椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

星野 優太

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

現代マネジメント学部 現代マネジメント学科
現代マネジメント研究科  現代マネジメント専攻 (修士課程)

氏名

星野 優太

職階

教授

学歴

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻博士課程修了

学位

経営学博士

職歴
昭和58年4月
弘前大学講師人文学部「会計情報論」「簿記原理」「演習」
(昭和60年12月まで)
昭和60年4月
弘前学院大学 非常勤講師「生活情報学」「家庭経済学」
(平成10年9月まで)
昭和61年1月
弘前大学助教授人文学部 「会計情報論」「会計学原理」「演習」
(平成2年12月まで)
平成3年1月
弘前大学教授人文学部「会計情報論」「会計学」「企業と会計」「演習」
(平成16年3月まで)
平成3年10月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において青森大学工学部「会計学」の資格有りと判定

平成4年4月
青森大学工学部兼任講師「会計学」
(平成13年3月まで)
平成10年4月
弘前大学人文学部経済学科長
(平成13年3月まで)
平成10年4月
名古屋大学大学院経済学研究科博士課程併任講師
(平成10年9月まで)
平成10年8月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において弘前大学大学院人文社会科学研究科応用社会科学専攻修士課程 教授(専任)「会計情報特論」「財務会計演習」「特別研究Ⅰ」「特別研究Ⅱ」 Mマル合 の資格有りと判定

平成11年11月
米国テネシー大学(マーチン校)J.E.knight教授と共同研究(企業調査)を実施
(平成11年12月まで)
平成13年2月
韓国Namseoul University南ソウル大学 招待講演のため招聘教授

平成13年4月
英国University of Londonロンドン大学School of Oriental and African Studies (SOAS)(経済学科)に Visiting Scholarとして在外研究
(平成14年3月まで)
平成13年9月
大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において弘前大学大学院地域社会研究科地域社会専攻 博士後期課程 教授(専任)「地域ベンチャービジネス会計論」「演習」「特別講義」 Dマル合 の資格有りと判定
(平成16年3月まで)
平成14年4月
弘前大学大学院地域社会研究科博士後期課程 「地域ベンチャービジネス会計論」「特別講義」

平成14年10月
韓国Namseoul University南ソウル大学 招待講演のため招聘教授
(平成16年3月まで)
平成16年4月
名古屋市立大学大学院経済学研究科教授
(平成25年3月まで)
平成20年4月
名古屋市立大学大学院経済学研究科長・経済学部長
(平成22年3月まで)
平成20年11月
韓国Namseoul University南ソウル大学 特別講義のため招聘教授
(平成22年3月まで)
平成22年4月
名古屋市立大学大学院経済学研究科附属経済研究所長
(平成24年3月まで)
平成23年4月
名古屋工業大学工学部 非常勤講師「会計学」
(平成28年3月まで)
平成25年4月
名古屋市立大学名誉教授
(現在に至る)
平成25年4月
名古屋市立大学特任教授
(現在に至る)
平成25年4月
椙山女学園大学現代マネジメント学部教授
(現在に至る)
平成26年4月
椙山女学園大学大学院現代マネジメント研究科・研究科長
(現在に至る)
平成27年4月 椙山女学園評議員 (現在に至る)
専門分野

会計学、管理会計論

研究テーマ

企業の戦略と業績測定・評価
病院の管理会計と経営改革
会計の国際化とIFRSの導入
知的資産の会計

所属学会

日本会計研究学会
日本管理会計学会(理事、関西・中部部会副会長)
日本ディスクロージャー研究学会

研     究     業     績
著書

・『日本企業の業績評価と報酬システム-理論と実証-』(2003)白桃書房 1-256頁
・『企業戦略と会計情報システム-環境適応と革新に関する理論的・実証的研究-』(1992)多賀出版 1-335頁

