椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

門屋 亨介

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

生活科学部 管理栄養学科

氏名

門屋 亨介

職階

准教授

学歴

麻布大学環境保健学部衛生技術学科卒業、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科細胞生物学専攻博士前期課程修了、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科細胞生物学専攻博士後期課程単位取得退学

学位

博士(バイオサイエンス)奈良先端科学技術大学院大学 平成14年

職歴
平成13年4月
花王株式会社 生物科学研究所 研究員
(平成18年3月まで)
平成18年5月
National Institute of Health, National Cancer Institute, Visiting Fellow
(平成23年4月まで)
平成23年5月
北海道大学低温科学研究所生物環境部門微生物生態学研究室 博士研究員
(平成25年3月まで)
平成25年4月
北海道大学大学院工学研究院応用化学部門生物工学分野バイオ分子工学研究室 CREST博士研究員
(平成29年3月まで)
平成29年4月
東京農業大学生命科学部分子生命科学科生命高分子化学研究室 CREST博士研究員
(平成29年6月まで)
平成29年7月
東京農業大学生命科学部分子生命科学科 博士研究員
(平成30年3月まで)
平成30年4月
東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター食品病原微生物学研究室 特任助教
(平成31年3月まで)
平成30年4月
明治大学応用微生物学研究所 客員研究員
(現在に至る)
平成31年4月 椙山女学園大学生命科学部管理栄養学科 准教授 (現在に至る)
専門分野

食生活学、ゲノム生物学、応用微生物学

研究テーマ

微生物と環境・生活とのかかわり合いを科学的に解明する。
・食品病原微生物に作用する抗菌活性物質の解明
・食肉フードチェーンにおける各種食品病原微生物の汚染状況の調査
・廃棄バイオマスを用いた有用物質の微生物生産

所属学会

日本ゲノム微生物学会、日本農芸化学会、日本生物工学会、日本細菌学会

研     究     業     績
著書

・「カラー 生化学」第4版(共著:共訳)西村書店(2015)

論文

・Changed bacterial community in the river water samples upon introduction of biodegradable poly(3-hydroxybutyrate). 共著. 2020. Polymer Degradation and Stability 176: pp-109144
・Enhanced production of lactate-based polyesters in Escherichia coli from a mixture of glucose and xylose by Mlc-mediated catabolite derepression. 共著、2018. Journal of Bioscience and Bioengineering. 125(4): 365-370
・Genome-wide screening of transcription factor deletion targets in Escherichia coli for enhanced production of lactate-based polyesters. 共著、2017. Journal of Bioscience and Bioengineering. 123(5): 535-539
・Xylose-based hydrolysate from eucalyptus extract as feedstock for poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate) production in engineered Escherichia coli. 共著、2016. Process Biochemistry. 54: 102-105
・Proteome analysis of Pseudomonas putida F1 genes induced in soil environments. 共著、2016. Environmental Microbiology Reports. 8(5): 825-832
・Indirect positive effects of a sigma factor RpoN deletion on the lactate-based polymer production in Escherichia coli. 共著、2015. Bioengineered. 28: 307-311
・Molecular weight-dependent degradation of D-lactate-containing polyesters by polyhydroxyalkanoate depolymerases from Variovorax sp. C34 and Alcaligenes faecalis T1. 共著、2015. pplied Microbiology and Biotechnology. 99(22): 9555-9563
・MtgA Deletion-Triggered Cell Enlargement of Escherichia coli for Enhanced Intracellular Polyester Accumulation. 共著、2015. Plos One. 10(6): e0125163
・Enhanced cellular content and lactate fraction of the poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate) polyester produced in recombinant Escherichia coli by the deletion of σ factor RpoN. 共著、2015. Journal of Bioscience and Bioengineering. 119(4): 427-429
・Protein co-migration database (PCoM-DB) for Arabidopsis thylakoids and Synechocystis cells. 共著、2013. Springerplus. 2(148): 1-21
・Genome-wide analytical approaches using semi-quantitative expression proteomics for aromatic hydrocarbon metabolism in Pseudomonas putida F1. 共著、2013. Journal of Microbiological Methods. 91(3): 434-442
・Insensitivity of Chromosome I and the Cell Cycle to Blockage of Replication and Segregation of Vibrio cholerae Chromosome II. 共著、2013. mBio. 3(3): e00067-12
・Participation of Chromosome Segregation Protein ParAI of Vibrio cholerae in Chromosome Replication. 共著、2012. Journal of Bacteriology. 193(3): 1504-1514
・Cell size and the initiation of DNA replication in bacteria. 共著、2012. PLOS Genetics. 8(3): e1002549
・Enhanced recombinant protein productivity by genome reduction in  Bacillus subtilis. 共著、2008. DNA Research. 15(2): 73-81

研究発表

・新たな汚染指標細菌候補である Streptococcus suis の豚肉フー ドチェーン内汚染状況調査(共同)令和2年2月 第93回日本細菌学会総会(於:ウインクあいち)
・生分解性プラスチック(poly-3-hydroxybutyrate)分解菌の分離・同定(共同)令和元年6月 日本微生物資源学会26回大会(於:山梨大学大村記念ホールおよび大学会館)
・鶏肉のカンピロバクター汚染に関する市販鶏肉表面の細菌叢の調査(共同)平成31年4月 第92回日本細菌学会総会(於:札幌コンベンションセンター)
・生分解性プラスチックの河川細菌叢への影響(共同)平成31年3月 日本農芸化学会2018年度大会(於:東京農業大学)
・微生物群衆解析による生分解性プラスチック河川への影響(共同)平成31年3月 日本農芸化学会2018年度大会(於:東京農業大学)
・転写因子欠失株を用いた乳酸ベースバイオプラスチック生産大腸菌のリモデリング(共同)平成30年3月 日本農芸化学会2017年度大会(於:名城大学)
・転写因子欠失株を用いたバイオプラスチック生産大腸菌のリモデリング(共同) 平成29年8月 2017年度グラム陽性菌ゲノム機能会議(於:KKRホテル熱海)

科学研究費助成事業
採択状況

科研費:基盤研究(C):納豆菌を用いた鶏腸内に生息するカンピロバクター駆逐と腸内フローラへの影響 門屋 亨介(代表)平成31年度ー平成33年度

その他の研究活動

・乳酸ベースバイオプラスチックの創成と「風船型」微生物工場の誕生 共著 平成26年1月 コンバーテック
・植物バイオマスから微生物バイオポリマー生産のための一貫プロセス開発 共著 平成25年12月 高分子論文集
・Creation of novel technologies for extracellular protein production toward the development of Bacillus subtilis genome factories, Microbial Production 共著 平成25年11月 From Genome Design to Cell Engineering
・枯草菌のミニマムゲノムファクトリー 共著 平成19年12月 シーエムシー出版

教     育     業     績
授業科目

微生物学、食品衛生学、食品安全学、食品衛生学実験、専門演習、卒業研究、ファーストイヤーゼミ

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://nutr.food.sugiyama-u.ac.jp/staffs/197_staff.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/