椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

谷口 俊治

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

文化情報学部 メディア情報学科

氏名

谷口 俊治

職階

教授

学歴

名古屋大学大学院文学研究科後期博士課程 単位取得後退学

学位

文学修士

職歴
昭和 63年4月
椙山女学園大学短期大学部常勤講師
(平成3年4月まで)
平成 3年4月
椙山女学園大学短期大学部助教授
(平成12年3月まで)
平成 11年4月
スウェーデン、ルンド大学工学部交通計画工学科において研修
(平成12年3月まで)
平成 12年4月
椙山女学園大学文化情報学部文化情報学科教授
(平成23年3月まで)
平成 23年4月 椙山女学園大学文化情報学部メディア情報学科教授 (現在に至る)
専門分野

人間行動心理学

研究テーマ

交通事故のメカニズム分析と抑止対策、メディア・情報による人間行動の変容メカニズムの分析

所属学会

日本心理学会、日本交通心理学会、日本応用心理学会、ICTCT(International Co-operation on Theories and Concepts in Traffic Safety)

研     究     業     績
著書

・メディアと人間-メディア情報学へのいざない(共編著)(2014.2) ナカニシヤ出版

論文

・小学生の自転車運転行動に関する調査-日常行動と交通行動の関連-(共著)(2017.3) 椙山女学園大学研究論集第48号(社会科学編) pp.71-80
・共感化‒システム化モデルによる自動車運転時の危険経験の検討(共著)(2016.3) 椙山女学園大学研究論集第47号(社会科学編) pp.101-113
・身体メディアとしての美容・化粧行動に及ぼす理想の女性像と自意識,他者意識の影響―女子大学生による予備的検討―(共著)(2016.3) 椙山女学園大学文化情報学部紀要第15巻 pp.89-106
・The analysis of drivers’ hazard detecting ability using Empathizing – Systemizing model(共著)(2015.7) Transportation Research Part F, 33 pp.106-116
・交通安全のための認知的適応方略としての心理学的視点(単著)(2015.3) 椙山女学園大学文化情報学部紀要第14巻 pp.53-63
・中学生・高校生対象の自転車交通安全教育実施に関する感情、認知、行動特性~教習指導員、技能検定員と安全運転管理者、運行管理者との比較検討~(2014.9) 交通科学, 45(1) pp.28‐37
・交通安全キャンペーン映像の認知特性と運転者の個人特性(共著)(2014.3) 椙山女学園大学文化情報学部紀要第13巻 pp.89-100
・映像メディアによる安全運転態度の動機づけに関する予備的研究―海外のTVキャンペーンの活用―(共著)(2013.3) 椙山女学園大学文化情報学部紀要第12巻 pp.35-43
・テレビゲーム利用の実態と関連動機-女子大学生による予備調査-(単著)(2010.3) 椙山女学園大学文化情報学部紀要第9巻第2号 pp.11-23
・The Target Safety of a Driver’s Safety Dependence Comparing with the Target Risk of Risk Compensation(単著)(2010.3) 椙山女学園大学研究論集第41号(社会科学編) pp.67-74
・大学生のPCとウェブの利用に関する予備調査(単著)(2010.2) 椙山女学園大学文化情報学部紀要第9巻第1号 pp.23-37

研究発表

・Learning of Mannered Driving by Knowing own Cognitive Style of Empathizing-Systemizing(単独)(2016.10) 29th ICTCT* Workshop in Lund, Sweden *International Co-operation on Theories and Concepts in Traffic Safety
・自動車教習所指導員の個人特性と日常生活、交通行動及び日常業務との関連(中間報告)(共同)(2013.6) 日本交通心理学会第78回大会(於比治山大学)
・Cognitive Characteristics of Traffic Safety Advertisement: Factor Structure and Driver’s Individual Traits(単独)(2012.11) 25th ICTCT* Workshop in Hasselt, Belgium *International Co-operation on Theories and Concepts in Traffic Safety
・自転車運転行動を規定する心理要因の分析-中高生を対象とした質問紙調査データから-(共同)(2012.6) 日本交通心理学会第77回大会(於早稲田大学)
・映像メディアによる安全運転態度の動機づけ(1)-海外のキャンペーン映像の活用-(共同)(2011.6) 日本交通心理学会第76回大会(於 中京大学)
・映像メディアによる安全運転態度の動機づけ(2)-学科教習における試み-(共同)(2011.6) 日本交通心理学会第76回大会(於 中京大学)
・自動車教習所指導員を対象とした「交通安全教育」に関する調査(共同)(2011.6) 日本交通心理学会第76回大会(於 中京大学)
・Role of ITS to Control Uncontrollable Motivation and Error(単独)(2011.5) 6th ICTCT (International Co-operation on Theories and Concepts in Traffic Safety) Extra-Workshop in Tokyo-Chiba, Japan

教     育     業     績
授業科目

「データ解析入門」「メディア心理学」「データ収集法1(質問紙調査)」「メディア応用心理学」「データ解析論」「データ解析演習」「展開演習2」「卒業研究指導1」「卒業研究指導2」「卒業研究」

その他の教育活動

メディア情報学科SCP(Special Concierge Program,特別学修支援プログラム)コーディネータ

そ        の        他
社会活動

平成 13年4月 社団法人愛知県安全運転管理協議会特別講師(現在に至る)
平成 17年9月 愛知県道路標識改善懇談会委員 (現在に至る)
平成 20年4月 名古屋高速道路の交通マネジメントに関する調査研究委員会「安全対策部会」部会員 (現在に至る)
平成 20年6月 名古屋市大規模小売店舗立地審議会委員 (平成28年3月まで)
平成 23年5月 Co-organiser of 6th Extraordinary ICTCT* Workshop in Tokyo-Chiba, Japan
        *International Co-operation on Theories and Concepts in Traffic Safety
平成 23年6月 日本交通心理学会「交通心理学研究」編集委員長(平成26年3月まで)
平成 24年1月 第52回交通安全国民運動中央大会分科集会基調講演講師
平成 25年5月 一般社団法人愛知県指定自動車教習所職員法定講習講師 (現在に至る)
平成 27年4月 一般社団法人岐阜県自家用自動車協会講師(現在に至る)
平成 29年4月 日本交通心理学会「交通心理学研究」編集委員長(現在に至る)

学部教員紹介ページ

http://www.ci.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index_m.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/