椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

前田 節子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

看護学部 看護学科

氏名

前田 節子

職階

准教授

学歴

国際医療福祉大学大学院 博士課程 満了

学位

看護学修士

職歴
昭和55年4月
国立名古屋病院看護師(血液病センタ-)
昭和63年3月
昭和63年4月
国立療養所村山病院看護師(消化器外科病棟
平成3年3月
平成3年4月
医療法人大雄会一宮看護専門学校専任教員
平成9年3月
平成9年4月
愛知医科大学看護専門学校専任教員
平成11年3月
平成12年4月
愛知医科大学看護学部 講師
平成17年3月
平成18年4月
社会保険中京看護専門学校専任教員
平成21年3月
平成21年4月
日本赤十字豊田看護大学 准教授
平成26年3月
平成27年4月 椙山女学園大学看護学部看護学科准教授 (現在に至る)
専門分野

看護技術

研究テーマ

緩和ケア,リラクセーション,看護技術

所属学会

日本看護科学学会,日本看護診断学会,日本看護研究学会,日本がん看護学会

研     究     業     績
著書

血液・造血器疾患看護マニュアル(ナ-シング・マニュアル第9巻)共著 昭和62年11月発行 学習研究社

論文

器質的障害を除くがん患者の呼吸困難感の要因に関する文献レビュー 共著 平成25年3月 日本赤十字豊田看護大学紀要 第8巻第1号 
フットリフレクソロジーによる終末期肺がん患者の反応と同席した配偶者の語り 共著 平成26年3月 日本赤十字豊田看護大学紀要 第9巻第1号
看護実践能力を育てるための日常生活援助技術の展開 共著 平成26年3月 日本赤十字豊田看護大学紀要 第9巻第1号 
呼吸困難感のある終末期がん患者へのタッチ療法の意義:フットリフレクソロジーにおける予備的研究 共著 平成26年3月 昭和大学保健医療学雑誌12号
終末期がん患者における呼吸困難感評価指標に関する文献レビュー 共著 平成27年1月 国際医療福祉大学学会誌20巻1号
 

研究発表

末期肺がん患者へのフットリフレクソロジー行為に同席するケアギバーへのヒーリング効果,共同,平成25年2月,第27回日本がん看護学会学術集会(於 金沢)
Effects of foot reflexology on dyspnea in patients with terminal cancer,共同,平成25年4月,ONS 38TH ANNUAL Congress
(Washington,DC)
終末期がん患者における呼吸困難感評価指標に関する文献レビュー,共同,平成27年3月,第29回日本がん看護学会学術集会(横浜)

科学研究費助成事業
採択状況

基盤研究C がん患者の呼吸困難感の生理学的指標に関する研究 平成24年4月~平成28年3月

教     育     業     績
授業科目

フィジカルアセスメント学演習、看護過程展開論演習(ケースメソッドを含む。)、基礎看護技術学演習Ⅲ(診療援助技術)、早期体験実習、基礎看護技術学実習、総合技術論演習、原書講読・研究序論、看護研究(卒業論文)、看護過程展開論実習、基礎看護技術演習Ⅰ(生活の援助技術)、基礎看護技術演習Ⅱ(安全安楽の援助技術)、ファーストイヤーゼミ

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.nurs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/