椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

奥川 ゆかり

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

看護学部 看護学科

氏名

奥川 ゆかり

職階

講師

学歴

藤田保健衛生大学大学院保健学研究科(修士課程)看護学領域母性看護学分野 修了

学位

修士(保健学)

職歴
平成4年4月
藤田保健衛生大学病院看護部助産師(産婦人科病棟)
(平成14年3月まで)
平成14年4月
名古屋市立中央看護専門学校助産学科専任教員
(平成17年3月まで)
平成17年4月
愛知医科大学看護学部実習・演習指導員
(平成20年3月まで)
平成20年4月
国立大学法人浜松医科大学医学部助産学専攻科助教
(平成22年3月まで)
平成22年4月
椙山女学園大学看護学部看護学科助教
(平成23年3月まで)
平成24年4月 椙山女学園大学看護学部看護学科講師 (現在に至る)
専門分野

母性看護学、助産学

研究テーマ

電話による育児相談
女性に対するヘルスプロモーション活動

所属学会

日本母性衛生学会、日本母性看護学会、愛知県母性衛生学会、日本糖尿病・妊娠学会、日本看護倫理学会、日本生命倫理学会

研     究     業     績
著書

・臨地実習で使えるスーパー暗記カード「母性看護」(2005)医学芸術社,87-102.(単独)

論文

・混合研究法における統合の妥当性を高めるための構成要素-日本の混合研究法の文献レビューより(査読有)(共同)(2017)日本ヒューマンヘルスケア学会誌,1(1),42-50.
・女子大生の月経痛とセルフケアの実態(査読有)(単独)
(2016)日本看護学会論文集ヘルスプロモーション,46,100-103.
・フィリピンの最貧困地域に求められる国際看護の実践(査読無)(単独)
(2016)椙山女学園大学研究論集 社会科学篇,47,45-54.
・看護学生における月経痛の頻度と鎮痛薬の使用状況の実態(査読付)(共同)
(2014)愛知母性衛生学会誌,32,26-31.
・分娩を取り扱う小規模病院、有床診療所に勤務する看護師の学習ニーズ(査読付)(共同)
(2014)愛知母性衛生学会誌,(31),52-60.
・女子大生の「冷え」に関する身体所見と冷水負荷試験による自律神経活動の検討(査読無)(共同)
(2012)椙山女学園大学研究論集 自然科学篇,43,61-70.
・インド北部「思春期女性の自立支援プロジェクト」におけるナラティヴ・アプローチの有効性(単独)
(2012)椙山女学園大学研究論集 社会科学篇,43,87-99.
・インド北部における思春期女性自立支援プロジェクトの実践と展開(査読無)(単独)
(2011)椙山女学園大学研究論集 社会科学篇,42,215-227.
・出生前診断における倫理的問題の考察-妊婦の相談事例から-(単独)
(2010)椙山女学園大学看護学研究,(2),79-83.
・文化に配慮した倫理的実践に関する事例検討(査読付)(単独)
(2010)日本看護倫理学会,2(1),4-5.

研究発表

・子どもの事故予防のための情報提供に関する文献レビュー(共同)(2018.2)平成28年度愛知県小児保健協会学術研修会(於 愛知県大府市)抄録集
・女子大生の月経痛に対するセルフケアの実態(単独)(2015.11)第46回日本看護学会論文集ヘルスプロモーション学術集会(於 富山県民会館)抄録集
・女子大生の低用量ピル服用に対する自己決定要因(共同)(2015.11)第46回日本看護学会論文集ヘルスプロモーション学術集会(於 富山県民会館)抄録集
・女子大学生における子宮頸がん検診受診の自己決定要因の特徴(共同)(2015.11)第46回日本看護学会論文集ヘルスプロモーション学術集会(於 富山県民会館)抄録集
・女子大学生の生理用タンポン使用に対する自己決定(共同)(2015.11)第46回日本看護学会論文集ヘルスプロモーション学術集会(於 富山県民会館)抄録集
・看護学生の月経周期別にみた基礎体温測定に対する行動と認識(共同)(2014.5)第32回愛知県母性衛生学会学術集会(於 名古屋市立大学)講演抄録集
・看護学生における月経前症候群(PMS)の自覚症状と月経の捉え方の関連(共同)(2014.5)第32回愛知県母性衛生学会学術集会(於 名古屋市立大学)講演抄録集
・看護学生における月経痛の頻度と鎮痛薬の使用状況の実態(共同)(2014.5)第32回愛知県母性衛生学会学術集会(於 名古屋市立大学)講演抄録集
・育児期の女性が産後6ヶ月まで体重モニタリングを行った経験(単独)(2012.3)第2回せいれい看護学会学術集会(於 聖隷クリストファー大学),抄録集2(2)
・産後の体重変動の特徴(共同)(2011.9)第52回日本母性衛生学会学術集会(於 国立京都国際会館)母性衛生,52(3)
・母体血清マーカー検査をめぐる医療機関の対応の実態と課題-電話相談を受けた事例を通して-(共同)(2010.6) 第3回日本看護倫理学会年次大会(於 札幌市かでる2・7)第3回年次大会予稿集

教     育     業     績
授業科目

母性看護学概論、母子支援論、母性支援看護論演習、母性看護学実習、ファーストイヤーゼミ、看護研究(卒業論文)担当

その他の教育活動

国立大学法人浜松医科大学医学部大学院医学系研究科修士課程(看護学専攻)助産学分野 非常勤講師「助産学特論Ⅷ」担当

そ        の        他
社会活動

あいち小児保健医療総合センター「電話による育児相談」 相談員
SANE(性暴力被害者支援専門看護職)養成講座 講師
名古屋市、大府市、岡崎市における男女共同参画事業 女性の健康講座 講師
 ・名古屋市(イーブルなごや)「女性のセルフケア講座」 
 ・名古屋市南生涯学習センター「女性の健康講座」
 ・名古屋市東生涯学習センター「女性セミナー」
 ・大府市 男女共同参画事業「子育てセミナー」
 ・岡崎市 男女共同参画講座「ココロとカラダの健康講座」 

学部教員紹介ページ

http://www.nurs.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/