論文

・Effect of IFRS Adoption on Corporate Strategy and Performance Measurement: Empirical Evidence of Japanese Manufacturing Company,(2015), Proceedings, 27th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues, (Bond Business School Bond University)(査読有).
・「地球温暖化の問題を会計学から考える」(2014)、『経済学・経営学のエッセンス』所収、名古屋市立大学刊行
・Strategy Goals, Financial and Nonfinancial Measures, Performance Evaluation in Japanese Manufacturing Industries,(2013)The Journal of Management Accounting, Japan, Supplement 2, pp.121-138. (査読有)
・「IFRSの導入が企業の戦略と業績測定に及ぼす影響―日本の製造業を中心に―」(2013)『オイコノミカ』第42巻第2号、5-23頁
・「会計の国際化とIFRS導入の影響について」(2012)『国際地域経済研究』第13号、41-51頁
・「グローバル企業の新KPIとしてのキャッシュ・コンバージョン・サイクル―リードタイム短縮による資本効率の改善―」(共著)(2012)『企業会計』Vol.64 No.2、118-127頁、共著者:足立直樹
・「地球の気候変動と企業の環境対策―環境債務の開示の強化に向けて―」(2011)『国際地域経済研究』第12号、41-49頁
・「企業のディスクロージャー戦略」(2008)柴健次他編著『現代のディスクロージャー―市場と経営を革新する―』中央経済社、301-321頁
・Japanese Budgeting and Control Systems: Longitudinal Analysis of Japanese Enterprises,(2007)The Society of Economics, Nagoya City University, Discussion Papers in Economics No. 476. (with Takayuki Asada).
・「コンティンジェンシー理論による戦略管理会計の再構築」(2006)『會計』(日本会計研究学会)第170巻第3号、77-92頁
・「知的資産の価値評価と開示」(2006)『経営論集』(龍谷大学経営学会)第45巻第3号、1-14頁
・「日本企業における業績評価と報酬制度」(2005)『管理会計学』(日本管理会計学会)第13巻第1・2合併号、67-82頁。(査読有)
・「知的資産会計の新展開-戦略と評価と開示に向けて-」(2004)『會計』第165巻第3号、1-15頁
・「企業の戦略・組織と会計情報システム」(2003)『弘前大学経済研究』第26号、52-65頁。(査読有)
・Economic Perspectives and Accounting Issues of Japanese Banks' Non-performing Loans,(2002)The School of Oriental and African Studies, University of London (Working Paper No.120) pp.1-20,(査読有)

研究発表

・Effect of IFRS Adoption on Corporate Strategy and Performance Measurement: Empirical Evidence of Japanese Manufacturing Company,(2015),27th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues, Oct. 31- Nov. 5, 2015 Gold Coast, Australia (Bond Business School Bond University).(査読有)
・「IFRSの導入が企業の戦略と業績測定に及ぼす影響―日本の製造業を中心に―」、単独、平成25年2月21日、産学共同研究会。於 立命館大学大阪梅田キャンパス。
・「高齢化社会と医療制度について」、単独、平成25年1月26日、世界の平和と環境を考える日韓学生フォーラム(広島市)、於広島国際会議場。
・Strategy Goals, Financial and Nonfinancial Measures, Performance Evaluation in Japanese Manufacturing Industries, 単独発表,(October 23, 2012). 24th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues, (California State University, Fresno).
・「グローバル企業の新KPIとしてのキャッシュ・コンバージョン・サイクル―リードタイム短縮による資本効率の改善―」、共同、平成24年2月16日。ものづくり管理会計研究会 於 東京大学ものづくり経営研究センター。共著者:足立直樹。
・「日本の医療制度の課題と経営改革の方向」、単独、平成24年1月15日、韓国南ソウル大学海外研修会(広島市)、於広島国際青年会館第一研修室。
・ 「IFRS導入が管理会計システムに与える影響に関する研究」、単独、平成23年10月22日、玉川研究会 於 玉川大学工学部312研究室。
・ An Influence of IFRS on Japan’s International Accounting (会計の国際化とIFRS導入の影響について)、単独、平成22年11月26日、招聘講演、於 韓国南ソウル大学。
・「医療機関の管理会計的手法による経営改革について」、単独、平成21年11月14日、玉川研究会 於 玉川大学工学部312研究室。
・ Environment and Accounting in Japan (環境と会計を考える)、単独、平成20年11月28日、招聘講演 於 韓国南ソウル大学。
・「知的財産の価値評価とその情報開示に関する研究」、単独、平成18年6月26日、於名古屋市立大学、特別研究奨励費研究成果発表会(ポスターセッション)。
・ Economic Perspectives and Accounting Issues of Japanese Banks' Non-performing Loans, 単独、平成17年5月、名古屋市立大学水曜研究会 於 名古屋市立大学。
・「日本企業における業績評価と報酬制度」、単独、平成16年9月、2004年度日本管理会計学会統一論題「業績評価と業績管理会計の構築」の報告 於 立教大学。

