椙山女学園大学・大学院

ホーム サイトマップ

木田 勇輔

前に戻る
プ   ロ   フ   ィ   ー   ル
所属

文化情報学部 メディア情報学科

氏名

木田 勇輔

職階

准教授

学歴

名古屋大学大学院 環境学研究科社会環境学専攻博士後期課程 単位等認定(満了)

学位

博士(社会学)

職歴
平成22年4月
東海医療福祉専門学校・非常勤講師(「社会調査の基礎」)
(平成27年3月まで)
平成22年4月
知多市立看護専門学校・非常勤講師(「家族関係論」、平成26年4月より公立西知多看護専門学校に校名変更)
(平成27年3月まで)
平成23年4月
日本学術振興会・特別研究員(DC2,PD)
(平成25年3月まで)
平成23年4月
大同大学・非常勤講師(「社会学A,B」「統計学A,B」)
(平成27年3月まで)
平成24年9月
愛知大学・非常勤講師(「都市社会論」)
(平成25年3月まで)
平成25年4月
椙山女学園大学・非常勤講師(「情報ネットワーク社会論」)
(平成27年3月まで)
平成25年4月
名古屋大学・事務補佐員、技術補佐員
(平成26年3月まで)
平成27年4月
椙山女学園大学・文化情報学部・講師(「メディア公共圏論」等)
(平成30年3月まで)
平成30年4月
椙山女学園大学・文化情報学部・准教授
(現在に至る)
平成31年4月 名古屋大学・法学部・非常勤講師(「マスコミと政治」) (令和元年9月まで)
専門分野

社会学(都市社会学、情報社会論、政治社会学)

研究テーマ

・都市ポピュリズムの政治社会学
・現代社会における都市空間の形成をめぐるポリティクス
・現代都市におけるネットワーク形成とコミュニティ・ウェルビーイング
・若年層におけるソーシャルメディアのの普及と利用の実態に関する研究

所属学会

日本社会学会、社会情報学会、地域社会学会、日本都市社会学会、東海社会学会、International Sociological Association

研     究     業     績
著書

(共著)尾張旭市誌編さん委員会編,2011,『尾張旭市誌 現代史編』尾張旭市.
(共著)丹辺宣彦・岡村徹也・山口博史編『豊田とトヨタ──産業グローバル化先進地域の現在』東信堂,p192-219(菅原純子・木田勇輔,2014,「豊田市における市民活動の展開とその支援政策──市民活動リーダー層のネットワーク化に着目して」を所収).

論文

木田勇輔・阿部純一郎・米田公則・今村洋一・黒田由彦,2020,「“創造都市”金沢における観光まちづくり」『椙山女学園大学研究論集(社会科学編)』51:1-21.
木田勇輔・成元哲・河村則行,2019,「何が都市のつながり格差を生み出すのか―― 名古屋市における地域間格差の規定要因」『中京大学現代社会学部紀要』13(2): 1-30.
Kida, Yusuke, 2019, The Rise and Fall of Populist Mobilization: A Case Study of Nagoya, Japan, Journal of the School of Culture-Information Studies, 18: 63-70.
木田勇輔・成元哲・河村則行,2018,「集合的効力感が生み出す活動的な市民――名古屋市調査の定量的研究」『東海社会学会年報』10: 133-143.査読有→ 研究会ウェブサイトで草稿版を公開
木田勇輔,2018,「東海地方の都市・地域社会学――10年のあゆみと今後の可能性」『東海社会学会年報』10: 2-10.依頼原稿
木田勇輔,2018,「ソーシャルメディアによる選挙運動とポピュリストの動員――2016年東京都知事選挙におけるTwitterデータの分析から」『椙山女学園大学文化情報学部紀要』17: 83-92.
木田勇輔,2017,「グローバル化・情報化時代における「創造都市」をめぐるポリティクス──名古屋市におけるデザイン都市政策を事例に」『椙山女学園大学文化情報学部紀要』16: 65-73.
木田勇輔,2017,「都市ポピュリズムにおける大衆政治理論の検証――名古屋市調査データをもとに」『椙山女学園大学研究論集 社会科学編』48: 27-37.
木田勇輔,2016,「ポピュリストはどのような人々に語りかけたか?──名古屋市有権者調査の分析」『椙山女学園大学文化情報学部紀要』15: 67-77.
木田勇輔,2016,「都市レジームはいかに再編されつつあるか?――1980年代以降の名古屋市政を事例に」『日本都市社会学会年報』34: 106-123.査読有

