椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

髙植 幸子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

看護学部 看護学科

氏名

髙植 幸子

職階

准教授

学歴

愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻(博士後期課程)修了

学位

博士(看護学)

職歴
昭和61年4月
愛知県がんセンター看護婦(婦人科病棟)
(平成元年3月まで)
平成2年4月
名古屋自由学院短期大学・附属幼稚園保健婦(保健室)
(平成11年6月まで)
平成13年4月
三重大学医学部看護学科助手(基礎看護学講座)「看護技術論」「基礎看護学実習Ⅱ」
(平成16年3月まで)
平成15年5月
豪州 ラトローブ大学(Latrobe University)国際プログラム看護学(修士課程)(通信教育課程)非常勤講師「専門的看護教育」「上級看護の実践」
(平成22年3月まで)
平成16年4月
三重大学医学部看護学科講師(基礎看護学講座)「看護技術論Ⅰ」「基礎看護学実習Ⅱ」
(平成17年5月まで)
平成17年4月
社会福祉法人太陽の里さわやか福祉専門学校非常勤講師「介護概論」
(平成22年3月まで)
平成17年6月
三重大学医学部看護学科助教授(基礎看護学講座)「看護技術論Ⅰ」「看護システム論Ⅰ」
(平成19年3月まで)
平成19年4月
三重大学医学部看護学科准教授(基礎看護学講座)「看護技術論Ⅰ」「看護技術論Ⅱ」
(平成22年3月まで)
平成21年7月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学看護学部看護学科准教授「ファーストイヤーゼミ」「フィジカルアセスメント学演習」「看護過程展開論演習(ケースメソッドを含む。)」「基礎看護技術学演習Ⅰ(安全・安楽確保の援助技術)」「基礎看護技術学演習Ⅱ(生活行動の援助技術)」「早期体験実習」「基礎看護技術学実習」「看護過程展開論実習」「総合技術論演習」「原書講読・研究序論」「看護研究(卒業論文)」の資格有りと判定

平成22年4月 椙山女学園大学看護学部看護学科准教授 (現在に至る)
専門分野

看護(科)学

研究テーマ

排泄ケア、看護技術、看護技術教育

所属学会

日本看護科学会、日本看護技術学会、日本看護学教育学会、日本看護研究学会、日本老年泌尿器科学会、日本排尿機能学会、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会、日本女性心身医学会

研     究     業     績
著書

・学生が変わる プロブレム・ベースド・ラーニング実践法(共訳) (2016.2)(株)ナカニシヤ出版
・排泄リハビリテーション 理論と実践(共著)(2009.3) (株)中山書店
・コメディカルのための看護学総論(共著)(2008.12) 日本放射線技師会出版会
・排泄トラブル解決!べんり手帳(共著)(2008.10) (株)メディカ出版

論文

「骨盤底筋運動教室に参加した女性の排尿症状と生活習慣の関係,ならびに相談希望」共著 平成25年11月 女性心身医学第⒙巻第2号 p.234~p.247
「仰臥位の足浴姿勢における温熱刺激が尿量に及ぼす影響」共著 平成25年12月 愛知県立大学看護学部紀要 第19巻 p.1~p.9
「切迫性尿失禁をもつ外来患者のためのコーチングを用いた自己管理指導プログラムの短期的評価」共著 平成26年1月 日本看護技術学会誌 第12巻3号 p.40~p.49



























科学研究費助成事業
採択状況

科学研究費補助金萌芽研究 病棟看護師を対象とした骨盤底筋運動指導技術修得のための教育プログラムの開発 平成24年4月~平成28年3月 

その他の研究活動

・Effectiveness of a health educational program for women on lower urinary tract aymptom in Japan (2011.8) 41st Annual Meeting of the International Continence Society, (Glasgow)
・排泄ケアに関する看護師の教育ニーズ(共同)(2009.2) 第26回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会(於 青森市)
・実践者の教育評価~排泄ケアのunificationの分析・評価(共同)(2008.8) 第12回日本看護管理学会年次大会(於 東京都)講演抄録集

教     育     業     績
授業科目

基礎看護技術演習Ⅲ(診療の援助技術)、基礎看護学実習

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.nurs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/