学術賞の受賞状況

第24回経営科学文献賞受賞(1993.1)
第21回日本公認会計士協会学術賞受賞(1993.6)

科学研究費助成事業
採択状況

・「IFRS導入が企業の業績評価に与える影響に関する理論的・実証的研究」2016-2019年科研費補助金、基盤研究C、研究代表者
・「非財務的指標による戦略的価値評価システムの設計に関する理論的・実証的研究」2005-2007年科研費補助金 基盤研究C、研究代表者
・「日本企業の業績評価と報酬システム-理論と実証-」2001年科学研究費補助金 研究成果公開促進費 研究代表者
・「バブル崩壊後の日本企業における会計方法の変更に関する実証研究」1996-1998年科研費補助金 基盤研究C、研究代表者
・「日本企業における業績測定・評価システムに関する理論的・実証的研究」1993年科研費補助金 基盤研究C、研究代表者
・「戦略型企業の会計情報システムの設計に関する理論的・実証的研究」1989-1990科学研究費補助金 基盤研究C、研究代表者
・「企業戦略と会計情報システム」1991年科学研究費補助金 研究成果公開促進費 基盤研究C、研究代表者


その他の研究活動

英国ロンドン大学SOASのCostas Lapavitsas教授と「不良債権に関する金融論的・会計学的探究」について共同研究(在外研究)に従事(2001-2002)
米国テネシー大学(マーティン校) J.E.Knight教授と共同研究(企業調査)のため渡米(1999.11-12)(「学術国際振興基金」から「外国人研究者との共同研究の助成」)
「金融リスク管理と債権の評価」(みちのく銀行から受託研究)(1999.4-2000.3)
「自律分散協調システムのシステム的・会計的・社会的特徴とその運営方法に関する研究」(前川製作所・学術研究助成)(研究代表者)(1992.4-1993.3)

教     育     業     績
授業科目

ファーストイヤーゼミ、基幹演習Ⅰ、展開演習Ⅰ、卒業研究Ⅰ、簿記論、専門プレゼミ、基幹演習Ⅱ、展開演習Ⅱ、管理会計論、経営情報論A、卒業研究Ⅱ(以上学部)
会計学特論Ⅰ及びⅡ、管理会計特論、現代マネジメント特別演習Ⅰ及びⅡ、現代マネジメント特別研究、イノベーションマネジメント特論(会計)(以上大学院)

その他の教育活動

The University of New South Wales (UNSW) にて、留学セミナー “Presentation to prospective exchange students” を行う(2012.3)
「日韓国際学生共同研究発表会」(韓国南ソウル大学)・総合司会(in English)(2011.9)
JSPS Summer ProgramのHost Researcher (Purdue University, USA)(2011.7-8)
名古屋工業大学工学部非常勤講師(会計学)(2010~現在に至る)
教員免許状更新講習講師「地球温暖化と環境教育」(2010-2012)
韓国南ソウル大学 招待講演・特別講義・共同研究に従事のため招聘教授(2001, 2012, 2008)
名古屋大学大学院経済学研究科博士課程併任講師(財務会計)(1999)

そ        の        他
社会活動

日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会審査委員(2007-2009)
大学基準協会評価委員会専門評価分科会委員(2006-2009)
公益財団法人メルコ学術振興財団 理事 (2013- )
東北インテリジェント・コスモス学術機構会員(1994- )
戦後30周年記念懸賞論文入選第1席受賞(広島県&中国新聞社共催)(1975)

学部教員紹介ページ

http://www2.mgt.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/