研究発表

木田勇輔・河村則行・成元哲「名古屋都市圏の「見えない格差」とコミュニティ・ウェルビーイング(2)――コミュニティの特性は“地縁”の形成に影響を与えるか」第92回日本社会学会大会,2019年10月6日.
河村則行・木田勇輔・成元哲「名古屋都市圏の「見えない格差」とコミュニティ・ウェルビーイング――南医療生協と地域コミュニティ:名古屋市南区の名南ブロックを事例にして」第92回日本社会学会大会,2019年10月6日.
木田勇輔「リニア開発主義の構造と主体(2)――名古屋駅東地区における成長連合の形成と空間の再編」日本都市社会学会第37回大会,自由報告部会Ⅰ,2019年9月5日.
木田勇輔・成元哲・河村則行「社会的ネットワークにおける居住地間格差の検討――名古屋市調査のデータをもとに」日本都市社会学会第36回大会,自由報告部会Ⅲ ,名古屋学院大学名古屋キャンパスしろとり、2018年9月2日.
Kida, Yusuke, The Rise and Fall of Populist Mobilization: The Urban Populist Movement in Nagoya, Japan, XIX ISA World Congress of Sociology, at Metro Toronto Convention Center (Canada), July 17th, 2018.
木田勇輔「ポスト産業都市におけるイメージ形成の政治――名古屋市のデザイン都市政策を中心に」日本社会学会第89回大会,ポスターセッション,九州大学伊都キャンパス,2016年10月9日.
木田勇輔「都市ポピュリズムはなぜ出現したのか?──名古屋市政を事例に」日本都市社会学会大会第33回大会、自由報告部会Ⅳ,静岡県立大学谷田キャンパス,2015年9月13日.

学術賞の受賞状況

・名古屋大学学術奨励賞(2011年3月)

科学研究費助成事業
採択状況

・研究代表者、若手研究「ネットワーク社会における都市住民のコミュニティ形成:名古屋都市圏を対象として」2020年度~
・研究分担者、基盤研究(B)「リニア開発主義の構造と主体――名古屋駅周辺の再編をめぐる開発体制の検証」、2020年度~
・研究分担者、挑戦的研究(開拓)「子ども食堂が切り開く新たなソシアビリテの可能性」、2019年度~
・研究分担者、科研費基盤研究(B)「名古屋都市圏の「見えない格差」:何が地域社会のウェルビーイングを規定するのか」、2018年度~
・研究代表者、科研費特別研究員奨励費「現代大都市政治の再編と地域民主主義-改革派首長の支持基盤に関する社会学的研究研究課題」、2011年度~2012年度

教     育     業     績
授業科目

卒業研究 ファーストイヤーゼミ 基礎演習 展開演習1 展開演習2 卒業研究指導1 卒業研究指導2 インターネット社会論 ソーシャル・メディアと社会 メディア公共圏論 文化情報論 メディアと産業 社会調査技法 社会リサーチ基礎

そ        の        他
社会活動

尾張旭市誌執筆協力員(2009年12月~2012年9月)
東海社会学会組織運営委員(2011年4月~2016年7月)
東海社会学会理事(2016年7月~現在、2018年7月~2020年6月組織運営委員長)
日本都市社会学会企画委員(2019年9月~)

学部教員紹介ページ

http://www.ci.sugiyama-u.ac.jp/staffs/index_m.html

学術機関リポジトリ

https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/