椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

脇田 泰子

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

文化情報学部 メディア情報学科

氏名

脇田 泰子

職階

教授

学歴

東京大学教養学部教養学科 卒業

学位

教養学士

職歴
昭和58年 4月
日本放送協会入局(取材記者職)
(平成3年5月まで)

神戸放送局・放送部、報道局・外信部(現・国際部)、


World Press Institute 奨学金によるアメリカ留学


スポーツ報道センター

平成3年 5月
株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセコーポレーション)入社
(平成7年8月まで)



平成22年4月
椙山女学園大学文化情報学部 准教授    
(平成29年3月まで)

                         

平成27年4月
フランス、ESJ Lille(Ecole Supérieure de Journalisme de Lille リール・ジャーナリズム高等専門学校)へ海外研修
(平成27年7月まで)
平成29年4月 椙山女学園大学文化情報学部 教授    (現在に至る)
専門分野

ジャーナリズム論・メディア論

研究テーマ

放送とユニバーサルアクセス権、メディア報道とスポーツ、地域連携によるメディア教育モデル構築、ジャーナリスト育成教育

所属学会

日本マス・コミュニケーション学会、東海社会学会、スポーツ史学会、スポーツ言語学会

研     究     業     績
著書

・スポーツメディアの見方、考え方(共著)(1995.7) 創文企画
・メディアと人間-メディア情報学へのいざない(共著)(2014.2) ナカニシヤ出版

論文

・ジャーナリズム専門高等教育機関における職業専門教育の役割-フランス・ジャーナリスト養成教育事情-,(単著),2017.3,「椙山女学園大学研究論集」,第48号,社会科学篇,p.93-107 
・18歳選挙の風景―投票行動分析を通してみる本学1年生の政治意識について―,(単著),2017.3,「椙山女学園大学文化情報学部紀要」第16巻,p.147-159
・西洋人による東アジア報道論序説―フランス人東京特派員の取材記録から見る日本―,(単著),2016.3, 「椙山女学園大学文化情報学部紀要」第15巻,p.14-22
・オリンピック放送の原点―ラジオと1924年オリンピックの時代―,(単著),2015.3,「スポーツ史研究」第28号,p.1-19
・フランスの文化活動の深淵・アニマシオン―「読書へのアニマシオン」から考える―,(単著),2015.3,「椙山女学園大学文化情報学部紀要」,第14巻,p.119-125
・エネルギー問題と環境に対する大学生の意識と理解,(共著),2014.3,「椙山女学園大学文化情報学部紀要」,第13巻,p.155-168
・地域連携によるインターネット情報発信の試み-「バーチャルひがしやま動物園&植物園」サイトの構築-,(共著),2014.3,「椙山女学園大学研究論集」,第45号,社会科学篇,p.151-166 
・初年次教育プログラムの実践と課題-メディア情報学科における二年間の取り組みから-(共著),2014.3,「椙山女学園大学文化情報学部紀要」,第13巻,p.37-44 
・東日本大震災・映像ドキュメントの制作と発信,(共著),2013.3,「椙山女学園大学研究論集」第44号,社会科学篇,p.87-101
・スポーツ放送の発展とユニバーサルアクセス権,(単著),2012.3,「メディアと社会」第4号,名古屋大学大学院国際言語文化研究科,p.15‐44
・地域連携によるメディア教育モデル構築の研究,(共著),2012.3,「椙山女学園大学研究論集」第43号,社会科学篇,p.191-206
・ハイビジョンスタジオ活用のメディア教育研究-新スタジオでの授業実践報告-,(共著),2012.3,「椙山学園大学文化情報学部紀要」第11巻,p.57-66
・ジャック・シラク-見えざる五輪の戦い La Lutte Olympique Invisible de Jacques Chirac,(単著),2006.4,ARGO XVII INVISIBLE「東京大学教養学部フランス分科 アルゴ編集委員会」第17巻,p.264-277

研究発表

・オリンピック放送の原点―ラジオと1924年のフランス―,単独,2013.12,スポーツ史学会第27回大会,東洋大学朝霞キャンパス
・エレーヌ・ジュグラリスによる能・羽衣由来の創作舞踊の1949年パリ初演に関するフランス各紙批評記事の比較研究,単独,2013.9,「能・羽衣を前大戦直後のパリで紹介したフラン ス人夫妻 と日仏交流―元東京特派員マルセル・ジュグラリスと妻エレーヌを語る」シンポジウム,日仏メディア交流協会,東京日仏会館
・大学と地域との映像制作連携の試み―東山動物園プロジェクトの報告―,共同,2012.2,日本教育メディア学会研究会,椙山女学園大学)

その他の研究活動

・(講演)「エレーヌ生誕100年記念シンポジウム」,(単独),2016.8,静岡市役所清水庁舎,羽衣まつり運営委員会
・「L'espoir fait vivre(希望は糧)~パリ同時テロを想う」,(単著),2015.12,News Socra(ニュース ソクラ)
・(劇評)「真夏の月夜、霧ヶ城に響く鎮魂歌」,(単著),2015.11,能楽タイムズ第764号,第6面
・(報告書)「大学と高等学校との連携によるビブリオバトルを通した読書推進事業」,(共著),2015.2,椙山女学園大学,全40頁
・(講演)「いまどきのジャーナリズム論」、「テレビ報道の課題」等、計3回,(単独),2014.9,2013.5,2012.3,三井住友銀行SMBCパーク栄,
・(講演)「外国語となかよくする方法~メディア情報の視点から」,(単独),2014.6,名古屋都市センター,名古屋中小企業振興会青年経営研究会
・「フランス語圏と私~フランス語という宝物」,(単著),2014.4,名古屋大学教養教育院・言語文化部門フランス語科サイト,,
・(連載)風速計,単著,1994.4-2013.3,体育科教育,大修館書店
・(連載)「ロビー活動という交渉術」他11本,単著,2012.4~2013.3,共同通信社・47NEWS「スポーツ各論」,「47トピックス・スポーツ コラム」
・第2回活字文化公開講座―私を磨く言葉の力―,2013.11,椙山女学園大学
・子ども大学にっしん「ニュース原稿のできるまで」,2013.1,日進市,椙山女学園大学
・(評論)オリンピックをめぐる問題(2)―21世紀に於ける審判の在り方―,単著,2012.9,月刊マスコミ市民 通巻第524号,p.47-49
・(評論)オリンピックをめぐる問題(1) ―放送(テレビ)と通信(ネット)との“競合”―,単著,2012.8,月刊マスコミ市民 通巻第523号,p.79-81
・さくらジャパン つぼみふくらんでロンドンへ,単著,2012.7,「今を読む!時事・トレンド解体新書」,集英社イミダス(有料サイト)
・第1回活字文化公開講座―ステキをつくる本の魔法―,2012.11,椙山女学園大学
・エレーヌとマルセルの愛した日本と彼らの祖国フランスとの文化交流に見る能,単著,2011.7,「橘香」梅若研能会6巻8号,p16-17

教     育     業     績
授業科目

ジャーナリズム論、現代社会とジャーナリズム、メディア倫理、テレビ制作基礎、出版文化論、芸能・スポーツジャーナリズム論、等

その他の教育活動

・平成27年度椙山女学園大学ベストティーチャー賞

そ        の        他
社会活動

・名古屋テレビ放送番組評価懇談会委員,2014.9~2016.9
・「市民と言論」実行委員会委員

学部教員紹介ページ

http://www.ci.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index_m.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/