椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

及川 佐枝子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

生活科学部 管理栄養学科
生活科学研究科  食品栄養科学専攻 (修士課程)

氏名

及川 佐枝子

職階

講師

学歴

三重大学大学院 医学研究科 社会医学系衛生学専攻(博士課程)修了

学位

博士(医学)

職歴
平成7年4月
同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科 実習助手
平成9年3月
平成11年1月
三重大学医学部衛生学教室 日本学術振興会特別研究員(DC2)
平成13年3月
平成13年4月
三重大学大学院医学系研究科 日本学術振興会特別研究員(PD) 
平成16年3月
平成16年4月
三重大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー中核的研究機関研究員
平成18年3月
平成18年4月
三重大学大学院医学系研究科 リサーチアソシエイト
平成20年3月
平成18年7月
鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 研究補助員
平成20年3月
平成20年4月
三重大学大学院医学系研究科 日本学術振興会特別研究員(RPD)
平成23年3月
平成23年4月
三重大学大学院地域イノベーション学研究科 特任助教
平成26年3月
平成26年4月
椙山女学園大学生活科学部管理栄養学科 講師
現在に至る
平成29年4月 椙山女学園大学大学院生活科学研究科食品栄養科学専攻 講師 現在に至る
専門分野

食品衛生学、公衆栄養学

研究テーマ

・食品由来抗酸化物質の安全性および有効性評価に関する研究
・ナノ材料による炎症反応誘導機構の解明
・ビタミンDおよび亜鉛栄養状態判別のための簡易質問票の作成(共同)

所属学会

日本衛生学会、日本公衆衛生学会、日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会、日本癌学会、日本食品衛生学会

研     究     業     績
著書

『公衆栄養学 第5版』共著、平成29年3月発行、光生館

『食品機能性の科学』共著、平成20年4月発行、産業技術サービスセンター

論文

Single- and double-walled carbon nanotubes enhance atherosclerogenesis by promoting monocyte adhesion to endothelial cells and endothelial progenitor cell dysfunction. Part Fibre Toxicol, 13(1),54, 2016

Titanium Dioxide Particle Type and Concentration Influence the Inflammatory Response in Caco-2 Cells. Int J Mol Sci, 17(4),576. doi: 10.3390/ijms17040576, 2016

東海地方における住民の野菜購入量の調査 : 野菜摂取量との関連, 椙山女学園大学研究論集,自然科学篇,47,71-80, 2015

Zn(II) released from zinc oxide nano/micro particles suppresses vasculogenesis in human endothelial colony-forming cells. Toxicology Reports, 2 692-701, 2015

HPLC法によるアンジオテンシン変換酵素阻害活性の測定と各種スプラウトの阻害活性, 椙山女学園大学研究論集 自然科学篇,46, 71-80, 2015

Reduced Coenzyme Q10 Decreases Urinary 8-Oxo-7,8-Dihydro-2'-Deoxyguanosine Concentrations in Healthy Young Female Subjects. J Med Food, 18(8), 835-84O, 2015

Zinc oxide nanoparticles induce migration and adhesion of monocytes to endothelial cells and accelerate foam cell formation. Toxicol Appl Pharmacol, 278(1), 16-25, 2014 

Proteomic analysis of carbonylated proteins in the monkey substantia nigra after ischemia-reperfusion. Free Radic Res, 48(6), 694-705, 2014

Dispersion method for safety research on manufactured nanomaterials. Ind Health, 52(1), 54-65, 2014

Identification of a glutamic acid repeat polymorphism of ALMS1 as a novel genetic risk marker for early-onset myocardial infarction by genome-wide linkage analysis. Circ Cardiovasc Genet, 6(6), 569-578, 2013

Endocrine disruptors found in food contaminants enhance allergic sensitization through an oxidative stress that promotes the development of allergic airway inflammation. Toxicol Appl Pharmacol, 273(1), 10-18, 2013

Serial changes in adipocytokines and cardiac function in a rat model of the metabolic syndrome. Clin Exp Pharmacol Physiol, 40(7), 443~448, 2013

Preferential induction of apoptosis in regulatory T cells by tributyltin: possible involvement in the exacerbation of allergic diseases. Nihon Eiseigaku Zasshi, 65(4):530-535, 2010

DNA damage and apoptosis induced by photosensitization of 5,10,15,20-tetrakis (N-methyl-4-pyridyl)-21H,23H-porphyrin via singlet oxygen generation. Photochem Photobiol, 85(6), 1391-1399, 2009

