椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

Quasha Steven Eric

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

現代マネジメント学部 現代マネジメント学科

氏名

Quasha Steven Eric

職階

准教授

学歴

マクォーリ大学大学院応用言語学研究科TESOL専攻修士課程 修了

学位

Master of Applied Linguistics; Master of Arts in Asian Studies

職歴
平成 2年9月
岐阜大学大学院農学研究科研究生(日米貿易摩擦)
(平成3年7月まで)
平成 4年9月
サンディエゴ州立大学人文学部助手「世界史・西欧文明」担当
(平成5年6月まで)
平成 6年6月
アスペクト・ランゲージ・スクール非常勤講師(英語)
(平成6年9月まで)
平成 6年10月
M&Cソフトウェア(岐阜市)ソフトウェアデザイナー
(平成8年3月まで)
平成 8年4月
名古屋短期大学英語コミュニケーション学科非常勤講師「英語」「英作文」担当
(平成9年3月まで)
平成 8年4月
名古屋明徳短期大学国際文化学科非常勤講師「英語」担当
(平成9年9月まで)
平成 8年4月
名古屋芸術大学音楽学部非常勤講師「英語」担当
(平成9年3月まで)
平成 9年4月
椙山女学園大学生活科学部非常勤講師「英語」担当
(平成13年3月まで)
平成 9年4月
中京大学法学部および文学部非常勤講師「英語」「英文学」担当
(平成13年9月まで)
平成 9年10月
岐阜聖徳学園大学外国語学部英米語学科専任講師
(平成13年9月まで)
平成 13年10月
椙山女学園大学生活科学部生活社会学科専任講師
(平成15年3月まで)
平成 15年4月
椙山女学園大学現代マネジメント学部現代マネジメント学科専任講師
(平成21年3月まで)
平成 16年4月
名古屋大学大学院工学研究科機械理工学専攻非常勤講師「科学技術英語特論」
(平成20年12月まで)
平成 17年4月
「任期を定める雇用」から「任期を定めない雇用」へと雇用形態の変更

平成 18年4月
名城大学人間学部非常勤講師「インターアクティブ・イングリッシュⅠ&Ⅱ」担当
(平成21年3月まで)
平成 21年4月
岐阜聖徳学園大学教育学部非常勤講師「Advanced Communicative English・Presentation Skills」担当
(平成27年3月まで)
平成 21年4月 椙山女学園大学現代マネジメント学部現代マネジメント学科准教授 (現在に至る)
専門分野

言語コミュニケーション

研究テーマ

Interactive Language Learning, Business English and TOEIC; Task-Based Learning

所属学会

JALT(全国語学教育学会)、International Language Testing Association

研     究     業     績
著書

・A Single Step to English Communication (単著) (2015.3) Gifu, Japan: Akebono Press. ISBN 978-4-905426-30-1
・How Would a Teacher-Marketer Motivate Student-Customers? (単著) (2015.2) Alexandria, VA: TESOL Press. Language Teaching Insights From Other Fields: Psychology, Business and Brain Science. Christopher Stillwell (ed.).
・A Single Step to English Communication 1A (単著) (2014.4) Gifu, Japan: Akebono Press. ISBN 978-4-905426-32-5
・A Single Step to English Communication 1B (単著) (2014.9) Gifu, Japan: Akebono Press. ISBN 978-4-905426-31-8
・International Marriages in Japan: Cultural Conflicts and Harmony(査読論文)(共著)(2012.1) Belmont,CA: Wadsworth Publishing Co.Intercultural Communication: A Reader, 13th ed. Larry A. Samovar, Richard E. Porter & Edwin R. McDaniel (ed.)
・Eメールの上手な使い方(単著)(2009.8)科学英語の書き方とプレゼンテーション―スライド・スピーチ・メールの実際。コロナ社
・Reinterpreting Japanese Business Communication in the Information Age(共著(2002.8)Belmont,CA: Wadsworth Publishing Co.Intercultural Communication: A Reader, 10th ed. Larry A. Samovar and Richard E. Porter (ed.)

