椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

加藤 容子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

人間関係学部 心理学科
人間関係学研究科  人間関係学専攻 (修士課程)

氏名

加藤 容子

職階

准教授

学歴

名古屋大学大学院教育発達科学研究科心理発達科学専攻博士後期課程単位取得後退学

学位

博士(心理学)

職歴
平成 12年4月
日本聴能福祉言語学院非常勤講師「心理測定法」
(平成12年まで)
平成 12年4月
愛知文教女子短期大学非常勤講師「臨床心理学」「人間関係論」
(平成14年まで)
平成 12年7月
三菱自動車工業株式会社カウンセラー
(平成15年まで)
平成 12年12月
青山メンタルクリニック心理士
(平成15年まで)
平成 15年4月
椙山女学園大学非常勤講師「産業心理学」
(平成17年まで)
平成 16年4月
椙山女学園大学非常勤講師「ケースメソッド」
(平成19年まで)
平成 15年4月
名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター・学生相談総合センター助手

平成 19年4月
椙山女学園大学人間関係学部心理学科講師
(平成22年まで)
平成22年4月 同准教授 (現在に至る)
専門分野

臨床心理学、産業・組織心理学

研究テーマ

ワーク・ファミリー・コンフリクト/ファシリテーション、女性のキャリア、組織心理コンサルテーション

所属学会

日本心理学会、日本心理臨床学会、日本産業・組織心理学会、日本発達心理学会、日本精神分析学会、日本学生相談学会、経営行動科学学会、日本キャリアデザイン学会、東海心理学会

研     究     業     績
著書

・『日本の男性の心理学―もう1つのジェンダー問題』 共著 平成20年6月発行 有斐閣(p. 234-240)
・『ワーク・ファミリー・コンフリクトの対処プロセス』 単著 平成22年3月発行 ナカニシヤ出版
・『事例から学ぶ学生相談』 共著 平成22年5月発行 北大路書房 (p. 157-177)
・『“いのち”と向き合うこと・“こころ”を感じること』 共著 平成25年3月発行 ナカニシヤ出版(p.92-101)
・『働く人びとのこころとケア―介護職・対人援助職のための心理学』 共著 平成26年9月発行 遠見出版(p.42-53)
・『わたしのキャリア・デザイン』 共著 平成26年9月発行 ナカニシヤ出版(p.85-135,177-185)
・『産業心理臨床実践』 共著 平成28年5月発行 ナカニシヤ出版(p.55-72)
・『産業保健スタッフのためのセルフケア支援マニュアル』 共著 平成28年9月発行 誠信書房(p.55-72)

論文

・「キャリア発達課題を乗り越えるためのワーク・ファミリー・コンフリクト対処」 単著 平成26年 「産業ストレス研究」第21巻第3号 p.243-249
・「経営行動科学学会第16回年次大会シンポジウム「組織原理と女性のキャリア・バリア―イクメン時代の追い風の中での日本企業の今後―」」 共著(安藤史江・坂爪洋美・加藤容子・塩﨑敦子・宮原淳二) 平成26年 「経営行動科学」第27巻第1号,p.35-60
・「ワーク・ファミリー・コンフリクト対処尺度(改訂版)の作成」 単著 平成26年 「椙山女学園大学人間関係学研究」第13巻 p.71-80
・「臨床心理士の初期キャリアにおける臨床観についての一考察―共同企画のワークショップの経験から―」 共著(加藤容子・清瀧裕子・佐々木美恵・堀 英太郎) 平成27年 「椙山女学園大学臨床心理相談室紀要椙山臨床心理」第15巻 p.3-8
・「Becoming an organizational psychological consultant.」 共著(Hisaya Matsumoto, Yoko Kato, Bernard Gertler) 平成28年 「Psychoanalytic Frontier」 第3巻 p. 1-9

研究発表

・「Effects of working circumstances on processes of work-family conflicts in dual-career couples.」 共同(筆頭) 平成20年7月 ⅩⅩⅨ International Congress of Psychology.
・「ワーク・ファミリー・ファシリテーション尺度作成の試み」 単独 平成25年9月 日本産業・組織心理学会第29回大会
・「Effects of work-family conflict and facilitation on the mental health of dual career couples in Japan」 単独 平成26年7月 14th International Conference of Applied Psychology.
・「新入社員のストレス−キャリア・プロセスの検討―ある企業のメンタルヘルス促進のためのアクション・リサーチの一経過—」 共同(筆頭) 平成26年8月 日本心理臨床学会第33回秋期大会
・「共働き男女のワーク・ライフ・バランス―コンフリクトとファシリテーションの両面からの検討—」 単独 平成26年9月 日本産業・組織心理学会第30回大会
・「From individual to organizational intervention: Action research of improving employee mental health organizational psychological consultation.」 共同(Yoko Kato, & Hisaya Matsumoto)平成28年7月 31th International Congress of Psychology

科学研究費助成事業
採択状況

・ワーク・ファミリー・コンフリクトへの対処過程に関する研究 単独 平成17~18年度  日本学術振興科学研究費補助金 若手研究(B) (課題番号:17710208)(研究代表者:加藤容子)
・ワーク・ファミリー・コンフリクトの対処プロセス 単独 平成21年度 日本学術振興会科学研究費補助金 研究成果公開促進費 (課題番号:215170(研究代表者:加藤容子)
・仕事役割と家庭役割の両立に関する総合的研究 単独 平成24~26年度 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)(課題番号:24730520)(研究代表者:加藤容子)
・女性医師の仕事への価値観の解明と相互理解を促すワークショッププログラム開発 共同(平成26年度より連携研究者)平成25-28年度日本学術振興会科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 (課題番号:25670244)(研究代表者:佐藤元紀)
・ワーク・ライフ・バランスの向上を通じた労働者・夫婦・親子の健康支援に関する研究 共同(平成27年度:連携研究者,平成28年度〜:研究分担者) 平成27〜31年度 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(A)(課題番号:15H01832)(研究代表者:島津明人)

その他の研究活動

・名古屋大学客員准教授(未来社会創造機構)(平成26〜27年度)

教     育     業     績
授業科目

・学部:心理、産業心理学、ケースメソッドⅠ・Ⅱ、心理学実験、卒業論文
・大学院:産業・組織心理学特講,臨床心理学特別演習、臨床心理学基礎実習Ⅰ・Ⅱ、臨床心理学実習Ⅰ・Ⅱ、特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

その他の教育活動

・日本産業カウンセラー協会シニアコース講座「産業組織心理学」講師

そ        の        他
社会活動

・愛知県職業能力開発審議会委員(平成24〜28年度)
・名古屋市男女平等参画基礎調査研究会委員(第7回:平成22年度,第8回:平成26年度)
・名古屋市統合保育スーパーバイザー(平成24〜28年度)
・名古屋市まち・ひと・しごと創生推進会議委員(平成27年)
・愛知県臨床心理士会理事(平成27〜28年度)

学部教員紹介ページ

http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index2.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/