椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

石原 由華

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

看護学部 看護学科

氏名

石原 由華

職階

教授

学歴

名古屋大学大学院医学系研究科分子総合医学専攻(博士課程) 修了

学位

博士(医学)

職歴
平成 1年4月
虎の門病院(循環器センター)看護婦
(平成12年3月まで)
平成12年4月
無職
(平成13年3月まで)
平成15年4月
名古屋大学院医学系研究科分子総合医学専攻分子病原細菌学研究生
(平成16年3月まで)
平成15年4月
日本赤十字愛知看護短期大学看護学科助手
(平成16年3月まで)
平成16年4月
日本赤十字豊田看護大学看護学部助手
(平成20年3月まで)
平成20年4月
日本赤十字豊田看護大学看護学部専任講師「成人看護学Ⅱ(慢性期)」「成人看護学Ⅴ(成人看護学技術・看護過程演習)」「成人看護学実習Ⅰ」「成人看護学実習Ⅱ」
(平成22年3月まで)
平成20年5月
名古屋大学大学院医学系研究科分子総合医学専攻分子病原細菌学客員研究員
(平成22年3月まで)
平成21年7月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において椙山女学園大学看護学部看護学科准教授「ファーストイヤーゼミ」「感染予防学(微生物学)」「感染予防学演習」「フィジカルアセスメント学演習」「看護過程展開論演習(ケースメソッドを含む。)」「基礎看護技術学演習Ⅰ(安全・安楽確保の援助技術)」「基礎看護技術学演習Ⅲ(診療援助技術)」「早期体験実習」「基礎看護技術学実習」「看護過程展開論実習」「家族看護学」「総合技術論演習」「統合看護論」「原書講読・研究序論」「看護研究(卒業論文)」の資格有りと判定

平成22年4月
椙山女学園大学看護学部看護学科准教授
(平成24年3月まで))
平成24年4月           椙山女学園大学看護学部看護学科教授                                                                                                        (現在に至る)
専門分野

看護学、感染管理

研究テーマ

・病院内水環境に生息する細菌と院内感染との関わりについて
・院内感染における分子疫学的解析について
・高齢者福祉施設における肺炎球菌保菌と莢膜型の分子疫学解析
・セレウス菌芽胞の病衣・リネンによる院内感染防止について

所属学会

日本看護研究学会、日本細菌学会、日本環境感染学会、日本臨床微生物学会、日本感染症学会、医療の質・安全学会、日本看護技術学会、日本看護医療学会、日本医療安全学会、日本小児感染症学会、

研     究     業     績
論文

・人の出入りに関する病棟セキュリティの実態調査(共著)(2015.5),医療と安全, Vol.4, p.28~p.36
・改良PCR法を用いた健常成人の肺炎球菌保菌検出と莢膜型同定(共著)(2015.5),感染症学雑誌, Vol.89, No.3,p.375~p.381
・半年間で同一遺伝子型のMRSA感染症を呈した4小児例(共著)(2015.2)小児感染免疫, Vol.26, No.4, p.431~p.437
・病棟の輸液製剤調製環境に関する調査―安全な調製のために―(共著)(2013.1) 医療の質・安全学会誌Vol.8, no.1, pp.37-40
・病棟における輸液製剤調製環境の物品整備に関する研究(共著)(2013.3)椙山女学園大学 看護学研究Vol.5,pp.21-27
・血液ならびに胆汁から分離されたKlebsiella oxytoca株の分子疫学解析と莢膜型および病原因子(共著)(2012.3) 感染症学雑誌 Vol.86, no.2, pp.121-126
・胆汁由来Klebsiella oxytoca、Klebsiella pneumoniaeの分離頻度とこれらの菌の胆汁耐性に関する検討(共著)(2010.5) 日本環境感染学会誌Vol.25,no.3,2010 pp.135-144
・Effect of cyclic bis(3’-5’)diguanylic acid and its analogs on bacterial Biofilm formation(博士論文)(共著)(2009.11) FEMS Microbiology Letters Vol.301,No.2 pp.193-200
・中心静脈カテーテル関連血流感染におけるカテーテルに形成されたバイオフィルムに関する検討(共著)(2008.9) 日本環境感染学会誌第23巻第4号 pp.258-266

研究発表

・Klebsiella oxytocaによる胆道系術後感染症の分子疫学的解析(共同)(2010.2) 第26回日本環境感染学会総会(於 横浜)
・Suppressive effect of human bile and its components on the growth and the biofilm development of encapsulated Klebsiella pneumoniae and its noncapsular mutant(共同)(2009.5) American Society for Microbiology General the 109th Meeting  Philadelphia(於 フィラデルフィア)
・Klebsiella pneumoniaeのbiofilm形成に対する消毒薬・界面活性剤の効果と莢膜多糖との関連(共同)(2009.3) 第82回日本細菌学会総会(於 名古屋)

科学研究費助成事業
採択状況

平成24年度科研費基盤研究C「高齢者福祉施設における肺炎球菌保菌と莢膜型の分子疫学解析~高齢者肺炎予防に向けて」採択(平成24年~平成26年)
平成27年度科研費基盤研究C「セレウス菌芽胞の病衣・リネン汚染による院内感染の防止対策」採択(平成27年~平成29年)

教     育     業     績
授業科目

基礎看護技術学演習Ⅰ(安全・安楽確保の援助技術)、早期体験実習、ファーストイヤーゼミ、基礎看護技術学演習Ⅲ(診療援助技術)、感染予防学、感染予防学演習、看護健康教育論、原書講読・研究序論、看護研究(卒業論文)、総合技術論演習、総合看護論

そ        の        他
社会活動

2011年~ 名古屋市と椙山女学園大学との連携講座 なごや健康カレッジに講師として参加
2015年~ 日進市と椙山女学園大学との連携講座  「健康を科学する」に講師として参加

学部教員紹介ページ

http://www.nurs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/