椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

北岡 崇

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

国際コミュニケーション学部 表現文化学科

氏名

北岡 崇

職階

教授

学歴

一橋大学大学院社会学研究科社会学専攻(博士後期課程) 単位取得後退学

学位

社会学修士

職歴
昭和51年4月
日本学術振興会奨励研究員「人文社会系、哲学専攻」
(昭和52年3月まで)
昭和51年4月
東洋大学工学部非常勤講師「ドイツ語」
(昭和60年3月まで)
昭和52年4月
茨城大学教養部非常勤講師「ドイツ語」
(昭和55年3月まで)
昭和56年4月
法政大学工学部非常勤講師「ドイツ語」
(昭和60年3月まで)
昭和57年4月
城西大学非常勤講師「ドイツ語」
(昭和60年3月まで)
昭和57年4月
国士館大学非常勤講師「ドイツ語」
(昭和60年3月まで)
昭和59年4月
国士館大学非常勤講師「倫理学」
(昭和60年3月まで)
昭和60年4月
椙山女学園大学文学部講師「哲学・西洋哲学史」
(昭和63年3月まで)
昭和61年8月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学人間関係学部講師(兼担)「哲学」の資格有りと判定

昭和63年4月
椙山女学園大学文学部助教授「哲学・西洋哲学史」
(平成 5年 3月まで)
昭和63年4月
名古屋大学教養部非常勤講師「哲学」
(平成 5年10月まで)
平成 2年4月
愛知県立大学外国語学部第二部非常勤講師「哲学」
(平成 5年 3月まで)
平成 5年4月
椙山女学園大学文学部教授「哲学・西洋哲学史・教養基礎演習・人間論・現代思想・論理学」
(平成20年3月まで)
平成 13年4月
教科用図書(高等学校用教科書「倫理」)検定調査審議会専門委員
(平成14年 3月まで)
平成 15年4月 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部教授「哲学・人間論・西洋哲学史A・現代思想・哲学研究IAB・哲学研究IIAB・卒業論文指導」文学部併任 (現在に至る
但し、文学部併任は、平成20年3月まで)
専門分野

哲学

研究テーマ

宇宙的広がりを持ったものとしての愛

所属学会

日本哲学会、日本倫理学会、日本カント協会、中部哲学会

研     究     業     績
著書

・人・ヒト・ひと-人間を考える-(椙山女学園大学研究叢書15)(共著)(2003.3) 東京教学社
・“光”の探究-イエス・プラトン・ニーチェ論稿-(理想哲学選書7)(単著)(1994.3) 理想社

論文

・他者、死、愛をめぐる哲学断片(単著)(2013.3)「椙山女学園大学研究論集」第44号 人文科学篇 pp.37-48。
・変わらないものだけが変わるのか? 変わるのは変わらないものだけか?(単著)(2013.3)椙山女学園大学国際コミュニケーション学部研究論集「言語と表現-研究論集-」第10号 pp.7-13。
・ニーチェと「聖書」の間-愛に関する若干の記述の考察-(単著)(2012.3) 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部研究論集「言語と表現-研究論集-」第9号 pp.5-17。
・世界の秘密-解釈/ことば/表現-(単著)(2005.3) 椙大国際コミュニケーション学部研究論集「言語と表現-教育論集-」第2号 pp.17-24。
・愛の記憶-素描(単著)(2004.3) 言語と表現-研究・作品集-創刊号 pp.133-137。

その他の研究活動

・リヒァルト・クローナー「ドイツ観念論の発展-カントからヘーゲルまで Ⅱ-」(共訳)(2000.4) 理想社
・哲学の理念-プラトン哲学からするロック「人間知性論」第2巻第8章の批判的考察-(単独)(1990.3) 日本イギリス哲学会 第14回研究大会(於 一橋大学)
・知識についての断片的反省(単独)(1989.2) 名古屋哲学会(於 南山大学)

教     育     業     績
授業科目

哲学、哲学研究Ⅰ&Ⅱ、現代思想、西洋哲学史A、ギリシャ哲学

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.scs.sugiyama-u.ac.jp/about/teachers/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/