椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

藏澄 美仁

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

生活科学部 生活環境デザイン学科
生活科学研究科  生活環境学専攻 (修士課程)
生活科学研究科  人間生活科学専攻 (博士後期課程)

氏名

藏澄 美仁

職階

教授

学歴

豊橋技術科学大学大学院工学研究科建設工学専攻修士課程 修了

学位

博士(工学)(名古屋工業大学)

職歴
昭和61年4月
東洋曹達株式会社(現:東ソー株式会社)入社
(平成2年3月まで)
平成 2年 4月
雇用促進事業団設置福山職業訓練短期大学校教導(室内造形科)
(平成3年9月まで)
平成 3年10月
琉球大学助手(工学部)
(平成5年3月まで)
平成 5年 4月
京都府立大学助手(生活科学部)
(平成7年3月まで)
平成 7年 4月
京都府立大学講師(生活科学部)
(平成11年9月まで)
平成 7年 4月
京都府立大学院担当(生活科学研究科)
(平成13年3月まで)
平成 7年 4月
平安女学院短期大学非常勤講師(生活学科)
(平成14年3月まで)
平成 8年 8月
教員組織審査(京都府立大学人間環境学部助教授(専任)、建築環境工学各論、建築設備学、建築環境・設備学演習、建築環境工学実験及び同実験法、論文講読法I、卒業研究)

平成 9年 4月
京都府立大学講師(人間環境学部、生活科学部を兼ねる)
(平成11年9月まで)
平成11年10月
京都府立大学助教授(人間環境学部)
(平成18年3月まで)
平成12年 8月
教員組織審査(京都府立大学大学院人間環境科学研究科助教授(専任)、衣住環境特別研究、衣住環境学特別演習、工学系個人審査指導合格D○合)

平成13年 4月
京都府立大学大学院博士後期課程担当(人間環境科学研究科)
(平成18年3月まで)
平成15年 4月
平安女学院大学非常勤講師(生活環境学部)
(平成18年3月まで)
平成16年 4月
京都光華女子大学非常勤講師(人間関係学部)
(平成18年9月まで)
平成17年 8月
教員組織審査(広島国際大学大学院社会環境科学研究科教授(専任), 建築・環境学特別研究, 工学系個人審査指導合格 Mマル合)

平成18年 4月
広島国際大学教授(社会環境科学部)
(平成20年3月まで)
平成18年 4月
広島国際大学大学院担当(社会環境科学研究科)
(平成20年3月まで)
平成18年 8月
教員組織審査(広島国際大学工学部教授(専任)、チュートリアル、居住環境学Ⅰ、居住環境設備Ⅱ、居住環境解析学および同演習、居住環境計測学および同実験、測量学・同実習、インターンシップⅠ、インターンシップⅡ、住環境デザインフィールドワーク、卒業研究)

平成19年 4月
広島国際大学教授(工学部、社会環境科学部を兼ねる)
(平成20年3月まで)
平成20年 4月
椙山女学園大学教授(生活科学部)
(現在に至る)
平成20年 4月
椙山女学園大学大学院博士後期課程担当(生活科学研究科)
(現在に至る)
平成24年 4月 Visiting Professor, Technical University of Denmark(International Centre for Indoor Environment and Energy, Department of Civil Engineering) (平成25年3月まで)
専門分野

建築都市環境工学・設備学

研究テーマ

行動性体温調節モデルの開発、体感温度指標の開発、室内温熱環境の人体影響評価、屋外温熱環境の人体影響評価、温熱環境の快適域

所属学会

日本積算協会

研     究     業     績
著書

•からだと温度の辞典 (分担) (2010) 朝倉書店
•ハウスクリマ 住居気候を考える2003-2009 (分担) (2010) 海青社
•建築環境工学 環境のとらえ方とつくり方を学ぶ (分担) (2009) 学芸出版社
•建築設計資料集成 環境編 (分担) (2007) 丸善
•理学療法 (分担) (2006) メディカルプレス
•新版 快適な温熱環境のメカニズム 豊かな生活空間をめざして (分担) (2006) 丸善
•住まいの事典 (分担) (2004) 朝倉書店
•CDブック ハウスクリマ 住居気候を考える1976-2002 (分担) (2002) 海青社
•建築設計資料集成 総合編 (分担) (2001) 丸善
•阪神・淡路大震災調査報告 建築編-7 建築設備・建築環境編 (分担) (1999) 丸善
•快適な温熱環境のメカニズム 豊かな生活空間をめざして (分担) (1997) 丸善

