児教育 』(共著)(2013.7) あいり出版
・『身体・性・生 個人の尊重』とジェンダー(共著)(2012.8) 尚学社
・『越境するジェンダー研究』(共著)(2010.6) 明石書店
・新しい教育の原理 変動する時代の人間・社会・文化(共著)(2005.3) 名古屋大学出版会

論文

・「体育・スポーツ関連学部の大学生を対象としたスポーツと性的マイノリティに関する調査結果 第2報 性別、LGBTの知人の有無、競技レベルに着目して」【研究ノート】(共著)(2016.3)スポーツとジェンダー研究vol.15 pp.21-32.
・「名古屋の女子教育の変遷」(共著)(2015.3) 「椙山女学園大学研究論集」第46号社会科学篇 pp.51-61.
・「体育・スポーツ関連学部の大学生を対象としたスポーツと性的マイノリティに関する調査結果【研究ノート】(共著) (2014.3)スポーツとジェンダー研究vol.12 pp.68-79.
・「女性のライフスタイルに関する授業の効果分析(1)-キャリア意識に着目して- (単著)(2014.3) 椙山女学園大学「人間関係学研究」第12号  pp.93-104.
・「性的マイノリティのスポーツ参加−学校におけるスポーツ経験についての調査から−(共著)(2011)スポーツとジェンダー研究9巻 pp.43—52.
・「ケースメソッド授業からみたセクシュアリティに関する女子学生の関心の推移-2000-2008年度における学生の問題意識を中心として-(単著)(2009.3) 椙山女学園大学「人間関係学研究」第7号  pp.93-105.
・フェミニスト・ペタゴジーの理論的動向と課題(単著)(2007.3) 人間関係学研究第5号(椙山女学園大学) pp.81-88.
・女子大学でジェンダーを学ぶということ―授業アンケートからみた学生の意識―(単著)(2005.3) 財団法人東海ジェンダー研究所 pp.73-86

研究発表

・「アメリカにおけるフェミニズムと教育研究の展開」(共同)(2014.9)教育哲学会第57回ラウンドテーブル (於 日本女子大学)
・「教育学におけるフェミニスト・アプローチの豊穣性」(共同)(2013.10) 教育哲学会第56回ラウンドテーブル (於 神戸親和女子大学)
・「ジェンダー化された職域における「男女」協同のために-ジェンダーの視点からの示唆-」(2012.9)第14回日本看護医療学会学術集会 (於 椙山女学園大学)
・「ゲイ/レズビアン・スポーツサークルへの参加要因――ヘテロノーマティヴィティと社交志向」(共同)(2011.7.2)スポーツジェンダー学会第10回大会(於 中京大学)

学術賞の受賞状況

日本デューイ学会研究奨励賞(2001.10)

その他の研究活動

・女子高等教育学校のキャリア教育に関する研究(共著)(2017.3) 椙山人間学研究2016年度
・女子大生のキャリアデザインと女子大学のキャリア教育に関する研究−専門職養成学部を中心に−(共著)(2016.3) 椙山人間学研究2015年度
・女子大生のキャリアデザインと女子大学のキャリア教育に関する研究(共著)(2015.3) 椙山人間学研究2014年度
・女子大学におけるキャリア教育の比較研究(共著)(2014.3) 椙山人間学研究2013年度
・女子大生のライフスタイルの将来展望に関する近年の動向分析 (共著)(2013.3) 椙山人間学研究2012年度
・女子大卒業生のライフコースと女子大学の特性に関する研究-20代から80代の卒業生へのインタビュー調査を手掛かりに-(共著)(2012.3) 椙山人間学研究2011年度
・ Women's Studiesをめぐる差異のポリティクス(共著)(2010.6) 教育哲学研究第101号
・ゲイゲームズにおいてセックスとスポーツをトランスジェンダーすること(翻訳)(2009.3) スポーツとジェンダー研究Vol.7

教     育     業     績
授業科目

教育、ジェンダー・セクシュアリティ論Ⅰ、Ⅱ、ライフスタイルと人間関係、ケースメソッド、演習、卒業論文

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/