Critical role of hydrogen peroxide in the differential susceptibility of Th1 and Th2 cells to tributyltin-induced apoptosis. Biochem Pharmacol,75(2), 552-561, 2008

H2O2 accelerates cellular senescence by accumulation of acetylated p53 via decrease in the function of SIRT1 by NAD+ depletion. Cell Physiol Biochem, 20(1-4), 45-54, 2007

Mechanism for generation of hydrogen peroxide and change of mitochondrial membrane potential during rotenone-induced apoptosis. Life Sci, 73(25), 3277-88, 2003

Epstein-Barr virus BHRF1 functions downstream of Bid cleavage and upstream of mitochondrial dysfunction to inhibit TRAIL-induced apoptosis in BJAB cells. Biochem Biophys Res Commun, 297(3), 682-7, 2002

Mechanism of apoptosis induced by a new topoisomerase inhibitor through the generation of hydrogen peroxide. J Biol Chem, 277(34), 30684-30689, 2002

Caspase-3 activation by lysosomal enzymes in cytochrome c-independent apoptosis in myelodysplastic syndrome-derived cell line P39. Cancer Res, 61(7), 2878-2884, 2001

Generation of hydrogen peroxide precedes loss of mitochondrial membrane potential during DNA alkylation-induced apoptosis. FEBS Lett, 442(1), 65-69, 1999

Role of ultraviolet A-induced oxidative DNA damage in apoptosis via loss of mitochondrial membrane potential and caspase-3 activation. Biochem Biophys Res Commun,247(3), 693-696, 1998

研究発表

「ナノ粒子による消化管上皮細胞およびマクロファージ様細胞の炎症反応誘導作用の解析 」共同 平成29年3月 第87回日本衛生学会学術総会(宮崎市)

「単球の血管内皮細胞への接着能に及ぼす酸化チタンナノ粒子の影響」共同 平成27年2月 第14回分子予防環境医学研究会(大阪市)

「酸化亜鉛ナノ粒子の血管内皮前駆細胞に対する影響 」共同 平成26年5月 第84回日本衛生学会学術総会(岡山市)

「コホート研究による動脈硬化症の発症要因における喫煙の影響の検討」共同 平成26年5月 第84回日本衛生学会総会(岡山市)

「ナノ酸化亜鉛によるマクロファージの変性LDL取り込み作用への影響」共同 平成25年3月 第83回日本衛生学会学術総会(金沢市)

「抗酸化物質の安全性・有効性評価に関する研究:みかんジュースとビタミンCの比較」共同 平成22年5月 第70回日本衛生学会総会(仙台市)

「トリブチルスズによるアポトーシスを介した免疫毒性発現機構の解析」共同 平成18年12月 日本分子生物学会2006フォーラム(名古屋市)

「ロテノンによる過酸化水素生成とミトコンドリア膜電位変化を介したアポトーシス」共同 平成13年10月 第74回日本生化学会大会(京都市)

科学研究費助成事業
採択状況

基盤研究(C)「大豆発酵食品による酸化ストレスレベルおよび炎症レベルの低減効果の解明」2017年4月1日~2020年3月31日(予定)

基盤研究(C)「ナノ粒子による炎症反応誘導機構の解明と炎症性疾患のリスク評価法の開発」2013年4月1日~2016年3月31日

研究活動スタート支援「食品含有ナノ粒子による腸管免疫機構の破綻を介した消化管炎症反応の解明とリスク評価」2011年8月24日~2013年3月31日

特別研究員奨励費「環境化学物質による酸化ストレスを介する潰瘍性大腸炎増悪作用と早期発がんリスク評価」 2008年4月~2011年3月

特別研究員奨励費「内分泌攪乱化学物質、特に有機スズによるアポトーシス誘導機構と免疫毒性発現の解析」 2001年4月~2003年3月

教     育     業     績
授業科目

食品衛生学特論、食品安全学,食品衛生学,食品衛生学実験,公衆栄養学Ⅱ,公衆栄養学実習,専門演習,健康とスポーツの理論,卒業研究,ファーストイヤーゼミ,栄養総合演習,人間論,公衆衛生学

そ        の        他
社会活動

・小牧市民大学小牧みらい塾「食・栄養と健康を考える」講師 講義内容:「食中毒・病原菌を知る」平成27年6月2日

・名古屋市「食の安全・安心推進会議」推進会議委員 平成29年4月~

学部教員紹介ページ

http://nutr.food.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/