論文

•The influence of foliage plants on psychological and physiological responses (査読付) (筆頭共著) (2017.4) Health 9(4) pp.601-621
•Availability of heat conduction for environmental control method to improving thermal environment and preventing oversensitivity to cold and air-conditioning disease on female office workers (査読付) (筆頭共著) (2016.4) Health 8(6) pp.583-604
•Ethnic differences in thermal responses between Thai and Japanese females in tropical urban climate (査読付) (筆頭共著) (2016.3) American Journal of Climate Change 5(1) pp.52-68
•Effects of visual stimuli upon thermal sense under air conditioning in summer (査読付) (筆頭共著) (2014.9) Journal of Ergonomics 4(2) pp.1-7
•Convective heat transfer coefficients of the human body under forced convection from ceiling (査読付) (筆頭共著) (2014.4) Journal of Ergonomics 4(1) pp.1-6
•Behavioral thermoregulation model for evaluation of outdoor thermal environment (査読付) (筆頭共著) (2014.2) Journal of Ergonomics 4(1) pp.1-14
•Effect of the environmental stimuli upon the human body in winter outdoor thermal environment (査読付) (筆頭共著) (2013.6) Journal of Environmental and Public Health 2013 Article ID 418742 pp.1-10
•The influence of outdoor thermal environment on young Japanese female (査読付) (筆頭共著) (2013.6) International Journal of Biometeorology 58(5) pp.963-974
•気流の方向と姿勢を考慮した人体の熱伝達率の実測 (査読付) (筆頭共著) (2013.5) 人間と生活環境 20(1) pp.51-61
•屋外環境における至適温熱環境域に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2012.11) 人間と生活環境 19(2) pp.115-127
•屋外空間における環境刺激が人体の温熱感覚に与える影響 (査読付) (筆頭共著) (2011.12) 日本生気象学会雑誌 48(4) pp.129-144
•Evaluation of enhanced conduction-corrected modified effective temperature ETFe as the outdoor thermal environment evaluation index (査読付) (筆頭共著) (2011.10) Energy and Buildings 43(10) pp. 2925-2937
•Enhanced conduction-corrected modified effective temperature as the outdoor thermal environment evaluation index upon the human body (査読付) (筆頭共著) (2011.1) Building and Environment 46(1) pp.12-21
•Conduction-corrected modified effective temperature as the indices of combined and separate effect of environmental factors on sensational temperature (査読付) (筆頭共著) (2010.4) Energy and Buildings 42(4) pp.441-448
•温熱環境の総合的な人体影響の表現方法と検証 (査読付) (筆頭共著) (2009.12) 日本生気象学会雑誌 46(4) pp.121-137
•Radiative and convective heat transfer coefficients of the human body in natural convection (査読付) (筆頭共著) (2008.12) Building and Environment 43(12) pp.2142-2153
•Effect of posture on the heat transfer areas of the human body (査読付) (筆頭共著) (2008.10) Building and Environment 43(10) pp.1555-1565
