椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

平野 順雄

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 人間関係学科

氏名

平野 順雄

職階

教授

学歴

名古屋大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程後期課程 単位取得後退学

学位

文学修士

職歴
昭和50年 4月
京都大学文学部英文科聴講生
(昭和51年3月まで)
昭和57年4月
関西外国語短期大学非常勤講師
(昭和59年3月まで)
昭和59年4月
岐阜経済大学非常勤講師
(昭和62年3月まで)
昭和60年4月
名古屋自由学院短期大学非常勤講師
(昭和62年3月まで)
昭和61年4月
名古屋大学大学院文学研究科研究生
(昭和62年3月まで)
昭和61年4月
三重大学非常勤講師
(昭和63年3月まで)
昭和61年4月
名古屋商科大学非常勤講師
(昭和62年3月まで)
昭和62年4月
椙山女学園大学人間関係学部講師
(平成3年3月まで)
平成 3年4月
椙山女学園大学人間関係学部助教授
(平成10年3月まで)
平成 7年4月
名古屋大学文学部非常勤講師
(平成8年7月まで)
平成 8年8月
米国コネティカット大学にて海外研修
(平成9年7月まで)
平成 9年10月
名古屋大学文学部非常勤講師
(平成19年3月まで)
平成 10年4月
椙山女学園大学人間関係学部教授
(現在に至る)
平成24年4月
名古屋大学文学部非常勤講師
(平成25年3月まで)
平成27年10月 名古屋大学文学部非常勤講師 (平成29年3月まで)
専門分野

英米・英語圏文化

研究テーマ

20世紀アメリカ長篇詩に関する研究

所属学会

名古屋大学英文学会、日本エズラ・パウンド協会、日本英文学会、日本アメリカ文学会、日本T.S.エリオット協会、国際エズラ・パウンド協会、米国近代語協会(MLA)、日本英文学会中部地方支部会

研     究     業     績
著書

・Letters for Olson ed.by Benjamin Hollander (共著)2016.11 Spuyten Duyvil pp. 133-152
・英米文学における父の諸変奏―安田章一郎先生百寿記念論文集―(共著)鈴木俊次他編(2016.3)英宝社 pp. 326-355
・モダンにしてアンチモダン―T. S. エリオットの肖像― (共著)高柳俊一他編 (2010.11)研究社  pp. 311-318
・Ivy Nevere Sere(共著)(2009.3) Mutsum Takikawa et al.ed. 音羽書房鶴見書店
・語り明かすアメリカ古典文学12(共著)(2007.3) 南雲堂 アメリカ文学の古典を読む会編

論文

・チャールズ・オルソン著「投射詩論」再考(上)『椙山女学園大学研究論集』第48号人文科学篇
(2017年) pp.79-87
・「等しいとは現実そのものと等しいこと」について――チャールズ・オルソン著『人間の宇宙』読解――(上)
  『人間関係学研究』第15号(2017年)pp. 57-63
・「都市」グロスターとその問題―チャールズ・オルソンとハーバート・A・ケニーとの対談より― 『椙山女学園大学研究論集』第47号 人文科学篇 (2016年3月)pp. 43-62
・ロゴスと神話―チャールズ・オルソン「人間と宇宙」覚え書き― 椙山女学園大学人間関係学部 『人間関係学研究』第14号 (2016年3月)pp. 35-48
・チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「1968年8月、グロスターでのインタヴュー」―、『椙山女学園大学研究論集』第46号 人文科学篇 (2015年3月)69-85頁。
・ブラック・マウンテン回顧録―チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―、椙山女学園大学人間関係学部
『人間関係学研究』第13号(2014年度) 95-120頁。
・チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「バークリーでの朗読」― 椙山女学園大学人間関係学部
 『人間関係学研究』第12号(2013年度)
・チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「気軽な神話学」について―『椙山女学園大学研究論集』45号
 人文科学篇 (2014年3月)
・師と教え子との対話―チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―名古屋大学英文学会 IVY 第46巻(2013年11+月)
・「図書館員」における殺害と赦し―チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―、文学と評論社『文学と評論』第3集・第9号、(2013年11月)
・チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「マッシュルームの下で」―椙山女学園大学 人間関係学研究 第11号(2012年度)
・チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「歴史について」―椙山女学園大学研究論集 第44号
人文科学篇(2013年3月)
・チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』―「詩と真実」について―
椙山女学園大学 人間関係学研究 第10号 (2012.3) pp. 41-54
・途切れる漸近線―Robert Creeley, 「Words」試論―(単著)(2007.3) 名古屋大学英文学会IVY第39号 pp.45-65
・天国の設計―エズラ・パウンドの後期「詩篇」―(単著)(2004.3) 椙山女学園大学研究論集第35号(人文科学篇) pp.87-125

研究発表

・平成27年10月17日 日本英文学会中部支部第 大会(於:名古屋大学)にてシンポジウム「地誌/地質学から読み解くアメリカ詩―ディキンスンからおルスンへ―」で司会・講師:金澤淳子(早稲田大学・非)、講師:江田孝臣(早稲田大学)とともに講師としてパネルディスカッションを行った。
・平成27年6月20日 日本アメリカ文学会中部支部6月例会において、研究発表を行った。タイトルは「空回りするインタヴューとその修正―『パリ・レヴュー』が行ったオルソンへのインタヴューの意味―
・平成24年11月10日、日本T.S.エリオット協会第25回大会(於:東京学芸大学)にてシンポジウム「T.S.エリオットと戦間期」で、発表。タイトルは「戦争と詩」。
・平成25年6月29日日本アメリカ文学会東京支部6月シンポジウム(於:慶應義塾大学三田キャンパス)「オルソンって誰?『マクシマス詩篇』って何―大文字のHistoryから小文字のhistoryへ―」で発表。タイトルは「アメリカ建国史を見直す『マクシマス詩篇』」。

学術賞の受賞状況

平成24年11月7日、日本翻訳家協会より、チャールズ・オルソン作『マクシマス詩篇』の完訳に対して、
第49回日本翻訳特別賞を受賞。

科学研究費助成事業
採択状況

平成25年度科学研究費助成事業、基盤研究(C)に採択。研究題目は「詩論構築者としてのチャールズ・オルソン」

その他の研究活動

・山内功一郎著『マイケル・パーマー』書評 Ezra Pound Review No. 19 (2017) pp. 40-48
・野上秀雄著『歴史の中のエズラ・パウンド』書評 Ezra Pound Review No.18 (2016) pp.46-51
・英国放送協会のインタヴューに応じるチャールズ・オルソン 『ミュソロゴス』二巻所収「BBCインタヴュー」
の個人訳である。
・チャールズ・オルソン作『マクシマス詩篇』翻訳(2012.2) 個人完訳
全1468頁 株式会社 南雲堂
・ドクター・スースの素顔~世界で愛されるアメリカの絵本作家~「ジュディス&ニール・モーガン著」(坂本季詩雄との共訳)(2007.7) 全437頁 株式会社 彩流社
・<訳注式>英語詩演習(50):Charles Olson,“The Snow”(単著)(2006.5) 研究社 英語青年1887号 pp.40-41

教     育     業     績
授業科目

外国語(英語)、表象文化の中の人間、文学

そ        の        他
社会活動

中日新聞2007年9月21日夕刊、文化欄に、映画「酔いどれ詩人になるまえに」評、「アメリカンドリームの影に」を掲載。

学部教員紹介ページ

http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/