論文

・Destination Weddings: The Allure of Maui(単著)(2017.3)椙山女学園大学現代マネジメント学部紀要「社会とマネジメント」第14巻 pp. 1-10
・A Focus Group Study on Effective Methods Using the EFL Production Phase(単著)(2016.3)椙山女学園大学現代マネジメント学部紀要「社会とマネジメント」第13巻 pp. 17-24
・Active Learning Using Business English Presentations(単著)(2015.3)椙山女学園大学現代マネジメント学部紀要「社会とマネジメント」第12巻 pp. 1-9
・Using Smartphones for Presentations (単著)(2014.1)椙山女学園大学現代マネジメント学部紀要「社会とマネジメント」第11巻 pp. 25-31
・Student Response Systems: An Overview for Ways to Get Students More Involved (単著)(2012.3)椙山女学園大学現代マネジメント学部紀要「社会とマネジメント」第9巻第2号 pp.19-24
・Exploring Personal Goals and Interaction with Others Through the Dream Map (単著) (2012.3) キャリア教育における「基礎的・凡庸的能力」の育成に関する実戦的研究:女性リーダー育成のための DUELプログラムの活用 学園研究A報告書 pp. 14-22
・Exploring Listening Practice for the TOEIC with English Podcasts(単著)(2008.9)椙山女学園大学現代マネジメント学部紀要「社会とマネジメント」第6巻第1号 pp.45-52

研究発表

・Tailoring Digital Music Material for Smartphone Learners (単独)(2016.5)Poster Session 全国語学教育学会・JALT Pan SIG 2016 Conference, 名桜大学、名護沖縄.
・Keeping Things in Tune: A Survey of Students Feelings About Using Music in Class (単独)(2016.5)全国語学教育学会・JALT Pan SIG 2016 Conference, 名桜大学、名護沖縄.
・Redefining the Production Phase of the PPP Model (単独)(2015.11)第41回全国語学教育学会・ JALT National Conference, 静岡グランシップ.
・How Would a Teacher-Marketer Motivate Student-Customers? (グループ発表) (2015.3). Book chapter presented at TESOL 2015 in Enhancing Language Teaching With Insights From Other Fields. Toronto, Canada.
・Tailoring Digital Music Material for the EFL Classroom (単独)(2015.1)全国語学教育学会・JALT 岐阜、岐阜駅16プラザ
・Tailoring a Reflective Portfolio to Promote Lifelong Learning for Japanese EFL Students (単独)(2014.5)全国語学教育学会・JALT (FLPSIGーFramework Language Portfolio SIG) Critical Constructive Assessment of CEFR-based Language Teaching in Japan and Beyond. Chukyo University, Nagoya.
・How Would a Teacher-Marketer Motivate Student-Customers? (グループ発表) (2014.3). Book chapter presented at TESOL 2014 in Enhancing Language Teaching With Insights From Other Fields. Portland, OR.
・Critical Thinking on the Fly: Engaging Learners in Presenting Classroom Activities (単独)(2012.7)全国語学教育学会・JALT 豊橋支部愛知大学
・Promoting Self-Regulated EFL Learning with Student Derived Short-Term Goal Setting 単独)(2011.7) 全国語学教育学会・JALT 大学外国語教育研究部会( CUE) Conference at 東洋学園大学
・Using Student Portfolios to Develop a Corpus of Foreign Loan Words in English(単独) (2010.2) 6th Cambodia TESOL Conference・Phnom Penh

学術賞の受賞状況

2009 全国語学教育学会・JALT - Best of JALT Presentation Award

その他の研究活動

・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2016.11)第132回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール
・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2015.10)第128回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール
・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2014.10)第125回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール
・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2013.10)第122回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール
・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2012.10)第119回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール
・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2011.10)第116回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール
・Emailによる効果的なコミュニケーション(単独)(2010.10)第113回講習会 科学英語によるプレゼンテーションの実践、日本機械学会東海支部、名古屋大学シンポジオンホール

教     育     業     績
授業科目

外国語・英語、ビジネス英語、ファーストイヤーゼミ

そ        の        他
社会活動

岐阜市地域総合研究所会員

学部教員紹介ページ

http://www2.mgt.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/