•睡眠環境評価に向けた人体の熱収支に関する研究, - サーマルマネキンによる仰臥位姿勢の人体の放射および対流熱伝達率の測定 - (査読付) (筆頭共著) (2008.2) 日本生理人類学会誌 13(1) pp.17-26
•人体の伝熱面積に基づいた椅座位姿勢の人体形状モデル (査読付) (筆頭共著) (2007.5) 人間と生活環境 14(1) pp.1-9
•投げ足位姿勢における自然対流時の人体の対流熱伝達率に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2006.9) 空気調和・衛生工学会論文集 114 pp.51-60
•床冷房の至適温熱環境域に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2006.9) 空気調和・衛生工学会論文集 114 pp.39-49
•姿勢が着衣熱抵抗に及ぼす影響に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2006.7) 日本建築学会環境系論文集 605 pp.63-70
•姿勢の違いと人体の放射伝熱面積に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2005.12) 日本建築学会環境系論文集 598 pp.31-36
•床冷房空間における温熱環境条件の至適域に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2005.6) 空気調和・衛生工学会論文集 99 pp.31-41
•放射冷暖房空間における人体の放射熱収支に関する研究, 横座位・投げ足位・側臥位・仰臥位の人体の有効放射面積と人体の矩形面との間の形態係数 (査読付) (筆頭共著) (2005.4) 空気調和・衛生工学会論文集 97 pp.1-14
•人体の熱平衡式に組み込まれる人体係数値に関する研究の進展 (査読付) (筆頭共著) (2004.12) 日本生気象学会雑誌 41(4) pp.109-128
•Convection heat transfer area of the human body (査読付) (筆頭共著) (2004.11) European Journal of Applied Physiology 93(3) pp.273-285
•対流伝熱面積を考慮した平均皮膚温に関する研究 - 正座位, 胡座位, 横座位, 立て膝位, 投げ足位, 側臥位, 仰臥位姿勢の算出法- (査読付) (筆頭共著) (2004.11) 日本建築学会環境系論文集 585 pp.19-26
•Weighting coefficients for calculating mean skin temperature when considering convective heat transfer areas (査読付) (筆頭共著) (2004.4) Journal of the Human-Environmental System 7(1) pp.19-28
•姿勢と人体の有効対流面積率に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (2003.5) 日本生気象学会雑誌 40(1) pp.3-13
•人体の体表面積算出式の適合性の評価 (査読付) (筆頭共著) (2003.2) 日本生気象学会雑誌 39(4) pp.101-106
•作用温度28℃における日本人青年の安静時代謝量に及ぼす姿勢の影響 (査読付) (筆頭共著) (2000.4) 日本生気象学会雑誌 37(1) pp.27-37
•姿勢の違いと日本人青年女性の安静時代謝量 (査読付) (筆頭共著) (1999.4) 日本生気象学会雑誌 36(1) pp.21-29
•床加温環境における姿勢の違いが人体へ及ぼす影響 (査読付) (筆頭共著) (1999.4) 日本生気象学会雑誌 36(1) pp.3-19
•温熱環境評価と熱伝導に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (1999.1) 空気調和・衛生工学会論文集 72 pp.25-36
•姿勢の違いと日本人の平均皮膚温算出法 (査読付) (筆頭共著) (1998.12) 日本生気象学会雑誌 35(4) pp.121-132
•姿勢の違いが伝導熱交換量に与える影響に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (1998.8) 日本生気象学会雑誌 35(2) pp.85-94
•姿勢の違いが体感温度に与える影響に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (1998.4) 日本生気象学会雑誌 35(1) pp.35-44
•姿勢の違いを考慮した平均皮膚温算出法に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (1997.12) 日本生気象学会雑誌 34(4) pp.101-112
•不均一な熱放射環境の人体影響に関する研究 -前後左右不均一, 作用温度一定の場合- (査読付) (筆頭共著) (1994.8) 日本生気象学会雑誌 31(2) pp.75-84
•日本人の体表面積に関する研究 (査読付) (筆頭共著) (1994.4) 日本生気象学会雑誌 31(1) pp.5-29
•非対称及び不均一な熱放射環境の人体影響に関する研究 作用温度一定の場合 (査読付) (筆頭共著) (1993.5) 日本建築学会計画系論文報告集 447 pp.17-26

研究発表

•Refuge behaviour from outdoor thermal environmental stress and seasonal differences of thermal sense in tropical urban climate (Full paper 審査) (筆頭発表) (2017.5) ICACE 2017(1st International Conference on Architecture and Civil Engineering) (Petaling Jaya, Malaysia)
•Improvement of working thermal environment for female office workers (Full paper 審査) (筆頭発表) (2016.5) In Heiselberg, P. K. (Ed.) (2016). CLIMA 2016 - proceedings of the 12th REHVA World Congress: volume 7, Aalborg, Denmark: Aalborg University, Department of Civil Engineering (Aalborg, Denmark)
•The influence of tropical urban climate upon the human body (Full paper 審査) (筆頭発表) (2015.11) International Joint-Conference of SENVAR-iNTA-AVAN 2015 (SIA 2015) (Johor, Malaysia)
•Improvement of perceived temperature under 28℃ of air conditioning control temperature (Full paper 審査) (筆頭発表) (2015.11) Healthy Buildings 2015 America (Boulder, USA)
•The influence of solar radiation upon the human body (Full paper 審査) (筆頭発表) (2015.5) SCA2015(The 15th Science Council of Asia Conference and International Symposium) (Siem Reap City, Cambodia)
•Measurement of convective heat transfer coefficients of the human body in forced airflow from ceiling (Full paper 審査) (筆頭発表) (2014.10) Roomvent 2014(The 13th SCANVAC International Conference on Air Distribution in Rooms) (Sao Paulo, Federative Republic of Brazil)
•Development of behavioral thermoregulation model for evaluation of solar radiation and heat conduction (Full paper 審査) (筆頭発表) (2013.6) Clima2013 (11th REHVA World Congress and 8th International Conference on IAQVEC) (Prague, Czech)
•Thermal insulation efficiency of detached house and cost effectiveness of heating and cooling energy conservation (Full paper 審査) (筆頭発表) (2012.7) 16th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress (Brunei Darussalam)
•Influence of the combined environment of the landscape stimuli upon the human responses in outdoor spaces (Full paper 審査) (筆頭発表) (2011.12) 19th International Congress of Biometeorology (ICB2011) (Auckland, New Zealand)
•Verification of enhanced conduction-corrected modified effective temperature as the outdoor thermal environment evaluation index upon the human body (Full paper 審査) (筆頭発表) (2011.7) The 15th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress (Colombo, Sri Lanka)
•Evaluation of ETF as thermal environmental evaluation index upon the human responses (Full paper 審査) (筆頭発表) (2010.10) EBRA2010 9th International Symposium for Environment-Behavior Studies (Harbin, China)
•Development of enhanced conduction-corrected modified effective temperature for the evaluation of the outdoor environment (Full paper 審査) (筆頭発表) (2010.7) The 7th International Cost Engineering Council (ICEC) World Congress & The 14th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress (Singapore)
•Experimental verification of conduction-corrected modified effective temperature as thermal environmental evaluation index (Full paper 審査) (筆頭発表) (2010.5) Clima 2010 (10th REHVA World Congress) (Antalya, Turky)
•Environmental household eco-account book system and indication of the effect of environmental factors on the sensational temperature related to the environmental control behavior (Full paper 審査) (筆頭発表) (2009.8) The 13th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress (ISBN 978-967-305-407-7) (Kuala Lumpur, Malaysia)
•Evaluation of living space thermal environment (Full paper 審査) (筆頭発表) (2008.9) ICB2008 18th International Congress of Biometeorology (Tokyo, Japan)
•Energy conservation and effects of floor cooling upon the human body (Full paper 審査) (筆頭発表) (2008.6) The 12th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress (Edmonton, Canada)

学術賞の受賞状況

•PAQS2012 Best Paper Award(平成24年7月)【受賞論文名】Thermal insulation efficiency of detached house and cost effectiveness of heating and cooling energy conservation, 16th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress, Brunei Darussalam, July 7-10, pp.39.S_SC_YK_1~39.S_SC_YK_11, 2012(国外)
•PAQS2012 Best Paper Award(平成24年7月)【受賞論文名】Measurement of clothing insulation value based on the condition of actual lifestyle in a modern Japanese home, 16th Pacific Association of Quantity Surveyors (PAQS) Congress, Brunei Darussalam, July 7-10, pp.40.S_SC_YY_1~40.S_SC_YY_9, 2012(国外)
•人間—生活環境系学会論文賞(平成17年3月)【受賞論文名】Weighting coefficients for calculating mean skin temperature when considering convective heat transfer areas, Journal of the Human-Environmental System, Vol.7, No.1, pp.19~28, 2004
•日本生気象学会研究奨励賞(平成7年10月)【受賞論文名】日本人の体表面積に関する研究, 日生気誌, Vol.31, No.1, pp.5~29, 1994(国内)

その他の研究活動

•快適な「体感温度」を得るために (単著) (2011.10) 読売新聞全国版(10月29日19面)
•快適な「体感温度」を得るために –体が総合的にあたたかさを感じる心地よい空間づくりを目指して- (単著)(2011.10)朝日新聞全国版(10月29日20面)
•住まい方による環境改善について (単著)(2008.6) 建築の研究(ISSN 0914-7241)187号

教     育     業     績
授業科目

居住環境学、建築設備学、居住環境学実験

そ        の        他
学部教員紹介ページ

http://www.he.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/